キーワード一覧
閉じる

42歳の妊活と不妊治療|42歳の妊娠確率は?

      2016/07/02

aafb14d37ddd4dbe00af52a151c28477_s

不妊治療を始める年齢によって、不妊の原因、妊活および不妊治療の内容が大きく異なるようです。今回は、42歳で不妊治療を始められた方の体験談をまとめています。

42歳の妊活、不妊治療体験談①

42歳の時に、遠藤産婦人科医院に通院された女性の体験談です。

医師の説明

親切でした。初歩的なところからきちんと説明してくださいました。 タイミング指導が主な内容で、今後の方針なども話していただき、安心して通院できました。 年齢が原因の不妊なのか、などさまざまな私の心配に関して、希望する検査なども きちんと行ってくださいました。

医療技術

不妊の原因がどこにあるか、何なのか悩んでいた最終的な検査に、卵管造影をしていただきました。 それまではカウンセリングでタイミング指導などしていただいた結果、最終的に卵管造影を。 そのおかげか、すんなりその後は受精したようです。

医療設備

他の産婦人科と比較しようがありませんので、答えられません。 しかも医療設備のことに関しては、適しているのかどうかも知識が無いため、何もわからないです。

待ち時間

待ち時間は大変長かったです。予約時間はシステム上あっても実際はないに等しい感じです。1時間以上待つことが多く、つわりの時期などは辛かったです。

スタッフの対応

対応は親切でした。いやな思いをしたことはありませんでした。 予約はウェブだったので、電話はしたことがありませんでしたが。 ただ、受付に、日によって横柄な方がいました。黙って無愛想に立っているだけのような。

参照:遠藤産婦人科医院の口コミ

遠藤産婦人科医院とは?

遠藤産婦人科医院は、『安全で安心な医療』『きめ細やかで質の高い医療内容』『快適な診療環境』の3点をモットーに、皆様が気持ちよく通院・入院でき、信頼していただける診療所を目指して日々努力しております。
また、子供を授かりたいと願っていながらなかなか妊娠に至らない方々のお手伝いも私たちが専門とするところです。

遠藤産婦人科医院のHPから抜粋)

42歳の妊活、不妊治療体験談②

42歳の時に、たまごクリニック 内分泌センターに通院された女性の体験談です。

医師の説明

二人の先生とも,忙しい中親身に相談にのってくれる。ステップアップも様子を見つつ,段階的にあげていった。強制的に勧めることはせず,納得のいくようこちらの意見を重視してくれた。体外受精では,方法を丁寧に説明してくれ,わかりやすかった。

医療技術

適切な医療技術があると感じた。専門的で,血液検査や,過去の自分の実績などから次回の治療方針を決めてもらえる。体外受精の培養も,毎回細胞分裂の写真を見せてもらいながらわかりやすい診療だった

医療設備

適度な医療設備は整っていたが,よく言われる排卵後の血中HCGを測って妊娠の確立を予想したりする設備はなかった。また,血液検査は,結果が後日ということが多かった。

待ち時間

待ち時間はいつも1~2時間はかかる。予約システムだが,予約をしていても毎回待たされるので,大変だった。予約は診療時のみで,どうしても変更したいときは,電話だが時間が決められていて少し不便だった。

スタッフの対応

予約に関しては厳しく,時間外は絶対受け付けてもらえなかった。来院時の受付の対応はいつもよく,感じ良かった。

参照:たまごクリニック 内分泌センターの口コミ

たまごクリニック 内分泌センターとは?

たまごクリニックは1998年12月大阪北摂地域に全く新しいコンセプトを持った内分泌(ホルモン)と不妊の専門クリニックをオープンしました。たまごクリニックでは不妊症の予防という概念を初めて導入し不妊に悩む人々をできるかぎり少なくすることを目標としています。 一方、赤ちゃんがなかなか授からない方には、一般不妊治療から体外受精、顕微受精 、受精卵凍結などの先端不妊治療まで手掛け、 不妊に悩むご夫婦をサポートいたします。

たまごクリニック 内分泌センターのHPから抜粋)

42歳の妊活、不妊治療体験談③

42歳の時に、神戸元町 夢クリニックに通院された女性の体験談です。

医師の説明

先生によって違いはありましたが皆説明はちゃんとしてくれていたと思います。ただ私は重度の早発閉経だったので最後にお世話になった先生にははっきりと、これ以上治療を続けても難しいと言われそれで踏ん切りがつきました。結果的には望みは叶いませんでしたがこちらに通院してよかったと思っています。

医療技術

重度の早発閉経だったので卵胞がない、あるいはなかなか育たなかったので次のステップに行けないまま終わりましたが精一杯のことはしていただいたと思っています。感謝しています。

医療設備

とくに不満はありませんでした。設備もきれいでよかったと思います。私は受けられなかったですが最先端の設備もあったのではないかと思います。

待ち時間

他の不妊病院に比べて待ち時間は少なめだったと思います。予約も必要なく、気軽に通うことが出来ました。ただ、先生の人数が少ないときはかなり待たされることもありました。

スタッフの対応

とくに不快な対応だったという記憶がないので問題なかったと思います。不明な点はわかりやすく説明してもらえました。

参照:神戸元町 夢クリニックの口コミ

神戸元町 夢クリニックとは?

