キーワード一覧
閉じる

顕微授精は性別に影響する?|女の子、男の子、双子の確率について

   

f2af3835443ac729f2b79094bc7c1356_s

生まれてくる赤ちゃんが男の子なのか女の子なのか、双子なのか、気になる方は多いかもしれません。顕微授精では男の子が生まれる確率が高くなると言われていますが、実際はどうなのでしょうか。今回は顕微授精と性別、双子の関係についてまとめています。

顕微授精と性別①:女の子の確率は?

2014年に発表されたイギリスの論文では、顕微授精で生まれる胎児は体外受精に比べ女の子が多くなり、胚盤胞移植では男の子が多くなるという報告がされています。

しかし、現段階で日本国内の顕微授精、体外受精による胎児の男女比データについて正確なものはありません。各病院での出生データを見ると、自然妊娠の場合と同じく性別は男の子の方が若干多くなる傾向にあるそうです。

顕微授精と性別②:男の子の確率が高い理由とは?

上述の通り、顕微授精によって生まれてくる胎児の性別は、自然妊娠であった場合と同様に男の子の方が確率が高いようですが、その理由は以下の通りです。

顕微授精では元気な精子が選別されるから

顕微授精を行う時は、培養士さんの目視でよく動いていて元気のある精子を選び、卵子に直接注入するという方法がとられます。

その際、比較的精子の中で動きが素早いと考えられているY精子(男の子)が選別される確率が高いために、男の子の性別の胎児が多くなる可能性が高いと言われています。

グレードが高い受精卵であるから

顕微授精後に成長する受精卵には、「4AA」や「3BC」などといった成長度合いに応じてグレード(ランク)がつけられます。

数字が高いほど男の子の性別である受精卵の可能性が高く、数字が低いほど女の子の性別を持つ受精卵である確率が高いと言われています。

理由は明らかではありませんが、女の子の方が成長スピードがゆっくりなために、グレードが低い数値であるほど女の子の確率があがるのではないかという専門家も多いそうです。

顕微授精に関連する記事

顕微授精と性別③:双子の確率が高い?

顕微授精では双子が生まれる確率が高くなるそうです。その確率は20%を超えているというデータもあります。

顕微授精で双子が多くなるのは、胚移植の際に妊娠率を向上させるために胚(受精卵)を二個以上子宮に戻す(二段階胚移植)をすることからだそうです。

二つ以上の受精卵を移植した結果、同時に着床することが多いので双子の確率が高くなるということです。

しかし、多胎妊娠は母体への負担や胎児へのリスクが高いという理由から、2008年に日本産婦人科医学会が体外受精や顕微授精で移植する胚は原則1つのみと定められました。

そのため、現在では二卵性の双子を妊娠する確率も約4%ほどまで減少しているといいます。最近ではSEET法という治療法があり、1つの受精卵でも妊娠が可能だそうです。

顕微授精で卵性双子や三つ子が生まれる確率は?

近年の研究結果によると「体外受精や顕微授精は自然妊娠と比べて、1つの受精卵が細胞分裂の過程で双子になる「一卵性双胎」の確率が2倍であることも分かっています。

体外受精や顕微授精で多胎妊娠した場合、99%以上が双子です。

三つ子が生まれるのは極めてまれなケースで、2012年の統計によると一年間のうち、体外受精や顕微授精で出生した赤ちゃんのうち、25人に1人が双子、3000人に1人が三つ子というデータがあるそうです。

顕微授精対応の病院ランキング(総合評価順)

千葉県

  1. 宗田マタニティクリニック(上総村上駅|総合評価4.2|口コミ4件)
  2. 窪谷産婦人科 IVFクリニック(柏駅|総合評価4.2|口コミ17件)
  3. 松戸市立病院(松戸新田駅|総合評価4.1|口コミ9件)

京都府

  1. 志馬クリニック四条烏丸(四条駅|総合評価4.5|口コミ4件)
  2. 京都府立医科大学(今出川駅|総合評価4.4|口コミ5件)
  3. 田村産婦人科医院(亀岡駅|総合評価4.3|口コミ3件)