閉じる

不妊治療とは

そもそも不妊治療とはなんなのか、検査や治療内容はどのような事をするのか、開始時期はいつが良いのか、など不妊治療について説明します。

不妊治療とは

不妊治療とは妊娠に至るために必要な要素である卵子・精子・卵管・子宮などの状況と、不妊検査で明らかにした上で、適切な治療を行っていくことです。不妊の原因は人によって異なるため、不妊の検査により、個別の治療方法を行うことになります。検査によって、なにかしらの障害があった場合は、その障害に対する治療が必要になります。
明確な不妊原因が認められない場合は、卵胞の成熟度に合わせて性交を行う「タイミング法」、排卵日に合わせて精子を子宮に注入する「人工授精」といった一般不妊治療から始めて、妊娠に至らない場合には「体外受精」「顕微授精」といった生殖補助医療(ART)にステップアップしていくのが一般的です。 次に不妊検査の流れやそれぞれの治療方法について詳しく説明していきます。
不妊症とは

不妊治療の流れ│男女で異なる検査内容

不妊治療の流れ
男女で異なる検査内容

1.不妊検査について

まず、不妊の原因を知るために、不妊検査を行います。検査にも様々な検査がありますが、個人の状況に合わせて行う検査は異なります。ここでは一般的に行われる検査について、ご紹介します。

<女性の場合>

(1)内診・超音波検査
診察台にて、子宮・膣内に異常がないか調べます。また、超音波プロープを膣内に挿入し、子宮筋腫、子宮内膜症などの異常がないかを確認します。

(2)血液検査
採血による、ホルモン検査を行います。妊娠と深くかかわる女性ホルモン(エストロゲン)、卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモン・黄体形成ホルモンなどを調べることによって排卵の異常や、卵巣の機能を確認します。

(3)子宮卵管造影検査
卵子の通り道でもある卵管に異常がないか調べる検査です。卵管の詰まりや閉塞の有無を調べます。卵管の通りを良くすることで着床がしやすくなります。なお、卵管が詰まっている場合、カテーテルを使って卵管を押し広げる卵管鏡下卵管形成術(FT)という手術もあります。術後、妊娠率が低くないことも特徴です。

▶卵管造影検査は二人目不妊に効果があるのか?

(4)フーナーテスト
性交後、精子が頸管粘膜液中に侵入したことを確かめる検査です。頸管粘膜が精子を受け入れる能力と、精子が頸管粘膜液に達成して生存できる能力を調べます。

▶不妊検査前にしておきたい|治療をスムーズにすすめる準備

▶不妊検査の第一歩。女性が初診で受ける不妊検査って?

<男性の場合>

(1)精液検査
2~7日の禁欲期間(射精をしない期間)を設け、病院の採精室または、自身でマスターベーションを行い、精液を採取します。採取した精液を検査し、精液量、精子の濃度、運動率、精子の奇形率などを調べます。

(2)泌尿器科的検査

触診・視診
精液検査で異常があった場合に、泌尿器科的検査を行います。視診・触診で睾丸の位置、硬さ・大きさを測定し、精索静脈瘤の有無などを確認します。
尿検査
尿から糖やたんぱくが出ていないかを検査します。他に、膀胱や尿道などに炎症が起こっていないかなどを調べます。
血液検査
採血によるホルモン検査を行います。採血により男性ホルモン(テストステロン)や卵胞刺激ホルモンの「FSH」、黄体化ホルモン「LH」、プロラクチン・乳汁分泌ホルモン「PRL」などを確認し、精液の異常の原因を調べます。
染色体の遺伝子検査
精子形成障害の原因として染色体の変化や遺伝子異常による場合があるため、無精子症の場合などに勧められることがあるようです。

▶男性の不妊検査とは?|タイミングや検査方法、費用まとめ

2.治療方法について

不妊治療の治療方法も個々の不妊の原因によって、変わってきます。なにかしらの障害がある場合は手術などを行う必要もあったり、またそれぞれの治療方法を組み合わせて行うことも少なくありません。ここでは、一般不妊治療と、生殖補助医療(ART)の治療について、それぞれ説明します。
2-1一般不妊治療
一般不妊治療は、自身の生殖機能で妊娠を目指す治療方法です。

治療方法

・タイミング法
排卵日に合わせて性交をする治療法。自身で基礎体温を記録し、排卵日を予測します。35歳以上の場合、6か月タイミング法を取って妊娠しなければ、産婦人科を受診したほうがいいと言われています。自分でも排卵検査薬などを用いて行える方法ですが、病院ではさらに、超音波検査で卵胞の成熟度を調べたり、血液検査でエストロゲンの数値を観測するなどして、より正確な排卵日を特定することができます。

▶タイミング法まとめ|最も妊娠率が高い?成功率、費用、流れは?

・薬物療法(排卵誘発剤など)
排卵障害の場合に使われる治療法で、経口薬、注射などで排卵を促す投薬治療となります。

・人工授精
タイミング法でも妊娠に至らなかった場合に行う治療方法です。あらかじめ採取したパートナーの精子を、洗浄・濃縮しカテーテルという細いチューブで子宮、卵管に送り込む方法です。だいたい7回目以内に約80%が妊娠に至ると言われています。

2-2生殖補助医療(ART)
生殖補助医療(ART)とはタイミング法や、人工授精で思うように結果が出なかった場合に行う体外受精・顕微授精・凍結融解胚移植の一連の治療法を指します。卵子を取り出し体外で受精させて数日後に子宮内に戻す、という治療方法です。日本産婦人科学会ARTデータブック2012年度版参照体外受精・顕微授精で生まれる子は27人に1人。
日本産婦人科学会によると、生殖補助医療によって生まれた出生児の総数は2002年~2012年の10年でおよそ2.5倍に増加しており、その数は累計25.6万人となっています。今や総出生児の27人に1人は体外受精で生まれています。(2012年時点 日本産婦人科協会データによる)

