キーワード一覧
閉じる

35歳の妊活と不妊治療|35歳の妊娠確率は?

      2016/07/02

55babd4f09b57da268122c688251bb9a_s

不妊治療を始める年齢によって、不妊の原因、妊活および不妊治療の内容が大きく異なるようです。今回は、35歳で不妊治療を始められた方の体験談をまとめています。

35歳の妊活、不妊治療体験談①

35歳の時に、よしみつ婦人科クリニックに通院された女性の体験談です。

不妊治療の状況

治療開始:35歳

治療期間:1年〜2年

通った病院数:1つ

現在の状況:治療中断

不妊治療を開始したきっかけ

結婚して数年はまだ子どもはいらないと思って避妊していました。その後避妊はやめましたが妊娠せず、自分で基礎体温を測ってタイミングをとるようになりました。しかし1年ほど経っても妊娠せず、どうしても子どもがほしいというわけではありませんでしたが、今後の生活設計を考えたかったのと年齢から言っても不妊治療を試してみた方がいいと思って始めました。

よしみつ婦人科クリニックを選んだ理由

こちらの都合よりもとにかく妊娠させることを目的としている病院も多いということだったので、まずは相談してから考えられる病院を探しました。

よしみつ婦人科クリニックの体験談

・医師の説明

こちらが尋ねたことについては納得できるまで説明していただけますが、先生の方からいろいろと話してもらえるわけではなく、不妊に関する知識がなかったり、下調べをしていなかったりすると後から疑問が出てくることがあるので。

・医療技術

特に不安を感じたことがないので。経験の長いベテラン先生で患者さんも多く、人工授精を受ける人も多いようです。

・医療設備

小さな病院で婦人科外来としては最低限の設備になっていると思うので。診察台とレントゲン台が1つずつで、ベッドが2つと、ほかの個人病院ではもっと充実しているところも多いと思いますが、通っているうえで困ったことはありません。

・待ち時間

完全予約制なので、早いときには全く待たずに診察してもらえることがあります。時間がずれ込んで待たされることはあっても数人待ちで、これまで一番長くても30分程度待っただけです。

・スタッフの対応

感じの良い方ばかりです。特に看護師さんは経験豊富な方ばかりのようで、笑顔で親切に対応していただけます。かといって馴れ馴れしくないのがよいです。

・費用

1年ほどタイミング法の指導とホルモン剤の投薬で1周期に3千円くらいかかりました。その後、人工授精を3回したのを合わせると12万円くらいです。

参照:よしみつ婦人科クリニックの不妊治療口コミ

35歳の妊活、不妊治療体験談②

35歳の時に、長岡レディースクリニックに通院された女性の体験談です。

不妊治療の状況

治療開始:35歳

治療期間:1年〜2年

通った病院数:1つ

現在の状況:治療中断

不妊治療を開始したきっかけ

30代半ばだったし「40歳50歳になったときに子供がいなかったら、30代のときに産んでおけばよかったと後悔するような出来事があるかもしれない」と思い、すぐにクリニックに相談に行った。「できなくて悩んでたので治療を始めた」というよりは「欲しいと思った時点ですでに高齢だったので、検査や先生のアドバイスを早めに受けよう」という感じ。

長岡レディースクリニックを選んだ理由

(当時)自宅から無理なく通うことができる、不妊治療を実施しているクリニックが、長岡レディースクリニックしかなかったから。

長岡レディースクリニックの体験談

・医師の説明

個人的な感想だが、先生ご自身が淡々としていて、本当に最小限の事しかお話にならず、熱意があるとか、患者の気持ちに寄り添うという雰囲気を感じられなかった。

・医療技術

開院してからの成功率が高いこと、最新式の機器が導入されていることも話題になっていたし、実際に自分が通ってみて、クリニック内の快適さや検査のスムーズさを感じた。

・医療設備

私が通っていた当時は市内でいちばん新しいクリニックだったので、最新式の機器が導入されていた(記事などで話題になっていた)とのことだった。

・待ち時間

予約制がちゃんと機能していて、決まった時間に行けばしばらく待つのみですぐに診察を受けられた。待ち時間の間も雑誌が用意してあったりして退屈しなかった。

・スタッフの対応

看護師さんは、皆さま明るくて丁寧な方だった印象が残っています。

・費用

タイミング法の指導を受けながら、一通りの検査を受け、20000円くらいかかりました。その後、投薬を受けながら人工授精(1回約15000円)を4回したのでトータルで8万円くらいかかりました。

参照:長岡レディースクリニックの不妊治療口コミ

35歳の妊活、不妊治療体験談③

35歳の時に、成田病院に通院された女性の体験談です。

不妊治療の状況

治療開始:35歳

治療期間:1年〜2年

通った病院数:1つ

現在の状況:妊娠中/出産済

不妊治療を開始したきっかけ

結婚してから自然に任せていましたが、配偶者も年上であり、母体としての年齢や、成人を迎えるまでの経済的から、子供を作るなら早いほうが良いと考えたためです。きっかけは主人が不妊治療専門の病院を探して、電話で問い合わせをし、感じのよかった病院に通うことになったことです。

