【不妊治療ネット|不妊治療net】不妊治療口コミ&ランキング 妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる
妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

東京都 府中市 のクリニック一覧

2件

東京都 府中市 の不妊治療なら不妊治療net

  • PR

    六本木から徒歩2分。日本一痛くない体外受精を目指すクリニック。平日20時迄、土日も可。

    働く夫婦でも無理なく通院できるよう平日20時まで、土日診療も行うクリニック。 治療では身体への負担を最小限にするため、無痛採卵を実施。 日本一痛くない体外受精を目指しています。さらに、成果報酬型の料金設定で 料金負担を軽減。ネット予約もスムーズに行えるため、通院のしやすさも好評です。

    3.9

    711件

    東京都港区六本木7-18-18住友不動産六本木通ビル6F
    日比谷線「六本木駅」出口2徒歩2分
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 男性不妊/無精子症
    • 不妊カウンセリング
    • 駅近
    • 不妊治療専門
    • 不妊検査
    六本木レディースクリニックの写真
    曜日
    午前 ①9-13時 ①9-13時 ①9-13時 ①9-13時 ①9-13時 ③9-12時 ③9-12時
    午後 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ②16-20時00分 ④14-17時 ④14-17時
    夜間

    ※祝日も診療しています ※お電話受付時間 ①13:00まで ②19:30まで ③12:00まで ④17:00まで

    3.6

    6件

    東京都府中市府中町1-18-17コンテント府中1・2F
    京王線府中駅徒歩4分
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 漢方処方
    • 男性不妊/無精子症
    • 駅近
    • 不妊治療専門
    • 不育症
    • 不妊検査
    曜日
    午前 -
    午後 -
    夜間 - - - - - - -

    午前/9:00~12:00 午後/15:00~18:00 ※△の土曜日・日曜日16時までとなります ※月・祝日・年末年始・夏季休暇、休診 ※火~金曜日の受付は17:00までです ※詳細はクリニックHPを確認、または直接お問い合わせください。

    3.2

    8件

    東京都府中市府中町2-5-8 Grace Court Fuchuekimae 101
    京王線府中駅徒歩2分
    • 助成金
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 漢方処方
    • 男性不妊/無精子症
    • 不妊カウンセリング
    • 不育症
    • 不妊検査
    曜日
    午前 - -
    午後 - - -
    夜間 - - - - - - -

    午前/8:30~13:00(12:00最終受付) 午後/15:00~19:30(18:30最終受付) ※木曜・土曜午後・日曜・祝日、休診

東京都の説明

  • 地域の特徴

    東京都は日本の首都であり、行政機関、金融機関や大企業などが集中し、新聞・放送・出版などの文化面、大学・研究機関などの教育・学術面、鉄道網、道路網、航空路などの交通のおいての中心であり、列記とした日本の中心的都市である。 東京都と周辺7県で首都圏を構成している。特に東京圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の総人口は約3500万人に達し、日本の人口の約30%を占める。東京都市園としては世界最大級の人口を有する国際的大都市です。 1603年に徳川家康が幕府を開いた時から中心としてして栄え、現在は全国で最も多い約1400万人が暮らす世界有数の大都市です。日本の総人口の11%を占め、人口密度も高い。 世界的評価も高く、日本の民間研究所が2016年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、ロンドンとニューヨークに次ぐ世界3位と評価された[15]。『エコノミスト』の調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2019年度の調査では、東京都は「世界で最も住みやすい都市」の世界7位、アジア2位に選出された[16]。 また、アメリカのシンクタンクが発表した2020年の世界都市ランキング(GCI 2020)では、ニューヨーク、ロンドン、パリに次ぐ世界4位の都市と評価された[17]。イギリスの機関が発表している2022年の「世界金融センター指数」では、世界16位、アジア7位の金融センターと評価されている。
  • クリニックの特徴

    東京都特定不妊治療費助成事業という国の定めに基づき、都道府県・指定都市・中核市が実施主体している特定不妊治療に要する医療保険が適用されない治療費の一部を助成する制度があります。 条件としては、特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師が判断したこと、指定医療機関で特定不妊治療を受けたこと、「1回の治療」の開始日における妻の年齢が43歳未満、婚姻関係んしくはそれに類する事実が認められたことが挙げられます。 不妊は3人に1人が首都圏に在し、2倍に潜在層がいると考えられていますが、それに見合った不妊治療に対応したクリニックがないのが悩みとなっています。