35歳の妊活|35歳の妊娠率は?
 
キーワード一覧
閉じる

35歳の妊活|35歳の妊娠率は?

   

05e49b72c9d94daf9308e5f5b185802d_s-min

不妊治療を始める年齢によって、不妊の原因、妊活および不妊治療の内容が大きく異なります。今年1月に始まったドラマ「隣の家族は青く見える」では妊活に励む夫婦が取り上げられています。今回は、深田恭子さん演じるドラマの主人公と同じような悩みを抱える同世代の方に、妊活や不妊治療に取り組む上で知っておくべきことや、どのように取り組むべきかをお伝えします。

35歳の妊活|残りの卵はあといくつ?

女性が自然に妊娠できる力は30歳以降、低下していきます。35歳以降では、さらに加速して低下していくと言われています。それは卵子の老化が関係しているからなのです。
そもそも卵子が年齢とともに減っていくものだということをご存知の方は、どれくらいいるでしょうか。女性の一生分の卵子は約700万個で、実はその全部がお母さんのお腹の中にいるときに作られるのです。この時をピークに、出生時にはすでに約200万個に減り、初潮を迎えるころには約30万個、30歳では約10万個まで減ります。35歳の人では約2万5000個と推定され、それ以降も減り続け、40歳では約1万個と言われています。
この限りある卵子は年齢とともに、質も低下していきます。これがいわゆる「卵子の老化」といわれています。年齢とともに卵子の質自体も低下するため、妊娠率が低下していくのです。女性が妊娠しやすい年齢は一般的に、20~34歳と言われ、35歳を境に妊娠しづらくなると言われています。

35歳の妊活|妊娠の確率は?

昨今は40代で妊娠・出産されている人も多く、現在35歳の人であれば、まだ数年は自然に妊娠できるから焦らなくても大丈夫、と思っている人もいるかもしれません。ですが、卵子は年齢とともに確実に年を取り、今の技術では若返らせることができないと言われています。
年齢が上がるにつれ、妊娠する確率はどのように変化していくのでしょうか。

年齢と妊娠率ー自然妊娠の場合

参照:The Fertility Sourcebook, Third Edition

参照:The Fertility Sourcebook, Third Edition

上記は、妊娠をするために排卵日に性交渉をした場合の妊娠率を年齢別に示したグラフです。このグラフによると、35歳の女性の自然妊娠率は「約18%」ということになります。これは1回の生理周期あたりの妊娠確率で、1年にある生理周期を12回とすると妊娠することができる確率はより高くなります。ただ、高齢になると妊娠する確率が低くなるという傾向は変わりません。そのため早めに妊活や不妊治療を開始するのが良さそうでs。

年齢と妊娠率ー体外受精を行った場合

卵子の量と質の低下は自然妊娠だけでなく、不妊治療の療法である体外受精を行った場合の妊娠率をも低下させてしまいます。下記のグラフは、年齢別の体外受精による妊娠率を示したものです。

参照:メディカルパーク湘南

参照:メディカルパーク湘南

35歳の場合、体外受精妊娠率は25%であることを示しています。全体で見てみると、34歳を境目にして妊娠率は徐々に低下し、39歳で25%をきり、43歳では10%を下回っていることが分かります。体外受精を行った場合でも、加齢とともに妊娠率は下がってしまう傾向にあるのです。

35歳の妊活|不妊症って?自覚症状は?どうやって分かる?

妊娠を望む健康な男女が避妊をせずに性生活を営んでいるにもかかわらず、1年以内に妊娠しない状態を「不妊症」といいます。不妊症は自覚症状がないのが特徴です。基礎体温表をつけていれば、ある程度自分でも排卵しているか把握できるかもしれませんが、基礎体温が乱れていたり、排卵検査薬で排卵の線が出なかったりということが見られる場合は、すぐに病院で検査を受けてみましょう。もし不妊症であった場合、下記のような原因が不妊症を引き起こしていると考えられます。

不妊の原因は男女半々?

現在、カップルの10組に1組が不妊症で悩んでいるということが統計で明らかになっています。不妊の原因は男女比にすると、ほぼ1:1だと言われています。男女それぞれ主に3つの原因が考えられます。

男性の原因

①造精機能障害…精子を製造する過程で問題がある。
②精路通過障害…精巣で作られた精子がペニスの先端まで運ばれない
③性機能障害…性行為や射精がうまくできない

女性の原因

①卵管障害・・・卵巣と卵子をつなぐ卵管に何らかの問題があり、受精卵が移動できないこと
②排卵障害・・・、自力で排卵がうまくできない
③着床障害・・・子宮に何らかの問題があり着床しにくい

上記に挙げられる不妊の原因を早期に把握しておくことで、その後の治療方針も変わってきます。そもそも不妊治療とはどういったもので、どんな治療をしていくのでしょうか。次に詳しく見ていきましょう。

35歳の妊活|不妊治療とは?

妊娠に至るために必要な要素である卵子・精子・卵管・子宮などの状況を、不妊検査で明らかにした上で、適切な治療を行っていくことを不妊治療と言います。

まずは検査から

不妊の原因は人によって異なるため、まずは検査を行ってから、個別の治療方法を行うことになります。検査によって何らかの障害があった場合は、その障害に対する治療が必要になります。

どんな治療方法があるの?

