キーワード一覧
閉じる

普段の生活が鍵になる?|女性の性機能障害とは

      2016/02/03

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s

女性の悩みとして多く挙げられるのが性機能障害です。女性の約30~50%は、生涯のいずれかの時点で性機能の問題を経験すると言われています。主に女性の性機能障害は、心の問題が原因となっていることが多いそうです。女性は、性的欲求の前に信頼関係を求めると言われています。つまり、女性の性機能障害は、パートナーと信頼関係を築き、リラックス状態でいることがとても大切だということです。今回は女性の性機能障害についてまとめています。

女性の性機能障害とは|女性のことを理解する

性機能障害とは、性的関心や性欲の欠如、性的興奮やオルガスムを感じにくい、または性交時の痛み、腟周囲筋肉の収縮などの症状が出ることをいいます。女性の性機能障害は普段の生活の中でのイライラや、憂鬱感が原因になることが多いそうです。

例えば、夫婦で喧嘩をしていて、仲直りをしようとして性行為をしようとする男性が多いといいます。しかし、女性はそういう時に痛みを感じてしまうことがあるそうです。そこには男女間の性行為に対しての認識の違いが大きく影響していると言われています。一般的に男性は身体的快感、愛、行為などから性行為を求めるようですが、女性は感情的な親密さ、幸福感などの感情的な欲求を満たすために性行為を求めるそうです。こうした男女間の認識の違いを理解せずに、パートナーにアプローチすると、性機能障害である性的関心や性欲の欠如につながり、夫婦関係の悪化にまで影響が及んでしまうかもしれません。

女性の性機能障害とは|女性のストレスを和らげる

家庭や仕事、妊娠などの日常のストレスから女性の性機能障害は生じることが多いと言われています。一般的に女性は、男性よりも周囲に気を配って生活しているそうです。それがストレスになってしまい性機能障害を引き起こすことも少なくないといいます。

特に、自宅は家事や家計の管理などで、悩みを抱える場面が多いそうです。そんな時に、男性が女性のストレスを少しでも和らげてあげられると良いかもしれません。仕事の話を親身になって聞いてみたり、たまには休日にショッピングや夜景が見える場所に出かけてみたりなど、ストレスを減退させる、またはストレスを発散させるための気配りが重要だといいます。

女性の性機能障害とは|一緒に過ごす時間を増やす

女性の性機能障害は結婚生活が長く、家の中で一緒にいる時間が少ない夫婦に多いと言われています。いつもパートナーが家にいるのが当たり前になり、お互いがお互いを異性としてみることができなくなることが主な原因のようです。これには、意識的にパートナーと一緒にいる時間を増やすことが有効な解決策になると言われています。女性は一緒にいる時間が長い相手ほど、信頼し、愛情を向けるそうです。男性は少しでも早く家に帰り、食事を一緒にとるなどの気遣いをしてみるのが良いかもしれません。