キーワード一覧
閉じる

鍼灸ブログまとめ|鍼灸による不妊治療の体験談

      2016/08/01

acPPW_mikuraretaringuno-te-thumb-815xauto-13197

不妊治療では妊娠しやすい体づくりを心掛けると治療の効果が増すと言われています。体づくりの1つの方法として効果的なものに、鍼灸が挙げられます。今回は、不妊治療で鍼灸を経験された方のブログを紹介します。

鍼灸による不妊治療ブログ①:くまこの全力妊活日記

33歳から不妊治療を始められた方のブログです。院長自身が不妊治療によって47歳で出産経験を持つ鍼灸院に通われていました。鍼灸による不妊治療だけでなく、不妊治療クリニックの情報も記載されているようです。

昨日から、急に思い立って鍼治療について調べ始めました。鍼灸で妊娠に効果が出る人がいることは知っていましたが、まさか不妊専門の鍼灸院があるなんて・・・しかも、意外とたくさん存在するのですね。

とりあえず通えそうな範囲で調べてみたら、いくつか新宿で見つけた不妊専門鍼灸院が、かの有名なKLC付近に集まっている。

不妊治療のサポートとして、鍼灸院での施術を勧めるクリニックも増えているそうです。鍼灸は、「冷えの改善」や「血流改善」「自律神経の乱れの改善」効果が期待出来ると言われています。薬のように不妊の原因を直接治療するというよりも、現代社会の不規則な生活習慣やストレスによって乱れた身体を、本来の働きを行う正常な状態に戻してくれるという治療なのです。

不妊専門でしかもKLCの近所だと予約が取りにくいのか?ならば新宿でなくてもいい。不妊専門でなくてもいい。と再検索してたどりついたのが、なんと院長自身が体外受精の末、47歳で妊娠・出産した経歴の持ち主だとか。問い合わせたら、4日後に予約が取れると!!しかも、院長指定でできるとのこと。しかも施術料金が不妊治療用割引があるようで、回数券の場合ですが1回あたり4,000円で済むなら1ヶ月で2万かからない!?

通うことになるかどうかわからないけど、とりあえず一度行ってみよう。

不妊治療専門の鍼灸院も増えていますが、一番大切なのは鍼灸師の先生が信頼出来て、無理なく通えるということです。人気であったり、治療実績が良い所も魅力的ですが、あくまでも自分がそこに通えるか、自分の目的に合っているかという点などが重要と言えるでしょう。ブログ筆者は、自身で選んだ鍼灸院に行くことにしたようです。

今日、初めて鍼灸院に行ってきました。時々ちくっと感じるものの、まったく痛くなく、赤外線を当てながらでぽっかぽか。今日は冷えてる気はしてなかったのに、やっぱり温めるとこんなに心地いいのね~。オイルマッサージも肩・背中・ふくらはぎ・足裏とやっていただき、毎回してくれるか どうかはわからないけど、すっご~く気持ちよかったので、回数券を買うことに決めました。10回で4万円。1回あたり4,000円也。この金額ならしばらくは続けられそう。

鍼灸院は、自費診療と保険診療の違い、立地などによって費用には差があります。不妊治療と並行して鍼灸院に通う場合、経済的な負担も出来るだけ抑ることが大切です。事前に料金体系やどのような不妊鍼灸をしているのか、疑問点を確認しておくと安心です。

参照:くまこの全力妊活日記

鍼灸による不妊治療ブログ②:基本ネガティブだけど毎日楽しく幸せに暮らす

イラストを交えつつ、時系列で鍼灸の体験が書かれているブログです。ホルモンを整えるだけでなく、新陳代謝が良くなったことを施術後すぐに感じたなど、鍼灸の効果を体験談として読むことができます。

さて、卵ちゃんが凍結胚盤胞になったので、少しでも良い状態でお迎えできるよう鍼灸院を検討していました。(そしてこの日記を書きながら、ルイボスと生姜の良い成分を一気に摂取しようという邪な考えのもと、生姜スライス入りのルイボスティーを飲んでいますが正直微妙な味です・・)

体外受精の移植を控えているタイミングで、鍼灸院に通い始める方も増えているそうです。ブログ筆者も、受精卵を移植するにあたり、良い状態に身体を整えるため、鍼灸院での治療を考えたようです。都内になると料金が高くなってしまうため、筆者の地元にある不妊鍼灸に力を入れている鍼灸院を選び、通う事になります。1回目の鍼灸では、不妊治療歴や病院名、誘発方法に至るまで細かい問診票を記入し、問診からスタートします。

問診は結婚したのがいつか、いつまで仕事をしていたのか等も聞かれました。あとは自分の基礎体温の変動の仕方についても質問されたり。それまでは何か質問しても断定的な言い回しを避けていた感がある若先生でしたが、基礎体温の上昇が鈍いことや子宮内膜が薄いことから黄体ホルモンに不安がありました。

移植に向けてできるだけ体調を整えたいことを告げると「ウチにいらっしゃる患者さんで一番多いのが黄体ホルモンに問題のある方ですから、私たちも自信をもって施術させていただきます!!」と言ってくださったので、まあちょっと身を任せてみようかという気になりましたw

問診の段階で、自分がどんな状態になりたいのか、どんな不安があるのかなど目的を伝えることは大切です。ブログ筆者も、目的を伝えた上で院長先生による鍼治療が始まります。院長先生からは、施術前のガイダンスとして自宅で出来る骨盤体操や、東洋医学の考え方、不妊鍼灸の取り組み方などについてのレクチャーもあり、その中の1つの話題については、筆者も考えされられたようです。

ふむーー。私も「片側の卵管が詰まりかけてる」と前のクリニックで言われた上に腰痛持ちなので、他人事ではないように思いましたが、PCOSもあってすでに体外やってる身だから別にいいかww

でも逆に考えるとこれって、卵管造影検査では正常だったのでタイミングを繰り返していたけど、検査の後に骨盤が捻じれて卵管が通らなくなっちゃったために妊娠できない人もいるってことなのかな?

