キーワード一覧
閉じる

松嶋尚美さんが子供を出産するまでの妊活まとめ

      2016/07/25

a001bcb0ee22a58d2849f254198e667d_s

芸能人の方が高齢出産や不妊症を公表することが多くなっています。今回は元オセロの松嶋尚美さんがどのように子供を出産したのかをまとめています。

松嶋尚美さんの子供は?

松嶋尚美さんは1971年12月2日、大阪府東大阪市生まれの女性お笑い芸人です。オセロとしての人気が安定した2006年8月には、大阪城ホールでのイベントデビューを果たし、お笑いだけでなく、ロックバンドのボーカルとしての活躍もみられました。2008年6月には現在の旦那であるミュージシャンのヒサダトシヒロさんと結婚しました。松嶋尚美さんは2011年12月14日に一人目の子供である珠丸(じゅまる)くんを出産しました。松嶋さんは子供の出産中や出産後の心境についてブログ記事でコメントしています。

安産で長男誕生しました!

安産を願ってくださった皆様ありがとうございました。

私は麻酔を使ったお産を希望してました!痛いの嫌やから。

日曜日に、おしるしがきて、病院に行ったら、『子宮口開いてないので、まだですねぇ。破水や陣痛が10分間隔になったら来てくださいね』ってアドバイスを頂きました。

子供を出産する前の陣痛は震えるくらいだったそうで、その痛みが文章から伝わってきます。

明けて14日の3時頃、震えがくるくらい痛くなった!ニセ陣痛でこれ⁈ってビビったよ。3分間隔で陣痛!しかし、破水はなし!

他にも、ハンマーで殴られたくらい腰が痛い!って、陣痛あるあるに何ひとつ当てはまらない。

特に子供を出産する際のことは詳しく書かれていて、参考になる部分があるかもしれません。また、松嶋さんは妊娠発覚後すぐに流産しそうになったようで、子供が無事産まれたことに安堵する様子もみられます。40歳という高齢出産だったので、思い悩むことが多かったのかもしれません。

『赤ちゃんの頭が見えてますよ!がんばって!!……生まれますよ!生まれるところ、見てください!』って、3秒後に、赤ちゃんが姿を現しました。感想は…正直この子がわたしの赤ちゃんなんや~って冷静やった。

カンガルーケアをさせてもらって、一旦、違う場所で羊水の掃除されている息子を見たとき、愛おしく思えた。大きな声で精一杯泣いてる我が子に、逞しさまで感じました。

妊娠発覚すぐに、流産しかけて、みんなに助けられた命!

参照:松嶋尚美オフィシャルブログ「長い文章です。」

松嶋尚美さんの二人目の子供は?

松嶋尚美さんは2013年6月18日には二人目の子供である空詩(らら)ちゃんを出産しました。ブログ記事内で、出産前の様子、心境についてコメントしています。松嶋さんの二人目の空詩ちゃんは和痛分娩での出産だったそうです。松嶋尚美さんは当時42歳でした。

和痛分娩…麻酔を使って出産時の痛みを和らげながら出産する方法。

今回は、和痛分娩の計画出産でした。

37週0日:産まれていいよ!って目安の1日目。

前日に入院、背中に陣痛が来たとき用に麻酔の管だけ用意。子宮は、1.5センチしか開いてなかったから、3センチのバルーンを入れました。

まだ、促進剤をしてないのに、夜中2時に陣痛スタート。

マジで、この日がタイミングGOODだったのかな。3時からは10分刻み…やや痛い

松嶋さんは子供を出産する前や出産中のことを時系列で分かりやすく説明しています。

そして、また寝た‼陣痛vs睡魔のバトルが続く

18日:明け方バルーンが抜け落ちた…つまり子宮口3センチ

9時 :ここで、陣痛⇨分娩を一緒にできる部屋に移動、促進剤スタート、麻酔スタート

二人目の子供の出産とはいえ、出産時の痛みは慣れないようです。また、和痛分娩でも出産前に松嶋さんが考えていたよりも痛みがあったそうで、素直なコメントが書かれています。

我慢できるけど、予想と違って痛いぞ…麻酔追加…あ~、楽になった。

11時半:子宮口7センチ、痛みあり…痛い(>_<)

13時すぎ:子宮口10センチ!!!そこで、ベッドを分娩仕様にチェンジ。

この時点で2分おき陣痛。次の陣痛から、いきみます!!

子供が産まれた後の心境・状況についての記述があり、出産について

のイメージがつきやすいかもしれません。

2回いきんで…娘が誕生しました。10センチ開くまでは時間がありましたが、、、ベッドが、分娩仕様になってから3分ほどで産まれた 『安産』でした。産まれて、すぐに産声をあげて、めちゃ安心したのが印象に残ってます。和痛分娩だったので、体力にも余裕があり、記憶もバッチリです。

自然分娩と和痛分娩、両方体験できたのもよかったかな。

陣痛で痛いときは、赤ちゃんも頑張ってるから、私も!!って感じでした。

参照:松嶋尚美オフィシャルブログ「今回のお産」

芸能人の不妊〜妊娠までの妊活まとめ

松嶋尚美さんの不妊治療は?

松嶋尚美さんがどのような不妊治療を受けて、どんな妊活をしていたのかは明らかにされていませんが、一説によれば、都内にある体外受精の実績を多く持つ有名婦人科に通院していたという話があります。また、ヘビースモーカーだったという松嶋さんですが、子供を妊娠・出産するために2010年12月に喫煙をやめることを公言していました。喫煙、飲酒は妊娠・出産に悪影響を及ぼすと言われています。『飲酒で流産が◯倍?!|妊娠しにくい生活習慣とは』では子供を妊娠しにくい生活習慣についてまとめています。

体外受精を行っている病院・クリニック

木場公園クリニック 分院(木場駅|総合評価3.6|口コミ16件)

竹中産婦人科クリニック(八丁堀駅|総合評価3.6|口コミ16件)

親愛レディースクリニック(加古川駅|総合評価3.5|口コミ16件)