明確な不妊原因が認められない場合は、卵胞の成熟度に合わせて性交を行う「タイミング法」、排卵日に合わせて精子を子宮に注入する「人工授精」といった一般不妊治療から始めます。それでも妊娠しない場合は「体外受精」「顕微授精」といった生殖補助医療(ART)にステップアップしていくのが一般的です。

35歳の妊活|不妊治療に立ちはだかる3つの壁と解決策

壁①治療費│1回どのくらい? 保険は効くの?

不妊治療と聞くと、漠然と治療費が高いというイメージを持っていても、具体的にどういった治療にいくらかかるかということをご存知の方は少ないのではないでしょうか。以下の表を参考に詳しく見ていきましょう。

参照:不妊治療ステップアップベストガイド

参照:不妊治療ステップアップベストガイド

治療費は病院によってばらつきがありますが、タイミング法や人工授精などは3万円位までが相場です。一方で、生殖補助医療(ART)と言われる体外受精、顕微授精については1回につき30万~となり、自己負担で費用を支払うことになるため、治療費も高額になります。治療方法によっては保険が適用されますが、不妊治療で保険が適用されるのはタイミング法までです。人工授精、体外受精、顕微授精については保険が適用外となります。

壁①治療費│どうやって確保する?

治療費ってこんなに高額なの?と驚かれた方も多いのではないでしょうか。治療費でまとまったお金を確保することも治療を進めていく上で重要なことになってくるのです。ここで治療費を確保するための方法をいくつかご紹介します。

治療費│解決策①助成金・医療費控除を活用

生殖補助医療については、助成金が適用になる場合があります。高額な治療費のために不妊治療を諦めてしまうケースもあることから、厚生労働省が設けた制度で、一定条件を満たす夫婦に対し、不妊治療の費用の一部が助成されます。国の制度以外にも、自治体が独自で行っている助成金制度もあるので、自分が住む地域で利用できる制度がないか確認してみましょう。
また、医療費控除も利用したい制度の一つです。検査代や治療費以外にも、通院のための交通費など、不妊治療にかかった費用の一部が戻ってくることになるので、しっかりと活用していきましょう。

治療費│解決策②親から援助を受ける

両親との関係や両親の経済力に問題がなければ、治療費を両親に援助してもらうのも、負担を軽減する一つの方法です。両親に理解、協力をしてもらえるよう、不妊治療の必要性をしっかりと伝えることが大切です。

治療費│解決策③不妊治療専用のローンを利用する

貯蓄がない、貯蓄はあるけれどずっと治療を続けることになったら足りるだろうか、全部使ってしまうことになるのかな、といった様々な不安に応じた、銀行の不妊治療専用のローンがあります。不妊治療にかかる費用のためにお金を借りることができるサービスです。
不妊治療専用のローンについてはこちらのコラムで詳しくご紹介しています。

壁②仕事と妊活、不妊治療との両立

どうやって両立する?│解決策①職場の協力

職場の理解を得ましょうと一口に言っても、なかなか周囲には不妊治療をしていることを伝えられない人が多いのが現状です。ですが、思いきって職場に伝えたことで、上司や同僚が応援してくれた、協力してくれたという声もあります。「不妊治療」ということを伏せたい場合は、「不妊」ということは伝えずに、「時期が来たらお伝えしますが、今は治療が必要な状態なので仕事を休ませてほしい」というように伝えてみると良いかもしれません。医師の助けを必要とする状況であるということが伝われば、周囲の反応や協力の仕方も変わってくるでしょう。

どうやって両立する?│解決策②病院選び

たとえ職場の理解を得やすい環境であっても、治療で頻繁に仕事を休むことはほとんどの方にとって容易ではありません。現在では、働く女性でも仕事と妊活・不妊治療を両立しやすいように予約制度や通院スケジュールを組める病院も増えています。両立のためのストレスを最小限に留められるよう病院選びもしっかりと行いましょう。
病院選びについての詳細はこちらのコラムで触れています。

壁③家族の協力

夫婦で妊活に励む様子が描かれたドラマ「隣の家族は青く見える」でもテーマとして取り上げられていますが、妊活・不妊治療においてパートナーの協力は必要不可欠なのです。
夫婦,カップル

夫婦で乗り切る│解決策①幸せホルモンで妊娠しやすくなる

妊活や不妊治療のために義務的にセックスをするのではなく、パートナーとお互いの気持ちを理解しあい、お互いが満足のいく行為であることがとても重要です。お互いが満足感を得られるセックスをすることで、男女ともに「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、最終的に受精の可能性が高まるとされているのです。

夫婦で乗り切る│解決策②プレッシャーをかけない

妊活や不妊治療を続けていると、時にはうまくいかず、パートナーにプレッシャーをかけてしまうこともあるでしょう。お互いに、あるいはどちらか一方でもストレスを抱えたままではさらに妊活や治療がうまくいかなくなってしまいます。抱えている不安や焦りを口に出して伝え、お互いの気持ちを共有するように心がけるようにしましょう。

冒頭でも触れたように、35歳は妊活・不妊治療において境目の年齢にあたります。これを読んでこれから動きだすという人は、パートナーと話し合うことからでも、医師に相談することからでもいいと思います。子どもを望む気持ちがあるのであれば、早めに一歩を踏み出しましょう。