参照:基本ネガティブだけど毎日楽しく幸せに暮らす

鍼灸による不妊治療ブログ③:ふく豆さん

30代後半に、不妊治療で妊娠するまでの4か月間に鍼灸を受けられた方のブログです。鍼灸院選びのポイントについても書いてあります。ブログ筆者は不妊治療の一環として、鍼灸院に通っています。鍼灸院は普段あまり聞きなれないので、実際に体験した方の意見を聞けるのは貴重かもしれません。

妊娠するまでの4か月間鍼灸院にかよいました!個人差はあるかと思いますが、私は劇的に効果がでる体質だったのでこちらについてもまとめたいと思います。実は合計3か所で施術を受けました。

ブログ筆者は、経済的な負担も少ない上、信頼出来る鍼灸院を選び通うことにしました。やはり鍼灸院と一口に言っても様々な種類があるそうで、先生と相性が合わないということもあるかもしれないので、しっかりと検討するのが大切です。

おなじ鍼灸院と言っても 先生の個性がかなりあります!信頼できて フィーリングのあうよい先生がみつかるまで色々探すか知り合いに紹介してもらうのがいいと思います。また体を触られるので、先生の印象も結構大事だと思います。ストレスになるならやめましょう。

あと、何回も通う事になるので 続けやすい無理のない料金である事も大事なポイント!ちなみに痛いのが苦手な人が最初にいくのはやはり東洋医学の鍼灸院がおすすめです!

ブログ筆者は、鍼灸治療と並行して受けた、体外受精2回目の移植で無事に妊娠します。不妊鍼灸院をどう選ぶか、判断に迷っている方に参考にしていただきたいブログです。鍼灸治療をして不妊治療を成功された方の体験談は一読の価値がありそうです。

参照:ふく豆さん

鍼灸による不妊治療ブログ④:高齢妊婦。授かるために、産むために

ご自身の不妊の一番の原因は「冷え」だと気づき、冷え対策の一環として鍼灸に通われていた方のブログです。治療の甲斐あって無事に妊娠されましたが、妊娠後もつわり対策などで鍼灸に通われているようです。

この「冷え」を取り去ることが最優先だと気づきました。体内の「気・血・水」の巡りを正しい状態にすることで健康な温かい体になることができます。

お世話になっている漢方薬局の譚先生は「そうやって母体が赤ちゃんを迎える準備ができていれば、ちゃんと妊娠できるよ」とおっしゃいます。

更に、鍼灸治療も開始しました。わたしの通っている治療院は鍼灸専門で、脈診流という治療法です。皆さん実に様々な症状で通われていて、中には不妊や月経不順の方も多くいらっしゃるそうです。脈診流は、治療中に何度も脈を確認し経絡・気の流れの弱いところを見つけて調えていくものです。脈だけではなく、例えば目の輝きや声の調子、肌や爪や筋肉の様子等、また、問診によって全身の状態を把握しそれを鍼と灸で調えます。

脈診流は、巡りが悪くなっている方ほど痛みを感じにくく、鍼灸を続けていくうちに鍼を感じるようになっていくそうです。ブログ筆者も、鍼灸治療を受けるうちに鍼を感じるようになり、巡りが良くなった実感があったとブログに綴っています。

はじめの1回で、頭痛がすっかり治りました。体のダルさも結構とれました。

これだけでも、体内の巡りが改善されてきたのがわかります。この時、ちょうど排卵~着床の時期だったのですが、きっと「間に合った」んだと思っています。

この時期に鍼灸治療をしておいたことで、この着床の助けになったと。

そして治療を続けることで、妊娠継続できる体(温かい子宮)になったんだと思います。

不妊専門クリニックに行き、鍼灸治療を始めてから4ヶ月で妊娠した筆者ですが、妊娠してからの身体にも鍼灸は効果があるため、継続して治療を受けていました。

妊娠がはっきりしてからは流産予防とツワリ対策をメインに施術してもらっています。安定期に入ったら、安産対策にシフトすることになっています。鍼灸は逆子や前置胎盤にも効果があるそうです。

妊娠してから無事出産するまでは、流産やつわりといった不安で辛い時期も乗り越えなくてはなりません。鍼灸には、それらをサポートする効果も期待されていますので、高齢妊娠の方にとって参考になるブログと言えるかもしれません。

参照:高齢妊婦。授かるために、産むために

体外受精対応の病院ランキング(総合評価順)

関東地方

  1. 福地レディースクリニック(日立駅|医療技術4.8|口コミ6件)
  2. みむろウィメンズクリニック(町田駅|医療技術4.5|口コミ11件)
  3. 国立成育医療研究センター(祖師ヶ谷大蔵駅|医療技術4.4|口コミ6件)

関西地方

  1. 大阪大学医学部附属病院(阪大病院前駅|医療技術5.0|口コミ3件)
  2. くぼたレディースクリニック(住吉駅|医療技術5.0|口コミ3件)
  3. 三橋仁美レディースクリニック(近鉄郡山駅|医療技術4.5|口コミ4件)