治療方法

・体外受精(IVF)
卵管や精子に問題があり、体内での受精が困難な場合に行う治療法です。排卵誘発剤を使って、排卵を促し、採卵手術にて卵子を採取します。その後、シャーレに入れた卵子と、精子を洗浄・濃縮したものを合わせて受精させる方法です。

・顕微授精(ICSI)
体外受精で思うように結果がでない場合、精子に問題のある男性不妊や、女性に抗精子抗体がある場合などに行う治療法です。顕微鏡で観察しながら、細いガラス針の先端に精子を1つだけ入れて卵子に直接注入する方法です。顕微授精は実際に精子と卵子を受精させる培養士(胚培養士)の技術力によって、結果に差が出てくるとも言われています。

・凍結融解胚移植
体外受精で受精した胚がたくさんある場合にいくつかの受精卵を凍結保存し、妊娠出産を希望したタイミングで融解し、子宮内に戻すという治療法です。

不妊治療の開始時期|いつから開始するべき?

不妊治療の開始時期
いつから開始するべき?

妊娠を望んでいて以下に該当する方は、早期に不妊の検査および不妊治療を開始するという考えが一般的です。

・妊娠を望んで避妊をせず性交をしているにもかかわらず1年以内に妊娠しない不妊の状態

・年齢が35歳以上

不妊治療を早期に始めたほうが良い理由

一般的に、妊娠・出産のできる年齢の限界は大体45歳頃と言われています。また、妊娠適齢期は25歳~34歳頃までとされています。理由としては、卵子の老化や、加齢による精子の問題が関係しているためです。ここでは、不妊治療のために重要な卵子・精子と年齢について説明します。

・卵子と年齢の関係
女性の卵子の元となる卵細胞(卵祖細胞)はお母さんの子宮の中にいる間に一生分の量がつくられ、生まれた後にその数が増えることはありません。生まれたときに200万個あった卵細胞は月経が始まると月に1000個~2000個ずつ減少し、思春期には20~30万個にも減少してしまいます。さらに、卵細胞は年齢を重ねるにつれ、数の減少に加えて自分と同じように年齢を重ねていき、老化していきます。そのため35歳前後から卵細胞の老化現象として徐々に妊娠する力が下がってくると言われているため、高齢(35歳以上)で妊娠を考えている場合、早期に不妊治療を検討することがすすめられています。

・精子と年齢の関係
成人男性の精巣では生涯を通じて精子がつくられるものの、年齢とともに生殖機能が低下していくと言われています。精巣の大きさが小さくなり、男性ホルモンを生成する力が低下します。加齢とともに1日につくる精子数が減少するばかりでなく、精液量、精子運動率、正常な精子の数の減少などの加齢現象も挙げられています。中には男性が35歳以上の場合、体外受精や顕微授精の確率が下がるという報告もあると言われています。つまり、男性であっても不妊治療は早期に取り組んだほうが良いと言えます。

高齢出産のリスク

高齢出産とは35歳以上の初産婦のことを指します*1。今や晩婚化に伴い、高齢出産である第一子を持つ母親の割合が約53%*2にも及ぶということが分かっています。しかし、高齢出産にはリスクが伴います。そこで不妊治療を行うために知っておきたいのが高齢出産のリスクです。具体的にどのようなリスクがあるのかご説明します。

(1) 染色体や遺伝子異常が起こりやすくなる
受精しにくくなったり、染色体異常によるダウン症などの可能性が高まったりすると言われています。
(2) 流産率が高まる
40歳では20~30%、45歳では30~50%の割合で流産が起こりやすいと言われています。
(3) 婦人科疾患にかかる確率が増加する
卵管炎、子宮筋腫、子宮内膜症など婦人科疾患による不妊が起こりやすいと言われています。
他にも体外受精、顕微授精など生殖補助医療を行って受精を起こさせることができても、妊娠率・生産率が低下する とも言われています。

*1「分娩時年齢高齢化 現状と問題点」日本産婦人科学会2012資料による。

*2平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況第4表による。

▶30代前半の妊活と不妊治療まとめ|妊娠確率は?

▶40歳の妊活と不妊治療|40歳の妊娠確率は?

不妊治療の期間 │いつまで続けるべきか

不妊治療の期間
いつまで続けるべきか

不妊治療の期間は、個人の年齢、身体的、経済的状況によって異なってきます。ただし、加齢とともに体外受精を経ての妊娠率が下がっていくため、パートナーと向き合う必要がありそうです。
日本生殖医学会によると、不妊治療を受ける年齢が32歳の場合は20%の方が妊娠に至りますが、それ以降は1歳につき1%ずつ降下し、40歳では7.7%、44歳では1.3%と生殖補助医療での出産が厳しくなっていると言われています。また、流産率についても39歳で30.4%、43歳で55.2%と言われていることから、年齢が生殖補助医療の結果に影響しているようです。このような報告があることを踏まえつつ、不妊治療はある程度計画をもって取り組む必要がありそうです。

不妊治療は、男女ともに肉体的、精神的負担が大きいと言われています。不妊治療に取り組む前に、まずはパートナーと家族について、子供について、具体的にどのような考えを持っているのかをきちんと話し合ってから取り組む必要があります。きちんとお互いの考えを話さずに、片一方が治療に励んでも、一人で取り組める治療ではありません。不妊治療こそ、二人三脚で取り組むことが大切です。

関連リンク

不妊治療とは
不妊症とは
病院選びについて
費用・助成金について