キーワード一覧
閉じる

44歳の妊活と不妊治療|44歳の妊娠確率は?

      2016/07/02

0bdba3ffe8b73643c6e7284627b66bd9_s

不妊治療を始める年齢によって、不妊の原因、妊活および不妊治療の内容が大きく異なるようです。今回は、44歳で不妊治療を始められた方の体験談をまとめています。

44歳の妊活、不妊治療体験談①

44歳の時に、IVFなんばクリニックに通院された女性の体験談です。

医師の説明

この病院に転院するまでに他の病院で治療していましたが、その病院に比べては丁寧な対応があったと思います。原因がわからないことも多いことなので症状に関しては納得できる説明がしにくいのもわかる気がします。でも治療に関してはきちんと対応して頂いたと思っています。

医療技術

不妊治療は原因に対して必ず結果がでるというものではないのでなんともいえませんが、一応あらゆる可能性に対してアプローチされているとは思いました。決してすぐに良い結果がでる治療ではないのですが医療技術に関しては最善のことをされていると思います。

医療設備

医療設備に関しては自分自身もあまり知識がないので何とも言えませんが、適切な医療設備が配備されているとは思います。

待ち時間

完全予約制なのですが、一応ほかの医療機関とさほど変わらない待ち時間だったと思います。

スタッフの対応

説明も対応も特に不満を感じることはありませんでした。

参照:IVFなんばクリニックの口コミ

IVFなんばクリニックとは?

IVF NAMBAの不妊治療は、できるだけ自然妊娠に近いところから始めて、心のケア、漢方治療、運動療法などを組み合わせながら、心と身体を妊娠しやすい状態に整えていきます。そして徐々にステップアップをはかり、6ヶ月ごとに必ず次の段階に進みます。最終的には、体外受精や顕微授精といった最先端医療を用いて、全ての患者様が妊娠できることを目指しています。

IVFなんばクリニックのHPより抜粋)

44歳の妊活、不妊治療体験談②

44歳の時に、西村ウイメンズクリニックに通院された女性の体験談です。

医師の説明

質問にはきちんと答えてくれて、不安のないように対応してくれた。体外受精の段階に入ると「不妊学級」という説明会を受けるようになっていて、一連の流れと諸説明をしてくれた。治療は、とにかく専門の先生に一任して、指示どおりに行っていこうという気になれたので、不安や心配を感じることなく臨めた。

医療技術

患者を置き去りにした診療ではなかった。施術もスムーズで、苦痛もなく、患者への配慮が行き届いていた。なので、高い医療技術による余裕を感じた。

医療設備

体外受精の説明会で、どの様な設備があるのか聞いた。停電しても大丈夫であるなど、適切な設備があると思った。最先端の設備かどうかはわからないが、問題はないと思った。

待ち時間

最近になって電話予約からネットでの予約へと簡略化され、待ち時間は若干短くなった気がする。それでも午前中のみの診療日は、予約した順番が後のほうの場合、かなり待たされる。

スタッフの対応

電話対応は簡素でスピーディー。質問にはきちんと答えてくれる。来院時の受付の対応は適切だと思う。

参照:西村ウイメンズクリニックの口コミ

西村ウイメンズクリニックとは?

西村ウイメンズクリニックは、不妊専門クリニックとして平成12年2月15日に開院し、平成27年2月15日で満15年が経過しました。その間、大勢の皆様にご来院いただき、平成27年2月15日現在、体外受精を含めた不妊治療で8300名あまりの方々に妊娠していただくことができました。また、平成23年6月1日には尾崎智哉医師が副院長として西村ウイメンズクリニックに就任し、平成23年7月19日からは2診制での診療となり、なお一層の充実がはかられているものと考えています。

西村ウイメンズクリニックのHPより抜粋)

44歳の妊活、不妊治療体験談③

44歳の時に、神谷レディースクリニックに通院された女性の体験談です。

医師の説明

医師はいつも患者と向き合って親切丁寧な説明をしてくれました。医師のみならずスタッフ全員が患者の心に寄り添って治療に協力してくれたので、とても良くして頂いたと思っています。

医療技術

医療技術は素晴らしかったと思っています。ただ、今思うと患者の身体の回復を過信して矢継ぎ早に治療を進めてしまっていたのかもしれません。結局流産ばかりで子供を産むまでには至りませんでした。

医療設備

医療設備は最先端だったと思います。(ここより悪いクリニックへの通院経験が無いので断定できませんが)患者のメンタル面にも配慮した設備(患者個々にPHSを持たせて呼び出す、デビットカード決済機の設置など)が整っていたのでストレスを軽減する努力はされていたと感じました。

待ち時間

待ち時間の長さが神谷レディースクリニックの最大の難点でした。院内に設置された患者コミュニケーション用のPCにも待ち時間が辛いとの書き込みは多数ありました。クリニック側ではこれに関する対応がいまひとつだったような気がします。

スタッフの対応

予約はWebで行うため電話予約は初回のみでした。来院時の受付対応もみなさん親切だったので特に不満を感じる事はありませんでした。

参照:神谷レディースクリニックの口コミ

神谷レディースクリニックとは?

