キーワード一覧
閉じる

顕微授精の着床とは?症状や胚盤胞移植について

      2016/08/16

4689017088086784c68d5af505d02103_s

今回は顕微授精を行った際の着床についてまとめています。また、『顕微授精まとめ|費用やリスク、受精率、ブログとは?』では顕微授精の費用や受精率などを紹介しています。

顕微授精で着床するまで

着床とは受精卵が、無事に子宮内膜に着地する状態です。その後、成長していき、胎児となる状態を妊娠といいます。顕微授精は、採卵した卵子に細いガラス管で直接精子を挿入し、受精が成功すると卵は細胞分裂を繰り返します。採卵翌日に、受精卵が2分割になっていることが移植の際の判断基準になっていて、卵子の発育状況や母体の体調、受精卵の状態などを考慮しなが卵子の移植が進められていきます。

自然妊娠の際は、受精卵が胚分割を繰り返しながら卵管を進み、子宮へと進んでいくため、顕微授精では、卵子と精子の受精から胚分割を経て、子宮に到達するまでの工程が人工的なサポートによって進められることになります。顕微授精によって体外で育てた受精卵(胚)を子宮に移植し、着床が成功すれば妊娠ということになります。

初期胚と胚盤胞とは?

顕微授精で移植する受精卵には、2種類あります。

初期胚

受精後2~3日体外で培養した受精卵のことで、初期胚を移植することを「初期胚移植」といいます。

胚盤胞

受精後5~6日ほど培養した受精卵のことで、胚盤胞を子宮に戻すことを「胚盤胞移植」と言います。

通常、初期胚移植で妊娠に至らなかった場合、次のタイミングで胚盤胞移植を行うことが検討されます。

顕微授精の着床はどんな症状が出る?

顕微授精後、着床した時の症状は個人差があるようです。着床のタイミングは一般的に受精から7日後頃と言われていますが、年齢によって遅くなったり、タイミングにも個人差があります。

受精卵が子宮内膜に着床すると下記のような症状があると言われています。

  • 着床出血があった
  • 胸が張る、胸や下腹部がチクチク痛む
  • 倦怠感がある
  • 下腹部痛を感じる
  • 腰痛が酷くなる

顕微授精後の着床を待っているときは妊娠のことばかりを考えてしまい、気負いしがちです。そんなときは自分なりのストレス解消方法を用意しておくのが良いかもしれません。

顕微授精に関連する記事

顕微授精で胚盤胞移植をするメリットとは?

顕微授精での着床の場合、初期胚移植よりも胚盤胞まで培養させた受精卵を移植する方がメリットが多いと言われています。

胚盤胞移植のメリット

良質な胚の見極めが可能

初期胚移植の場合、胚(受精卵)の良し悪しを見極められず、移植することで初めて胚の質が分かることになります。一方で、胚盤胞移植は胚盤胞まで成長したことを確認できるため、良い状態の胚を選び、移植することが可能だそうです。

胚盤胞移植は着床率が上がる

初期胚移植の場合、胚移植をしても子宮収縮の影響で着床せず、子宮の外に胚が押し戻されることがあります。一方で、胚盤胞移植は自然妊娠の時とほぼ同じタイミングで、胚盤胞移植が可能なので着床率の向上が期待できます。

多胎妊娠が生まれる確率が減る

初期胚移植では着床率向上のため、複数の胚を子宮に戻す場合があり多胎妊娠の可能性が高まります。一方で胚盤胞移植では、着床率が高く1つの胚盤胞のみを移植する方法がとられるために、多胎妊娠のリスクを軽減できるそうです。

胚盤胞のグレードで着床率は変わる?

胚盤胞には、成長の段階に応じた1~6までのグレードがあります。

グレード1~3までは成長段階の違いで分け、グレード3以上の胚盤胞には成長段階に加え、「1.内細胞塊(赤ちゃんになる部分)」「2.栄養膜(胎盤になる箇所)」の状態をさらにA~Cの3段階に分類します。Aが最も良く、グレード4の胚盤胞が「4AB」と評価されていれば、内細胞塊の状態がAで最も良く、栄養膜の状態はBの普通と言うグレードを指しています。「4BA」ならば、内細胞塊の状態がBの普通で、栄養膜の状態はAの良好という評価です。

グレードの評価が良い胚盤胞ほど着床率は高いため、胚盤胞の質を良くすることが顕微授精の成功率を上げるためには大切です。

胚盤胞の質を上げるには?

良質な胚盤胞を作るには、精子と卵子の両方の質を良くすることがポイントです。精子や卵子の状態が良くない場合、受精卵が胚盤胞まで成長しない原因にもなり、顕微授精の胚盤胞移植ができません。胚盤胞の質は、男女の年齢が関係してくる部分も大きいですが、規則正しい生活や健康的な食生活を心掛けることが重要だと言われています。

食事や生活習慣、体を冷やさない、ストレスは溜めたままにしない、適度に運動するなど出来ることから心がけていくと良いかもしれません。

顕微授精対応の病院ランキング(総合評価順)

東京

  1. みむろウィメンズクリニック(町田駅|医療設備4.5|口コミ11件)
  2. 国立成育医療研究センター(祖師ヶ谷大蔵駅|医療設備4.4|口コミ6件)
  3. ファティリティクリニック東京(恵比寿駅|医療設備4.3|口コミ13件)

大阪

  1. 大阪大学医学部附属病院(阪大病院前駅|医療設備5.0|口コミ3件)
  2. てらにしレディースクリニック(狭山駅|医療設備4.4|口コミ5件)
  3. 春木レディースクリニック(心斎橋駅|医療設備4.3|口コミ7件)