キーワード一覧
閉じる

41歳の妊活と不妊治療|41歳の妊娠確率は?

      2016/07/27

3ca0b9573c581b9ee60e09eef57514aa_s

不妊治療を始める年齢によって、不妊の原因、妊活および不妊治療の内容が大きく異なるようです。今回は、41歳で不妊治療を始められた方の体験談をまとめています。

41歳の妊活、不妊治療体験談

41歳の時に、たんぽぽレディースクリニック あすと長町に通院された女性の体験談です。

医師の説明

説明・回答はしてもらったが、医師1人で内診・検査・診察すべてをおこなっているためいつも疲れきっていて質問するのに遠慮してしまう。

医療技術

たんぽぽは若干採卵の手術は時間と体の負担がかかる。

医療設備

たんぽぽは設備がしっかり整っておりリラックスできる環境。

待ち時間

たんぽぽに関してはとにかく待ち時間が長く、受付から会計まで3-4時間が当たり前、最後の方は待ち時間対策で予約システムが変わったような気がするが体感的にはあまり変わらない

スタッフの対応

たんぽぽはとにかく応対がすばらしい。アットホームな感じで通いやすい。

参照:たんぽぽレディースクリニック あすと長町の口コミ

たんぽぽレディースクリニック あすと長町とは?

たんぽぽレディースクリニックあすと長町は一般不妊治療から体外受精・顕微授精などの高度生殖医療まで行う不妊治療科と、一般婦人科を行うクリニックです。たんぽぽレディースクリニックあすと長町ではより高度な技術の不妊治療でも安心して受けて頂けるように、不妊カウンセラーや経験豊富な専門スタッフが皆様のサポートをさせていただいております。 また一般婦人科分野では地域に密着した、婦人科ホームドクターを目指していくつもりです。

たんぽぽレディースクリニックあすと長町から抜粋)

41歳の妊活、不妊治療ブログ①

41歳(ブログ執筆当時)で出産を目指している女性のブログです。38歳で結婚をして、39歳の時に流産を経験しているそうです。40歳になると再び自然妊娠をしたそうで、妊娠生活を記録するためにブログを始めたとのことです。

37歳 旦那さんとの出会い

38歳 結婚

39歳 自然妊娠→完全流産

40歳 再び自然妊娠…

まだ心拍が確認できたばかりなので、この先どうなるかわかりませんが、ひとまずこちらで妊娠生活についての記録を始めます。

妊娠生活を送っていく中で痛みや不安はつきものです。このブログでは筆者の気持ちが赤裸々に書かれていることが多くあります。

とりあえず数分ベッドで横になったら楽になりましたが、私のストレスが消えたわけじゃないので、その後トイレに立った隙にも痛みが…

妊娠中にストレスゼロなんて無理かもしれないけど、やっぱり穏やかでいるって大切なんだろうなぁ…。
ただの前駆陣痛にしては、タイミングが良過ぎだし…。

妊活や不妊治療をすると会社との兼ね合いが難しいと言われています。働く女性にとって職場復帰ができるかどうかは大きな問題になることが多いようです。ブログ内では筆者と会社のやりとりについて書かれているので参考になるかもしれません。

結果、「今は大切な時期だから、赤ちゃんに集中して欲しい。復帰はゆっくり考えよう。」と言う事になりました。相変わらずありがてぇ…

個人的には、もうあんなに難しくてストレスフルで異常な残業時間のある仕事に戻れる気が全くしないのですが(笑)、どんな事があっても私の事を考え、待ち続けてくれる会社には感謝です!

参照:41歳で出産を目指す人のブログ 予定日7月3日

41歳の妊活、不妊治療ブログ②

41歳の時に、不妊治療によって妊娠した女性のブログです。ブログ筆者は妊活や不妊治療をしている方に対して運動をお勧めしていて、筆者自身も運動を始めてからグレードの高い胚盤胞ができるようになったと言います。

不妊治療で通院されているのに、妊活で結果がでないばあいは、運動してみるといいですよ~。わたしのばあいは、運動をするようになってから、グレードの高い胚盤胞がやっと1つできました。その1つが無事に着床して妊娠し、40代で出産することができました。

ブログ内では自律神経の乱れを整える方法が書かれています。自律神経の乱れは不妊症につながると言われているので、自律神経を整えると妊娠しやすい体を作ることができるかもしれません。

