キーワード一覧
閉じる

当帰芍薬散とは?不妊症・血行不良・冷えを改善?

      2016/02/24

Copy of PPW_kiroihimawari

不妊治療の一環として、漢方薬での不妊症改善を試みる方もいらっしゃいます。東洋医学で使われる漢方は、西洋医学の不妊治療の効果を阻害することはないようで、さらに不妊治療で処方された薬の副作用を緩和してくれる作用も期待できると言われています。

今回は、不妊治療における漢方の定番とも言われる「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」についてご紹介します。

不妊症の原因と当帰芍薬散

妊娠には多くの血液が必要となるようですが、女性は月経によって多くの血液を失ってしまいます。この血液が不足している状態は、漢方用語で「血虚(けっきょ)」と呼ばれています。そして、体内の水分が上手に排出できずに、余分な水分が溜まってしまっている状態を「水毒」と呼び、水毒になると体を冷やしやすく血液の循環が悪くなるようです。漢方では、血虚と水毒の2つが不妊症の原因の一因になると考えられています。そして当帰芍薬散は、この血虚と水毒が原因と考えられる不妊症に対して処方されることが多い漢方のようです。

当帰芍薬散の働き

当帰芍薬散は、体中の血行を良くし体を温めることで、貧血症状を改善する働きがあると言われています。またホルモンバランスを整えたり、痛みを緩和したりする効果も期待できるようです。そのため当帰芍薬散は不妊治療における定番の漢方と考えられています。また、「精神的に不安定」「イライラしがち」「顔色が悪い」などの症状をともなった不妊症にも処方されるようです。

当帰芍薬散は一般的に、冷え症で色が白い方や体力があまりなく痩せ型の女性に向いている漢方だとされています。そのため不妊症のほかに、体の冷えや疲れ、生理痛、生理不順、貧血、むくみ、めまい、更年期障害などの症状がひどいときにも処方されるようです。

当帰芍薬散が合わない症状

一方、下記の症状があれば不妊症の方でも当帰芍薬散は処方されないことがあると言われています。

①胃腸が弱い

②食欲がない

③嘔吐や下痢、吐き気などを起こしやすい

当帰芍薬散で出やすい副作用は、胃痛や胃もたれのようです。そのためこれらの症状がある場合は、当帰芍薬散が処方されないのでしょう。