【不妊治療ネット|不妊治療net】不妊治療口コミ&ランキング 妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる
妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

東京都 荒川区 のクリニック一覧

2件

東京都 荒川区 の不妊治療なら不妊治療net

  • PR

    六本木から徒歩2分。日本一痛くない体外受精を目指すクリニック。平日20時迄、土日も可。

    働く夫婦でも無理なく通院できるよう平日20時まで、土日診療も行うクリニック。 治療では身体への負担を最小限にするため、無痛採卵を実施。 日本一痛くない体外受精を目指しています。さらに、成果報酬型の料金設定で 料金負担を軽減。ネット予約もスムーズに行えるため、通院のしやすさも好評です。

    クリニック取材記事あり

    六本木レディースクリニック

    3.9

    733件

    東京都港区六本木7-18-18住友不動産六本木通ビル6F
    日比谷線「六本木駅」出口2 徒歩2分 都営大江戸線「六本木駅」4b出口 徒歩4分 千代田線「乃木坂駅」出口5 徒歩7分
    0120-853-999
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 男性不妊/無精子症
    • 不妊カウンセリング
    • 駅近
    • 不妊治療専門
    • 不妊検査
    六本木レディースクリニックの写真
    曜日
    午前 ①9-13時 ①9-13時 ①9-13時 ①9-13時 ①9-13時 ③9-12時 ③9-12時
    午後 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ④14-17時 ④14-17時
    夜間

    ※祝日も診療しています ※お電話受付時間 ①13:00まで ②19:30まで ③12:00まで ④17:00まで

    3.0

    3件

    東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
    JR山手線 日暮里駅 徒歩1分
    03-5615-1181
    • 助成金
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 漢方処方
    • 男性不妊/無精子症
    • 駅近
    • 不育症
    • 不妊治療手術
    • 不妊検査
    曜日
    午前 - -
    午後 - -
    夜間 - - - - - - -

    午前/9:00~13:00(受付は12:15迄) 午後/14:30~19:00(受付は18:15迄) △:14:00~16:00(受付は15:15迄) ※金曜・日曜・祝日、休診 ※詳細はクリニックHPを確認、または直接お問い合わせください。

    3.0

    0件

    東京都東京都荒川区町屋2丁目9-21
    京成本線 町屋駅 徒歩約7分 東京メトロ 千代田線 町屋駅 徒歩約6分 都電荒川線 町屋二丁目駅 町屋駅前駅 徒歩約3分
    03-3895-3521
    • 女医在籍
    • 漢方処方
    • 男性不妊/無精子症
    • 駅近
    • 不妊検査
    曜日
    午前 -
    午後 - - -
    夜間 - - - - - - -

    午前 / 9:00〜12:00(受付時間:9:00~11:30) 午後 /15:00〜18:00(受付時間:15:00~17:30) ※婦人科初診外来の受付時間/日程です 休診日/ 日曜・祝日(午後休診:水曜/土曜) 予約/ 不要 ※受診前には必ずクリニックHPを確認、または直接お問い合わせください。

荒川区(東京)の説明

  • 地域の特徴

    荒川区は、東京都下の特別区に指定される23区のひとつで2021年8月1日時点の荒川区の総人口は、21万6,307人となっています。東京23区の中央からやや北東に位置しており、町名の数は東京特別区内で最も少ないという特徴があります。総面積は10.16平方キロメートルで、東京23区内では台東区に次いで総面積の小さい区となっています。 下町としての特色を強く残しながら、工場跡地を活用した大規模な再開発や公園整備が進められ、特に、南千住地区の再開発は都内最大級の規模でとなっています。荒川区では、人口減少が続いていましたが、南千住地域の白鬚西地区や日暮里駅前の再開発事業によりファミリー層安堵比較的若い世代の流入が増え、人口が増加傾向にあります。 荒川区では区の目指す将来像を「幸福実感都市あらかわ」として挙げ、幸福度を荒川区民総幸福度(GAH)を明確にするために数値化し、施策を行う上で、指標として設定しています。 荒川区では、松尾芭蕉の『奥の細道』旅立ちの地としてゆかりがあることや、小林一茶や正岡子規など多くの文人が俳句を詠み、平成27年に「荒川区俳句のまち宣言」を行いました。
  • クリニックの特徴

    荒川区では、区独自の不妊治療に対しての助成はおこなっていませんが、東京都での助成を受けることが可能です。 不妊治療は基本的に避妊をせずに性交を行い、1年間妊娠しない状態をいいます。不妊になり、不妊治療を行う夫婦、もしくは事実婚であることが確認できた妻が40歳以下の男女どちらでも申請ができます。検査開始から1年間が対象時期になり、5万円を上限に夫婦1組につき1回の助成を受けることが可能です。また、こちらに関しては所得制限がかつてはありましたが、解除されています。