血流をよくするのに、ホットヨガもおすすめです。ホットな環境でヨガを行うので、常温のヨガよりも得られる効果はおおいようにおもいます。わたしは常温のヨガではとくい改善されたことがなかったですが、ホットヨガでは生理痛が改善しましたし、その後で妊娠し40代で出産もできました。

41歳での妊娠、出産は高齢妊娠、高齢出産だと言われています。ブログ筆者は加齢による体の衰えを感じることがあるそうです。

どのあたりで、40代になって体がきついな~と感じるかというと、風邪をひいたときなどに多いです。さいきんは花粉とかの影響や、空気が乾いていることもあり、体調がきついのですが、そこにきて、こどもの風邪をうつされると本当に、体がきついな~と感じるわけなんですね。

参照:41歳で妊娠!ママになります! 40代の不妊治療ブログ

41歳の妊活、不妊治療ブログ③

41歳で妊娠した専業主婦の方のブログです。ブログ筆者は毎日基礎体温をつけていたそうで、妊娠検査薬を使う前から妊娠したことに気付いていたといいます。また、食欲がなくならず、太ってしまったことについてもコメントしています。

普段から基礎体温を付けていたので、妊娠した事は3日前からなんとなく気づいていました。37度の微熱が14日以上続き、かなりだるいんです!みんな食欲はなくなると言いますが、異常なまでの食欲にすでに3キロ増なんですけど。。

ブログ筆者は更年期障害だったそうで、妊活をしつつ更年期障害の治療をしていたとのことです。高齢妊娠ということもあり、流産という不安を抱えながらも前向きにマタニティライフを送る筆者の姿が見て取れます。

更年期障害の治療をしていてからの妊娠なんです。この更年期障害の話は次回のブログに書きたいと思います。

まだ4週と1日で、年齢を考えても流産もあり得るかもしれませんが。

ブログ内では、筆者が扁桃腺の手術をうけたときの様子が書かれています。手術前や手術後の看護師さんや管理栄養士さんとのやりとりが詳細に綴られています。

まず手術室に入ると、名前と手術内容を必ず口頭で伝えます。間違えが無いようにしっかりしているんですね。

食べようとした瞬間、管理栄養士さんがやってきて、【朝、1品少なくて誠に申し訳ございませんでした】とお詫びされてしまい、周りの人からしたら、私がおかず少なくてすごく激怒したみたいになっちゃってて恥ずかしかった…!

参照:ちもこのブログ

40代前半の妊活、不妊治療コラム

41歳の妊娠確率とは?

女性の年齢と妊娠確率には密接な関係があると言われています。女性は加齢とともに卵子の量が少なくなり、質も低下してしまいます。卵子の量と質の低下は自然妊娠だけでなく、体外受精での妊娠確率を低下させることになるそうです。

上記は年齢別の自然妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると41歳の女性が、妊娠をするために排卵日に性交渉をした場合の妊娠確率は「約4%」ということになります。これは1回の生理周期あたりの妊娠確率で、1年にある生理周期を12回とすると妊娠することができる確率はより高くなります。ただ、高齢になればなるほど妊娠する確率は低くなってくるので、早めに不妊治療や妊活を開始するのが良さそうです。

上記は年齢別の体外受精による妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると34歳を境目にして妊娠確率が徐々に低下し、39〜40歳で25%をきり、43歳では10%を下回っていることが分かります。

このグラフによると41歳の女性が、妊娠をするために体外受精を行った場合の妊娠確率は「約21%」ということになります。一般的に30歳から35歳、35歳から40歳の間で妊娠確率は低くなると言われています。まずは不妊検査を受けることから始めてみるのが良いかもしれません。

参照:スバリ分かる妊娠の確率 年齢別グラフを公開

人工授精対応の病院ランキング(総合評価順)

埼玉県

  1. 大宮中央総合病院(鉄道博物館駅|医療技術4.0|口コミ6件)
  2. 吉田産科婦人科医院(仏子駅|医療技術4.0|口コミ5件)
  3. 瀬戸病院(西所沢駅|医療技術3.9|口コミ8件)

奈良県

  1. 三橋仁美レディースクリニック(近鉄郡山駅|医療技術4.5|口コミ4件)
  2. 赤崎クリニック(桜井駅|医療技術4.3|口コミ3件)
  3. ASKAレディース クリニック(学研奈良登美ヶ丘駅|医療技術4.1|口コミ11件)