キーワード一覧
閉じる

タイミング法まとめ|成功率は?費用、流れは?

      2018/02/16

1a708c46990b629fe49eab84b581cba9_s

今回はタイミング法についてまとめています。不妊治療と聞くとハードルが高いように感じるかもしれませんが、タイミング法は自然妊娠とほぼ同様で身体への負担も少ないため、多くの医師がまず勧める不妊治療法であるようです。

タイミング法とは|不妊治療の最初のステップ

不妊治療には、大きく4つのステップがあります。タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精というステップがありますが、今回取り上げるタイミング法は不妊治療の最初のステップとされています。それぞれの不妊の原因や状況によっても異なりますが、不妊治療は一般的にステップアップ式で進んでいくことが多く、最初は自然妊娠に近いタイミング法から治療を始め、一定の期間で成果が得られない場合には、治療の段階を上げていくことが多いようです。

タイミング法とは|成功率はどれくらい?

不妊治療と聞くと、人工授精や体外受精を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし自然妊娠に近いこのタイミング法は、不妊治療専門クリニックで一番多く行われ、最も妊娠の確率が高い方法とされています。不妊因子のないカップルがタイミング法を行った場合の妊娠率は、1年後には約90%にもなると言われています。病院やクリニックで医師からタイミング法の指導を受け、実行しただけで妊娠する方も多いそうです。

タイミング法とは|どんな流れで行うの?

タイミング法はその他の不妊治療と異なり、基礎体温をはかり、排卵日を予測して性行為を持つという点では自分で行うことも可能です。しかし、排卵日の予測は自分ではなかなか難しいものです。ここでは、医師の指導のもとで行う、タイミング法の基本的な流れをご紹介します。

タイミング法の流れ

1. 月経中もしくは月経直後に病院に行き、超音波検査でおおよその排卵日を予測する
一般に、月経開始の2週間後前後が排卵日となりますが、超音波検査で卵巣の様子や卵胞の育ち具合を確認しながら、排卵日を予測します。

2. 予測された排卵日の直前に、再び病院で超音波検査を受診する
超音波検査では、卵胞の大きさと子宮内膜の厚さを測ることでより正確な排卵日の予測ができるようです。

3. 医師が予測した排卵日の2、3日前に性交をする
卵子に比べると精子は寿命が長く、妊娠率を高めるために、排卵日の前から性交を行うように医師から指導されることもあるようです。

4. 排卵日の数日後にもう一度超音波検査を受け、排卵が行われたか確認する
排卵予定日の数日後に再度検査を受診し、卵巣と子宮内膜の状態をチェックします。

以上がタイミング法の1周期の基本的な流れです。この流れを読んで、超音波検査って痛いの?一番妊娠しやすいのは排卵日当日じゃないの?といった疑問が浮かんだ方も多いのではないでしょうか。さらに詳しく見ていきましょう。

超音波検査とは?

タイミング法では超音波検査が使われます。超音波検査は正式には「経膣超音波検査」と呼ばれ、プローブを膣内に挿入し、超音波(エコー)を照射することで、その反射波から卵巣や卵胞をチェックする検査のようです。放射線を使わず、痛みも伴わないことから安心して受診することができると言われています。

最も妊娠しやすいタイミングはいつ?

排卵日当日が最も妊娠しやすいと思われている方も多いと思います。妊娠の可能性が高まるのは排卵日の5日前から排卵日当日までの6日間で、最も妊娠の確率が高いのは、実は排卵日の2日前だったという研究結果もあります。

セックスのタイミングと排卵日

これは、排卵された卵子は1日しか生存できない一方で、体外へと放出された精子の寿命は約2~3日とされているためです。排卵日の2、3日前に性交することで、放出されて待機していた精子が、排卵日に排卵される卵子と出会い、受精につながるという流れのようです。

タイミング法とは|費用はどれくらいかかる?

タイミング法の相場は1回あたり5000円程度と言われていますが、安いところでは2000円で受診できるところもあるようです。また、月に1回までなら保険が適用されるので不妊治療の中では比較的安価な治療法であり、2~3万円で不妊治療を終えるケースもあるそうです。ただし、病院によっては保険が適用されないところもあるようなので、事前に確認しておくことをおすすめします。

費用

不妊治療の初期からでも、費用捻出の方法を知っておく

タイミング法以外は一般的に高額になり、タイミング法の1回あたりはほかの治療法に比べると安く感じるかもしれません。ですが、タイミング法も半年、1年と続ければ総額で見ると決して安くはない額になっていくと思います。また、タイミング法からステップアップしようとしたときに、高額な治療費のために治療を断念するというケースもあるようです。
治療を受けたいけれど費用を捻出できないという方は、助成金や医療費控除、不妊治療専用のローンなど、活用できるのに、活用しきれていない制度があるかもしれません。以下の関連ページでそれぞれ細かく紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

(参考)
▶不妊治療の費用について|平均費用、助成金、保険適用は?
▶医療費控除の申請方法について|確定申告が必要?
▶治療費に悩んでいる方必見。不妊治療ローンとは?