神谷レディースクリニックでは医事・クラーク・看護・培養・検査部門・システムエンジニアで総勢67名のスタッフにて診療を行います。治療効果のさらなる向上へ、培養室はクリーン度の高いクラス1000を保ち、胚のストレスをより少なくする為のタイムプラス型培養器で胚の観察などで外部への取り出しを出来るだけ少なくし、又パスボックス型インキュベーターにより移植直前までの胚の管理を行っています。

神谷レディースクリニックのHPより抜粋)

44歳の妊活、不妊治療ブログ

流産を乗り越え、44歳で出産をされた女性のブログです。流産を経験されたブログ筆者は出産予定日に生まれてくるはずだった赤ちゃんのことを思い、コメントしています。高齢での妊娠出産になると流産の確率が高くなるとは言われているので、一度考えてみなければいけない問題かもしれません。

今日1/6は、予定であれば、出産の日。家族が1人増える予定だったのにな。生まれてくるはずだったbaby。

気にしてないつもりだったけど、やっぱり、心の何処かで気になってたみたい。

高齢の場合、加齢やホルモンバランスの乱れから妊娠が難しいと言われています。そんな高齢不妊を克服するためには妊娠しやすい体を作ることが大切だそうです。ブログ筆者も妊娠しやすい体作りのために食生活を整えていたそうです。

まず、私が取り掛かったのは、食事をかえること!でした。細胞は食べ物から出来ているということで、アメリカに住んでいる、薬剤師で栄養面に関してかなり知識のある友人に相談しました!

ブログ筆者は出産予定日まで詳細な記録をつけています。初めて妊娠する女性は参考になるかもしれません。また、出産の当時に様子についても詳細に書かれているので、リアルな出産をイメージすることができます。

39w4d、出産予定日まであと日です。今日は14回目の妊婦健診でした。まるちゃんは順調順調。推定体重も3019g。

体力の限界が近くなってきて、陣痛と陣痛の間もだんだん長くなってきて、陣痛が来るまでに、エネルギーを貯めるけどなかなかなまらなくて、イキムのも弱くなって…

参照:☆★さとちゃん日記〜流産乗り越え44歳出産しました★☆

40代前半の妊活、不妊治療コラム

44歳の妊娠確率とは?

女性の年齢と妊娠確率には密接な関係があると言われています。女性は加齢とともに卵子の量が少なくなり、質も低下してしまいます。卵子の量と質の低下は自然妊娠だけでなく、体外受精での妊娠確率を低下させることになるそうです。

上記は年齢別の自然妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると44歳の女性が、妊娠をするために排卵日に性交渉をした場合の妊娠確率は「約2%」ということになります。これは1回の生理周期あたりの妊娠確率で、1年にある生理周期を12回とすると妊娠することができる確率はより高くなります。ただ、高齢になればなるほど妊娠する確率は低くなってくるので、早めに不妊治療や妊活を開始するのが良さそうです。

上記は年齢別の体外受精による妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると34歳を境目にして妊娠確率が徐々に低下し、39〜40歳で25%をきり、43歳では10%を下回っていることが分かります。

このグラフによると44歳の女性が、妊娠をするために体外受精を行った場合の妊娠確率は「約5%」ということになります。一般的に30歳から35歳、35歳から40歳の間で妊娠確率は低くなると言われています。まずは不妊検査を受けることから始めてみるのが良いかもしれません。

参照:スバリ分かる妊娠の確率 年齢別グラフを公開

体外受精対応の病院ランキング(総合評価順)

関東地方

  1. みむろウィメンズクリニック(町田駅|医療設備4.5|口コミ11件)
  2. ファティリティクリニック東京(恵比寿駅|医療設備4.3|口コミ13件)
  3. 山王病院(青山一丁目駅|医療設備4.2|口コミ12件)

関西地方

  1. 阪大病院(阪大病院前駅|医療設備5.0|口コミ3件)
  2. くぼたレディースクリニック(住吉駅|医療設備5.0|口コミ3件)
  3. 三橋仁美レディースクリニック(近鉄郡山駅|医療設備4.5|口コミ4件)