成田病院を選んだ理由

成田病院の初回の電話対応が良かったためです。主人から複数の病院に問い合わせましたが、ほとんどのところは「なぜ男性から電話するの?」という気持ちが感じられる冷たい対応で「奥様からお問い合わせください」というものでした。

成田病院の体験談

・医師の説明

複数の医師に診ていただきましたが、概ね満足しています。不妊治療専門の病院であり、患者側もある程度の知識を持っている前提でお話をされますが、事前の治療説明会で勉強していれば理解できる内容でした。

・医療技術

結果的に妊娠できましたので満足しています。他の病院で診察を受けたことがないので比較はできませんが、医師、助産師、看護師の方、みなさんの患者への接し方が自信が感じられ、安心してお任せすることができました。

・医療設備

歴史のある病院ですので、設備自体は新しいものではありません。ですが、不足はないのではないかと感じました。

・待ち時間

待ち時間は長いです。予約をしていても、予約時間から一時間半超過は普通です。待つことが当たり前なので、そのつもりで余裕を持って時間をみていたので慣れました。

・スタッフの対応

受付の方もテキパキとお仕事をされており好印象でした。個別の要望に対しても、確認の上しっかりとお答えいただけます。

・費用

男性不妊でしたので、人工授精を6回行い、検査も含め12万円かかりたいました。人工授精1回あたりの金額は13,000円程度です。その後体外受精にステップし、誘発剤・採卵・移植で50万円、凍結杯移植2回及び検査で20万円くらいです。

参照:成田病院の不妊治療口コミ

35歳の妊活、不妊治療ブログ

35歳になる直前で妊活を開始し、35歳で一周期目にリセットした女性のブログです。妊娠検査薬を使った時の状況や着床出血など不妊治療体験者しか分からないようなことがコメントされています。

思わず買い貯めておいた妊娠検査薬を使います。しばらくするも…陰性だった。うそー?!何かの間違いでは?!だんだん落ち込んでくる私。そうこうしているうちに出血がひどくなってきます。

ブログ筆者はまずCMポートクリニックで不妊治療を開始します。筆者はフーナーテストを受けたそうで、その詳細を記載しています。

さて、フーナーテスト当日。クリニックに行ったらいつもの内診と同じ。ちょちょいっっと、いつもの超音波と違うものが入った感じです。

所見ではまったく問題ないとのこと。次は精液検査になります。
採血のお部屋で精液検査の方法を聞きます。出来る限りダンナさんが来て
採精するのが望ましいとのことでした。

不妊治療や妊活をしていると妊娠をするには、鍼灸治療が効果的だと聞いたことがあるかもしれません。ブログ筆者も鍼灸治療を受けていたそうで、期間や効果、状況について詳しくコメントしています。

手足末端冷え性のひどい私。ところが、鍼を受けだしてから少しずつ症状が軽くなっている事に気づきました。足を温めると足汗かくくらい…

鍼を受けながらぼーっと考えていて気付きました。私の身体に対する感謝の気持ち!思えば、12歳で生理来てからかれこれ24年間。私の子宮は休むことなく、妊娠できるように毎月リズム良く準備をしていてくれたんですね!!

参照:35歳からの妊活と不妊治療ブログ

30代後半の妊活、不妊治療コラム

35歳の妊娠確率とは?

女性の年齢と妊娠確率には密接な関係があると言われています。女性は加齢とともに卵子の量が少なくなり、質も低下してしまいます。卵子の量と質の低下は自然妊娠だけでなく、体外受精での妊娠確率を低下させることになるそうです。

上記は年齢別の自然妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると35歳の女性が、妊娠をするために排卵日に性交渉をした場合の妊娠確率は「約18%」ということになります。これは1回の生理周期あたりの妊娠確率で、1年にある生理周期を12回とすると妊娠することができる確率はより高くなります。ただ、高齢になると妊娠する確率は低くなってくるので、早めに不妊治療や妊活を開始するのが良さそうです。

上記は年齢別の体外受精による妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると34歳を境目にして妊娠確率が徐々に低下し、39〜40歳で25%をきり、43歳では10%を下回っていることが分かります。

このグラフによると35歳の女性が、妊娠をするために体外受精を行った場合の妊娠確率は「約25%」ということになります。一般的に30歳から35歳、35歳から40歳の間で妊娠確率は低くなると言われています。まずは不妊検査を受けることから始めてみるのが良いかもしれません。

参照:スバリ分かる妊娠の確率 年齢別グラフを公開

不妊検査対応の病院ランキング(総合評価順)

東京都

  1. クリニック ドゥ ランジュ(表参道駅|医療技術4.7|口コミ4件)
  2. みむろウィメンズクリニック(町田駅|医療技術4.5|口コミ11件)
  3. にしなレディースクリニック(用賀駅|医療技術4.5|口コミ5件)

大阪府

  1. 阪大病院(阪大病院前駅|医療技術5.0|口コミ3件)
  2. 折野産婦人科(樟葉駅|医療技術4.7|口コミ3件)
  3. 市立貝塚病院(貝塚駅|医療技術4.7|口コミ3件)