【不妊治療ネット|不妊治療net】不妊治療口コミ&ランキング 妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる
妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

東京都 江戸川区 のクリニック一覧

0件

東京都 江戸川区 の不妊治療なら不妊治療net

江戸川区(東京)の説明

  • 地域の特徴

    江戸川区は、東京23区の東南端に位置する特別区です。 豊かな河川と東京湾に面した、みどり豊かな水辺の都市であり、多くの親水公園、親水を緑道を整理してきました。 江戸川区の面積は49.09平方キロメートル[3]で、23区で4番目の広さを持つ大都市で、都市部へのアクセスや公園の多さ、子育て世代への充実などの要因から人気の地区です。公園の規模は23区で最大で、加えて水辺の特色ある公園が多く、日本初の親水公園である古川親水公園や都内唯一のラムサール条約登録地である葛西海浜公園があります。 また、夏の催しである江戸川区花火大会は約14000発が篠崎公園先の河川敷で打ち上げられ、日本最大の140万人近くが観客として訪れます。 ベッドタウンとして人気があり、人口は令和になり70万人を超えました。人口増の原因として外国時の増加が顕著で、特にIT技術者のインド人が多く、コミュニティができています。 また、子育てにの力を入れており、3歳児未満の子どもか、多胎の妊婦がいる家庭をサポートする「えどがわママパパ応援隊」は、1時間あたり500円で、食事の支度・室内清掃・育児補助・通院同行といったサービスを受けることが可能です。歳児で保育サービスを利用していない家庭については、1歳になるまでの期間、14時間を限度に無料で利用できるサービスや0歳児を対象に「乳幼児手当」が支給され、月額13,000円を受給できる制度など補助が手厚く、23区の中では比較的住宅費が安価なこともあり、ファミリー層が住みやすい環境になっています。
  • クリニックの特徴

    江戸川区では令和2年4月1日から「東京都特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けている方」に対して、特定不妊治療(体外受精および顕微授精)および男性不妊治療(精巣内精子生検採取法)にかかった保険適用外の医療費(文書料や保険適用の医療費は含まず)7.5万円から30万円までの助成を開始しています。 助成金としては、医療費から東京都が助成した金額を引いた額からそれぞれの治療の上限が助成されます。助成の対象としては東京都と同じく、年齢が40歳未満は6回、43歳未満は3回になります。 また、もしも妊娠ができた場合、出産・子育て応援給付金事業という妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない支援を行うために、健康や育児に関する相談支援を行う「伴走型相談支援」と、出産や子育てに係る費用の一部を支援する「経済的支援」があります。