キーワード一覧
閉じる

40代の不妊治療の進め方|時間との戦いになる?

      2016/02/21

jj

35歳以上の不妊症を一般的に高齢不妊と言います。最近では晩婚化の影響で30代の初婚が多いようで、妊活の開始が40代になってしまう方も増えていると言われています。
今回は40代の不妊治療の進め方についてご紹介します。

40代の不妊治療|治療の方法

40代の不妊治療では、不妊検査やタイミング法を行いつつ、早い段階で体外受精を勧められることが多いようです。体外受精での妊娠率は40歳で20%、43歳では10%、45歳以上では5%を切ってしまうという統計的なデータもあります。そのため40代での不妊治療は時間との戦いのようです。不妊治療を受けながら日々の生活サイクルを見直したり、自分自身が健康を意識していくことが大切かもしれません。

40代の不妊治療|高齢妊娠のリスク

高齢出産の場合、高血圧・尿タンパクなどの症状が出る妊娠高血圧症になりやすいとされています。さらに40代の高齢妊娠では、妊娠に至っても流産をしてしまう確率というのが上がると言われています。しかし、高齢不妊への正しい理解や自己の健康管理によって、このようなリスクを減らすことができるそうです。最近では、不妊治療開始前に事前カウンセリングをおこなっている病院やクリニックが多いので、治療内容やリスクについて質問してみるのも良いかもしれません。

40代の不妊治療|高齢不妊のポイント

妊娠確率が低いとされる40代の不妊治療ですが、生活習慣を改善することで妊娠確率をあげることができると言われています。具体的には、早寝早起きを徹底することや食生活を見直すことが重要なようです。早寝早起きはホルモンバランスの調子を整えるとされていて、質の良い卵子を生成しやすくするそうです。
30代〜40代というと仕事や家事が忙しく生活習慣が乱れがちですが、心身ともにリフレッシュの時間を多めにとってみてもよいかもしれません。