【不妊治療ネット|不妊治療net】不妊治療口コミ&ランキング 妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

最新の医療を、安心できる環境で提供したい。田園都市レディースクリニック院長の想い

2000年から不妊治療専門クリニックとして、医療を提供し続けてきた田園都市レディースクリニック。今年2019年5月に、新たにあざみ野本院、を開院しました。今回は開院に至った経緯や、あざみ野院のこだわり、新たな取組みについて、河村院長にお話をお伺いしています。

最新の医療を、安心感のある環境で提供したい

培養室

ー この春に、あざみ野本院を開院されましたがどのような経緯から、開院に至ったのでしょうか。

河村院長:青葉台のクリニックは、2000年の開院以来、体外受精を中心に患者さんが増加し、ビル内で拡張を繰り返してきましたが、スペース的にも限界にきたことや、さらにハイレベルの医療機器の設置やカウンセリングルームの増設、また、患者さんにとってより快適な診療空間をご提供をしていきたいと思い、あざみ野へ拡張移転いたしました。

ー 田園都市レディースクリニックあざみ野本院は様々なこだわりがあるようですが、建物に免震構造を採用されていますが、どのような理由があるのでしょうか。

河村院長:体外受精の施設では、インキュベーター内で受精卵を培養していますし、患者さんの大切な凍結胚、凍結精子をお預かりしております。

一方で30年以内に震度6弱以上の地震が横浜で発生する確率は82%、という発表が政府の地震調査委員会から2017年にありました。

これに備えて、建物自体を免震構造にすることで、培養中の受精卵、凍結胚、凍結精子、通院中の患者さんを少しでも安全にお守りしたいと考えました。

ー 貴院の顕微受精は、紡錘体可視化装置を用いたり、IMSI*で行う、ということですが、顕微授精を受ける全ての患者様に適用されるのでしょうか。

河村院長:全ての顕微授精で、これらの装置を使用して実施できる体制を取っております。これらが可能となる最新の医療機器を、顕微授精を行うすべての顕微鏡に装着いたしました。

*IMSI(Intracytoplasmic morphyologically selected sperm injection)とは、超高倍率で精子を観察し、形態が良好な精子を選別し顕微授精(ICSI)に用いる方法です。通常のICSIでは最大400倍に拡大して精子を選びますが、IMSIを用いることで、600倍から最大1200倍にまで拡大して精子を見ることができます(図1)。これにより、精子の形態(頭部の空胞や頸部・尾部の異常など)をより正確に行うことができます。(田園都市レディースクリニックHPより)

男性も気兼ねなく通院できる環境を用意

ー 土曜日は男性不妊外来があるということですが、男性だけで通院できる、ということでしょうか。

河村院長:もちろん、男性だけで通院が可能です。男性が先に男性不妊外来を受診され、あとでパートナーの女性が受診されるケースも少なからずあります。

男性不妊外来の土曜日は、男性不妊外来は、男性不妊専用のフロアで診察しておりますので、お気兼ねなく受診していただければと思います。

また、待ち時間を少しでも短縮するため、自動精算機を2台導入し、特に会計での待ち時間を出来るだけ少なく出来るようにいたしました。

dento2-min (1)

多様なカウンセラーによる充実したカウンセリングも開始

ー あざみ野本院で新たにスタッフの方々と取り組まれていることなどはありますでしょうか。

河村院長:これまでの看護師による不妊カウンセリングに加えて、国家資格にもなった公認心理士と、生殖心理カウンセラーの資格を有したスタッフによるカウンセリングも始まりました。

また、遺伝外来を設置し、染色体や遺伝子、遺伝病等に関する相談が出来るようになりました。 青葉台ではカウンセリングルームが限られていたのですが、余裕をもってカウンセリングが出来るように、カウンセリングルームを4室設けました。

優しい雰囲気で患者さんを迎えられるよう、色合いなどにも配慮いたしました。

通院のしやすさを、臨機応変に考えながら通院できる

田園都市レディースクリニック

ー 貴院はあざみ野本院を含めますと3院になります。各クリニックと連携することで、患者様にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

河村院長:3院は専用回線で電子カルテをつないでおります。 このため、当院に通院中の方は、3院のどのクリニックにかかっても、治療内容がその場で確認でき、スムーズに診療が出来るということです。

例えば普段は自宅近くのクリニックに通院されている方でも、ある日は時間的に職場から近いほうへ通院したほうが良い場合、問題なくそれが可能となります。

ー 最後に患者様へメッセージをお願い致します。

河村院長:当院では、お一人お一人の状態に合わせて、体の負担が出来る限り少なく、かつ、妊娠成績が高い治療を心がけています。

また、ご夫婦のご要望をできるだけお伺いし、お二人にとって最も有効な治療をご提供できるよう取り組んでいます。

ご夫婦の想いを出来るだけお聞かせいただき、納得のいく治療ができるよう全力でサポートさせていただきたいと思いますので、お気軽にご相談いただければと思います。

田園都市レディースクリニック河村院長のご紹介

kawamurasensei_1

院長:河村 寿宏(かわむら としひろ)

東京医科歯科大学医学部臨床教授

https://www.denentoshi-lady.com/

略歴

昭和61年 東京医科歯科大学医学部卒 東京医科歯科大学付属病院等で臨床研修。都立大塚病院産婦人科等に勤務後、 Glostrup Hospital, University of Copenhagen、 Center for Clinical & Basic Research留学 東京医科歯科大学付属病院産婦人科病棟医長 賛育会病院、日産厚生会玉川病院産婦人科医長(不妊専門外来担当) 平成12年 田園都市レディースクリニック開院

専門医資格

日本生殖医学会生殖医療専門医 日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科学会指導医 日本東洋医学会専門医

所属学会

日本生殖医学会、日本受精着床学会(理事)、日本IVF学会(評議員)、A・PART(副理事長)、日本卵子学会(代議員)、日本産科婦人科学会、生殖バイオロジー東京シンポジウム(世話人)、American Society for Reproductive Medicine(ASRM)、European Society of Human Reproduction and Embryology(ESHRE)、横浜ART研究会(世話人)、日本東洋医学会、日本泌尿器科学会、日本女性医学学会、日本産科婦人科内視鏡学会、等

診療分野

高度生殖医療(体外受精等)

田園都市レディースクリニックに相談してみたい方はこちら

 HP  http://www.denentoshi-lady.com/

住所:〒225-0011 神奈川県 横浜市青葉区 あざみ野1丁目5−1

東急田園都市線「あざみ野駅」から徒歩3分

電話:045-905-3724

診療時間:午前診療9:00~12:30、午後診療14:30~18:00(土曜は17:00まで)

※日曜・祝日午前は、あざみ野本院にて体外受精関連の診療(採卵・胚移植・ホルモン検査・超音波検査・注射等)を行っております。

詳細 https://funin-info.net/clinics/kanagawa/1763

関連記事

合わせて読みたい

    • 凍結胚移植とは?移植スケジュールと着床時期、妊娠率

      2019/02/22

おすすめ記事