キーワード一覧
閉じる

鍼灸で身体の内側にはたらきかける|不妊治療における鍼灸とは

      2016/12/01

灸

不妊治療には様々なアプローチがありますが、投薬などの西洋医学だけでなく、鍼灸などの東洋医学も不妊治療に対する効果があるそうです。最近では西洋医学との併用が進んでおり、クリニックや病院と提携している鍼灸院もあるそうです。そこで今回は鍼灸がどんな治療法で、どんな効果があるのかをご紹介したいと思います。

不妊治療と鍼灸①|鍼灸治療って何をするの?

鍼灸治療ときいても何をするのかわかりにくいですが、針治療やお灸と言えばイメージ出来る人は増えるかもしれません。「痛そう・・・」と思う人が多いそうですが、実際にはまったく痛みはないとのことです。鍼灸治療というのは、身体にあるツボを刺激する治療です。東洋医学ではツボが健康を司っていると考えるそうです。そのため、鍼灸でツボを刺激することによって体の調子を整えます。不妊症の原因は様々ですが、鍼灸は様々な不妊症について改善効果があると言われています。

不妊治療と鍼灸②|不妊と鍼灸治療の関係性

鍼灸治療は、不妊の改善にどうつながるのでしょうか。東洋医学において不妊とは、”妊娠するための身体ができていない”状態という解釈になります。特に最近は、冷えによる血行不良が様々な女性特有の症状を引き起こしているとも言われています。貧血や月経異常、無排卵、ホルモンバランスの乱れなどが、血行不良が一因で起こる不妊症の原因のようです。鍼灸では、ツボを刺激したり、温めたりすることによって、根本的な冷えを解消することができると言われています。結果として血行が良くなり、様々な不調な症状が改善してくる場合が多いそうです。

不妊治療と鍼灸③|女性鍼灸師を指名することができる

最近では、女性鍼灸師が増えてきていると言われています。特に不妊治療をメインに扱っている鍼灸院では、女性鍼灸師の在籍率が高いようです。在籍している場合は、初診の予約の際に女性鍼灸師を指名することができるようなので、確認してみると良いかもしれません。不妊の症状はデリケートな内容ですが、女性の方であれば女性鍼灸師が相手であるほうが相談しやすいでしょう。また、女性鍼灸師は相対的にソフトで繊細な技術があると評判も高いようです。鍼灸医院はインターネットや情報誌などでも広告を出していることが多いと思いますので、事前に情報収集すると効果的でしょう。

参考:東京の不妊鍼灸8選|鍼灸院の口コミまとめ