キーワード一覧
閉じる

37歳の妊活と不妊治療|37歳の妊娠確率は?

      2016/07/02

cd743415c69faa4e32b1934ee0598663_s

不妊治療を始める年齢によって、不妊の原因、妊活および不妊治療の内容が大きく異なるようです。今回は、37歳で不妊治療を始められた方の体験談をまとめています。

37歳の妊活、不妊治療体験談①

37歳の時に、加藤レディスクリニックに通院された女性の体験談です。

不妊治療の状況

治療開始:37歳

治療期間:1年~2年

通った病院数:2つ

現在の状況:妊娠中/出産済

不妊治療を開始したきっかけ

結婚したのが遅く、直ぐに子供が欲しったので始めました。普通はタイミング法から始め、徐々に段階を踏んでいきますが、年齢が直ぐに妊娠しても十分高齢出産となる年齢だったため、不妊治療は一通りの検査をした後は直ぐに体外授精をしました。結果、不妊治療では妊娠しませんでしたが、治療を断念した後に、自然に授かりました。

加藤レディスクリニックを選んだ理由

加藤レディスクリニックが全国的にも有名な不妊治療クリニックだった事と、クリニックの方針が私自身に合っていたなで選びました。

加藤レディスクリニックの体験談

・医師の説明

とにかく混んでいる病院で朝1番に行っても2、300人待ちはザラな上に、医師も担当制ではない為、丁寧ではあるが時間のない中に事務的な対応でした。

・医療技術

技術に関しては毎日もの凄い人数の患者さんを相手にしているだけあって、看護師さんは皆採血も上手でした。

・医療設備

設備は新しく最新の物が揃っています。治療を受けていて困った事はありませんでしたが、入院設備がない為、遠方から来た人も一様に終わったら1-2時間で帰されてしまう為、入院設備があればいいのにと思いました。

・待ち時間

いつも朝1番8:30に行ってももの凄い混んでいて、やっと12時過ぎに呼ばれて5分間の診察といった状態でした。

・スタッフの対応

だいたいのスタッフさんは親切でとても丁寧な対応をしてくれました。ネットで中にはびっくりする位失礼な対応をするスタッフさんがいると書かれていましたが、行ってみると実際数人いつも不機嫌でどの患者さんに対しても厳しい対応をする人がいました。

・費用

年齢がいっていたので料金の安い成功報酬型のプランは使えず、一回につき40万強、合わせて3回通ったのでトータルで120万強です

参照:加藤レディスクリニックの不妊治療口コミ

37歳の妊活、不妊治療体験談②

37歳の時に、キネマARTクリニックに通院された女性の体験談です。

不妊治療の状況

治療開始:37歳

治療期間:1年~2年

通った病院数:1つ

現在の状況:妊娠中/出産済

不妊治療を開始したきっかけ

35歳を超えてから、子どもが作れる状況になったけど、なかなかできなくて、40になるまでには子供が欲しかったので。20代の同僚が通い始めて話を聞いているうちに私も行かねばと思いました。子供がいない生活でもよかったけど、後々、子どもを産まなかったことを後悔しないように、できるだけのことはしておきたいと思ったので

キネマARTクリニックを選んだ理由

同僚でキネマARTクリニックに通っている人がいたから。通いやすい場所にあって、ネットでの口コミ評判もよく実績もありそうだったので。

キネマARTクリニックの体験談

・医師の説明

基本的に混んでて待ち時間が長いので、医師はとても簡潔に説明します。ある程度、こちらが事前に勉強していかないと理解できないこともあります。

・医療技術

1年以上かかりましたが、無事妊娠できましたので、きっと確かな技術があったのかなぁと思ってます。同僚も数人、この病院に通い、無事懐妊しました。

・医療設備

他に妊娠中などに通った婦人科と比べて、すごく最先端というわけはないけれど、いつも乗る診療代など、比較的新しそうな設備と感じました。きれいなビルに入っていたので、なんとなく設備もきれいに感じるこたができました。

・待ち時間

予約制ですが、基本的に1時間待ちは覚悟でした。混んでいる日は、座るイスもなくなり、立って待たないといけないときもありました。

・スタッフの対応

スタッフの対応は、とても丁寧で繊細です。かかった金額も口頭ではなく、計算機に表示したのを見せて、まわりにはわからないようにしています。電話対応も丁寧ですし、いつも大きな声や私語もなく、落ち着いた対応です。

・費用

人工授精11000円を8回で、88000円。タイミング法の指導をしてもらうための問診が、1回3000円ぐらいでした。検査や、子宮除去などで総額30万円くらいです。

参照:キネマARTクリニックの不妊治療口コミ

37歳の妊活、不妊治療体験談③

37歳の時に、ファティリティクリニック東京に通院された女性の体験談です。

不妊治療の状況

治療開始:37歳

治療期間:1年〜2年

通った病院数:2つ

現在の状況:治療中断

不妊治療を開始したきっかけ

当時すでに30代後半で婦人病も患っていたし、すぐに妊娠したかったから病院へ行きました。同じ職場に妊活をしてすぐに授かった人がいて、自分も医師のアドバイスが欲しかったのです。婦人病のせいでなかなか妊娠できないと思っていたし、妊娠するのが一番の治療法だと医師に言われました。もちろん子供が欲しかったし、最後のチャンスだと思ったからです。