タイミング法とは|仕事と両立できる?

自分で排卵日を予測してタイミング法を実践する場合は、仕事に支障がでることは少ないといえそうです。医師の指導に基づいてタイミング法を行う場合は、それぞれのケースによって通院回数が異なるようです。

タイミング法と仕事との両立|通院回数は?

受診回数が少ない場合でも初めは、初診、排卵日の予測、排卵の確認といった3回の受診が必要になるようです。卵胞の成長が遅い、あるいは不規則な場合は、卵胞の大きさを確認する超音波検査を何度か行い、さらに正確な排卵日を予測するために通院回数が増えることもあります。

タイミング法と仕事との両立|自己流?通院?

自己流で通院しないという選択肢を取る人もいると思います。通院することに対して職場の理解を得られそうにない、仕事のやりがいを失いたくない、金銭的な理由からなど、人それぞれ妊活・不妊治療と仕事の狭間でどちらを優先すべきか葛藤があるかもしれません。仕事との両立については、次項のタイミング法の注意点も参考にして、実践方法を決めてみてはいかがでしょうか。

タイミング法で注意すべきことは?

タイミング法は安価であるにも関わらず妊娠率が高く、身体への負担も少ないのでメリットばかりに思えます。しかし、タイミング法にはいくつか注意点もあるようです。

注意点①年齢とタイミング法を実践する期間

タイミング法の妊娠率は1周期当たり20%程度で、成功するまでには5、6周期かかるケースが多いそうです。そのため、高齢不妊に差し迫っている夫婦の中には、タイミング法を避け、より高度な治療から開始する人もいるようです。ドラマ「隣の家族は青く見える」でも、深田恭子さん演じる35歳の奈々は、医師から「もう20代ではないので」という理由でタイミング法を行うのは2、3周期にしましょうとの指導を受けています。他の治療法と比較して妊娠率が高いと言われているタイミング法であっても、年齢とともに妊娠率が下がるということ意識しておくのがよさそうです。

注意点②自己流で妊娠のチャンスを下げてしまうことも

自己流のタイミング法では適切なタイミング法を実践することが難しく、1年に12回しかない妊娠のチャンスを無駄にしてしまう恐れがあるようです。上記のように高齢妊娠にあたる場合は、6周期続けずに医師から次のステップ=人工授精などへの検討が勧められることも多いそうです。タイミング法の成功率を上げるためにも、早めに医師の適切な指導を受け、自分の体の状態を把握しながら実践することを検討するのが良いかもしれません。
(参考)
▶タイミング法は自分に合う?不妊治療を効果的にするポイント3つ

タイミング法|成功のカギは夫婦の協力?

ほかの不妊治療法においても当てはまりますが、タイミング法を効果的にするには、夫婦関係を良好に保つことがより大切だと言われています。

男女ともにストレスを抱えている?

タイミング法を実践しようとすると、妊娠のチャンスを逃さないように、妊娠確率の高い日にセックスをすることになりますが、それが子作りのための義務的な行為となってしまうと、お互いにストレスを感じかねません。
また、男女間では妊活・不妊治療の考え方や受け止め方が異なることもあり、気持ちのすれ違いが生じやすくなると言われています。女性は男性を「無関心」「協力してくれない」「冷たい」と感じてしまい、男性は「タイミング法」や医療施設での採精にうんざりしてしまうということもあるようです。そうしたストレスは、精子の質やホルモンバランスに悪影響を及ぼすこともあると言われているのです。
(参考)
▶ストレスの発散法は?|不妊治療で感じるストレスの原因

お互いの立場になって考えてみる

ドラマ「隣の家族は青く見える」の1、2話でも、松山ケンイチさん演じる夫の大器が、妊娠のために性交をしなければいけないというプレッシャーやストレスを感じている場面が何度か出てきています。妊活や不妊治療に対する意識が、男性・女性それぞれの視点で描かれているので、お互いの気持ちを理解する手助けとして参考にしてみるのも良いかもしれません。
お互いにとって愛情のあるセックスは、心理的に満たされるだけでなく、妊娠しやすくなるとも言われています。タイミング法で妊娠の確率を上げるには、夫婦での思いやりが何より大事だと言えそうです。
(参考)
▶妊娠しにくい夫婦に多い4つの特徴とは?