キーワード一覧
閉じる

煎じ薬の誠心堂取材#3|誠心堂薬局について

      2017/08/18

IMGP2024

これまで漢方薬誠心堂グループの西野先生に、漢方と不妊治療について鍼灸と不妊治療についてお聞きしてきました。妊活セミナーも開催し、お客様との関わりを大事にして二人三脚のように妊活を応援する漢方薬誠心堂グループの取り組みについて、詳しくお聞きしました。

誠心堂が妊活セミナーを始めた理由は?

誠心堂の妊活セミナー詳細はこちら

患者様からご相談いただくのを待つだけではなく、私達から患者様に関わっていくという姿勢を大事にしているからです。

ちなみに以前は、高度不妊治療(体外受精や顕微授精など)の先生方と一緒にセミナーをしていました。当初誠心堂は、高度不妊治療を補完する目的で、高度不妊治療を受けている方の妊娠率が少しでも上がるようにという想いで取り組んでいました。

誠心堂妊活セミナー

ところが患者様のサポートをしているうちに、約半数もの人が自然妊娠に至ったのです。このことがきっかけで、「不妊治療中の方も本当は自然妊娠する力を持っているのではないか」と思いました。そこであらためて基本に立ち戻り、「妊娠」というのは本来自然に授かるものであり、それを応援するのが誠心堂の役割なのではないか、と考えたのです。つまり、中医学でその人が本来持っている妊娠力を引き出すこと、それが誠心堂の役割だろうと。なので、去年(2016年)からは妊活セミナーもそのような内容に変えて行っています。

自然妊娠をサポートする、誠心堂妊活セミナーの予約はこちら

数ある漢方薬局の中で誠心堂の強みは?

まず、誠心堂には20名以上もの中医学のアドバイザーがいます。これは日本でトップクラスです。
さらに中国の大学病院にて研修を行いしっかり中医学を学んだ中医師が、顧問として店舗に配属しています。
日本では「中医学」「漢方」というものが「漢方薬」のイメージから始まってしまった背景があります。しかし、漢方に対する知識なしでただ漢方薬を飲めば良いというわけではありません。なぜ体調を見る必要があるのか、なぜその対応が必要かなどを理解することで、単純に漢方薬の副作用を防ぐだけではなく、漢方薬の本来の効果を引き出すことができます。誠心堂ではそのような教育を3年間カリキュラムで計画的に行っています。

関連リンク
煎じ薬の誠心堂取材#4|漢方について
煎じ薬の誠心堂取材#5|一人ひとりに合わせた「中医学妊活」

誠心堂,調剤,薬剤師

そして薬の資格の薬剤師・登録販売者と鍼灸師、両方の資格を持っている者も多数います。患者様にとって一番良いと考える治療法を提案し、患者様とすり合わせをして治療方針を決めています。

妊活のアドバイスを受けられる、誠心堂妊活セミナーの予約はこちら

誠心堂の店舗づくりで大事にしていることは?

「お客様に愛を持って接し、お客様の心と触れ合い、お客様の健康を考え、お客様の感謝の言葉を最高の糧とする」ということが社是としてあります。ですから地域によって、店舗によって、患者様への歩み寄り方も、店舗づくりも異なります。地域密着型で、「人を大切にすること」を第一にしています。

関連リンク
煎じ薬の誠心堂取材#6|治療を受けた患者様の声

誠心堂薬局, 外観, 西野先生

漢方薬誠心堂グループの今後の展望を教えてください

まず東京・千葉をはじめ関東地区をしっかり固めていき、その後は全国展開していきます。
そして日本のみならず世界に繋がっていきます。世界中の方たちへの漢方アドバイザーとしての役割に還元します。
これは漢方薬だけの範囲ではなく、医療としてです。そのため今後は薬局や病院など、様々な医療機関にも関わっていきます。

西野先生と漢方薬誠心堂グループについて

誠心堂薬局, 西野先生

漢方専門家 西野 裕一(にしの ゆういち)先生

株式会社誠心堂薬局の代表取締役。薬剤師、鍼灸師、国際中医師。
北京で婦人科の先生との出会いをきっかけに不妊治療に興味を持ち、中医学の両輪である漢方と鍼灸双方の力を最大限に活かした治療が受けられる場として鍼灸治療院併設型の店舗漢方館を開設。現在は多数のメディアから取材依頼を受け、漢方の啓蒙活動にも積極的に取り組まれている。

漢方薬誠心堂グループ

昭和62年に千葉県市川市に開局し、漢方薬・鍼灸・養生学の3本柱で中医学を啓蒙している。
現在は関東に21店の漢方薬局+鍼灸院の拠点をもち、随時妊活セミナーも開催。
11年間で3080名の方を妊娠に導いた実績もある、人気の漢方薬局である。

HP:http://www.seishin-do.co.jp/index.html

詳しく知りたい方はこちら
煎じ薬と鍼灸で妊娠への近道を。誠心堂の妊活セミナーはこちら