ファティリティクリニックを選んだ理由

ファティリティクリニック東京が職場にとても近く、お昼休みに気軽に行けたからです。ネットで調べてみたら、かなり評判の良い病院でもありました。

ファティリティクリニックの体験談

・医師の説明

比較的若い先生だったので、丁寧で礼儀正しい感じでした。聞かれたことにも面倒がらずに全て答えて下さる先生でした。

・医療技術

卵管が詰まっているかどうかの検査で、医師によっては気分が悪くなるような痛くてかなり荒い検査をしますが、こちらの医師はよく分かっているようで、非常に丁寧でした。

・医療設備

卵管が詰まっているかどうかの検査では、ちゃんと個室にてプライバシーが保てました。他院では下半身まる出しで、看護師さんが何人かいる前を検査台に向かって歩かないといけませんでした。

・待ち時間

事前に予約が取れるのでひどく待たされることはありません。順番が近づいてくると、メールでお知らせするサービスかまあります。

・スタッフの対応

言葉使いも丁寧ですし、忙しくてピリピリしているということはありません。いつも穏やかに優しく接してくれますので、嫌な思いは一度もしたことはありません。比較的若いお嬢さんたちが応対してくれます。電話も丁寧です。

・費用

エコーの検査が一回1500円くらいで、問診は1000円くらいでした。精液チェックは3000円くらいでした。

参照:ファティリティクリニック東京の不妊治療口コミ

37歳の妊活、不妊治療ブログ

37歳から不妊治療を始めた女性のブログです。旦那さんが男性不妊でないか確かめるために一緒に検査に行く様子がリアルに書かれていて、イメージがしやすいかもしれません。

精液検査は院内の男性専用ルームで採取するか検査時間の3時間内に採取したものを提出。家にて採取して持っていきました。オツカレサマデス採血は説明会の1時間ほど前に。どちらも異常なしとのことでした。

不妊治療は費用やストレスなど不安になることが多いといいます。そんな状況の中でもブログ筆者は頑張ろうと奮起する様子がうかがえます。

今までの数か月の通院費が痛かった。ずっとタイミングでだめだったんだから強く言ってでも早めに切り替えてもらうべきだった。

さあ、これからだ・・・。時間もお金も制限ある中でがんばらねば。

ブログ筆者は体外受精や黄体検査など様々な検査を受けているそうで、診察で言われたこと、注意点などをコメントしていて参考になる部分が多いかもしれません。

診察で言われたのは

  • 今夜点鼻薬を決まった時間に使うこと。
  • 次の日(採卵前日)座薬を使うこと。
  • 当日は3時間前は飲食禁止、化粧、マニキュアも落とすこと
  • 精子は来院3時間以内に採取

あと、排卵を押さえるための注射も打ちました。

デュファストンとは黄体ホルモン剤で、不妊症の薬や妊娠初期にも使われる薬のようです。服用しているうちは生理がこないようです。1日3回服用。忘れずに飲まないと。

参照:けむけむ37歳からの不妊治療ブログ

30代後半の妊活、不妊治療コラム

37歳の妊娠確率とは?

女性の年齢と妊娠確率には密接な関係があると言われています。女性は加齢とともに卵子の量が少なくなり、質も低下してしまいます。卵子の量と質の低下は自然妊娠だけでなく、体外受精での妊娠確率を低下させることになるそうです。

上記は年齢別の自然妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると37歳の女性が、妊娠をするために排卵日に性交渉をした場合の妊娠確率は「約15%」ということになります。これは1回の生理周期あたりの妊娠確率で、1年にある生理周期を12回とすると妊娠することができる確率はより高くなります。ただ、高齢になると妊娠する確率は低くなってくるので、早めに不妊治療や妊活を開始するのが良さそうです。

上記は年齢別の体外受精による妊娠確率を示すグラフです。このグラフによると34歳を境目にして妊娠確率が徐々に低下し、39〜40歳で25%をきり、43歳では10%を下回っていることが分かります。

このグラフによると37歳の女性が、妊娠をするために体外受精を行った場合の妊娠確率は「約26%」ということになります。一般的に30歳から35歳、35歳から40歳の間で妊娠確率は低くなると言われています。まずは不妊検査を受けることから始めてみるのが良いかもしれません。

参照:スバリ分かる妊娠の確率 年齢別グラフを公開

男性不妊対応の病院ランキング(総合評価順)

神奈川県

  1. 愛育レディーズクリニック(南林間駅|総合評価4.3|口コミ11件)
  2. 山下湘南夢クリニック(藤沢駅|総合評価4.3|口コミ7件)
  3. 日本医科大学 武蔵小杉病院 女性診療科 産科(武蔵小杉駅|総合評価4.2|口コミ5件)

福岡県

  1. さのウィメンズクリニック(大濠公園駅|総合評価4.8|口コミ4件)
  2. 古賀文敏ウィメンズクリニック(西鉄福岡(天神)駅|総合評価4.5|口コミ4件)
  3. アイブイエフ詠田クリニック(天神駅|総合評価4.2|口コミ19件)