「体外受精、色々やってみたが妊娠しない、もう諦めようかと思っている。」「一般不妊治療では妊娠しない、体外受精に進むべきか迷っている。」そんな方々が神戸元町 夢クリニックを受診されています。神戸元町 夢クリニックは自然周期・低刺激周期だけに特化し、これに最も適した設備と人員、体制を整え、これまでに積み上げた自然周期・低刺激周期の膨大なデータから得たノウハウを集大成し、臨床治療に活用して大きな成果を挙げてきました。

神戸元町 夢クリニックのHPから抜粋)

42歳の妊活、不妊治療ブログ

42歳から体外受精や顕微授精など、高度な不妊治療を始めた女性のブログです。ブログ内では、受けた不妊治療が段階ごとに記述されていて読みやすい構成になっています。

中間判定でHCGが検出されなかったから、覚悟はできていた。つもりだった。本判定の日はクリニックに行くのが嫌で、ぐずぐずしていて30分も遅刻してしまった。。

予定よりも10日ほど早くリセットがきたと思って、昨日クリニックに行ったのですが・・・ホルモン値を見た結果、リセットではなかったみたいです。

不妊治療は夫婦一緒に進めていくものなので、女性だけではなく男性の協力が不可欠です。男性がクリニックに行きたがらないことはよくあるそうですが、ブログ筆者も旦那さんに不妊検査を受けさせるのに苦労したといいます。

うちの夫は一度、KLCで精液検査を受けましたが、それ以降、一度もクリニックに一緒に来てくれません。両角LCにも来てくれません。

そもそも「はい、精子出してください」と言われて出すというシチュエーションが嫌だ。(これは分かる)

最終的にブログ筆者は不妊治療をやめる決断をします。子供を諦めることに対しての率直な気持ちが綴られています。

あらためて治療を終了したことの報告と、今年一年のお礼に行って来ました。帰りに自宅の方向を見ると、ほんのりとピンク色の夕焼け。「お疲れさま。よく頑張ったね」と言われている気がしました。

参照:42歳からの不妊治療(~45歳で治療終了しました)

40代前半の妊活、不妊治療コラム

42歳の妊娠確率とは?

女性の年齢と妊娠確率には密接な関係があると言われています。女性は加齢とともに卵子の量が少なくなり、質も低下してしまいます。卵子の量と質の低下は自然妊娠だけでなく、体外受精での妊娠確率を低下させることになるそうです。

上記は年齢別の自然妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると42歳の女性が、妊娠をするために排卵日に性交渉をした場合の妊娠確率は「約3%」ということになります。これは1回の生理周期あたりの妊娠確率で、1年にある生理周期を12回とすると妊娠することができる確率はより高くなります。ただ、高齢になればなるほど妊娠する確率は低くなってくるので、早めに不妊治療や妊活を開始するのが良さそうです。

上記は年齢別の体外受精による妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると34歳を境目にして妊娠確率が徐々に低下し、39〜40歳で25%をきり、43歳では10%を下回っていることが分かります。

このグラフによると42歳の女性が、妊娠をするために体外受精を行った場合の妊娠確率は「約13%」ということになります。一般的に30歳から35歳、35歳から40歳の間で妊娠確率は低くなると言われています。まずは不妊検査を受けることから始めてみるのが良いかもしれません。

参照:スバリ分かる妊娠の確率 年齢別グラフを公開

顕微授精対応の病院ランキング(総合評価順)

関東地方

  1. 福地レディースクリニック(日立駅|総合評価4.8|口コミ6件)
  2. みむろウィメンズクリニック(町田駅|総合評価4.5|口コミ11件)
  3. ファティリティクリニック東京(恵比寿駅|総合評価4.3|口コミ13件)

関西地方

  1. 阪大病院(阪大病院前駅|総合評価5.0|口コミ3件)
  2. くぼたレディースクリニック(住吉駅|総合評価5.0|口コミ3件)
  3. 三橋仁美レディースクリニック(近鉄郡山駅|総合評価4.5|口コミ4件)