キーワード一覧
閉じる

プライドが治療の邪魔をする?|男性の性機能障害とは

      2016/02/02

827d19370decea83764c6987f7d04708_s

不妊症というと女性特有のものだと思われがちですが、実は不妊症の原因の半分は男性にあると言われています。最近は、女性だけではなく、夫婦揃って不妊治療を行うという方も多いそうです。今回は男性不妊のひとつである性機能障害についてまとめています。

男性の性機能障害とは|男性の性機能障害の種類について

男性の性機能障害とは、射精に至るまでの過程に異常がある状態を言うそうです。この男性の性機能は、「性欲・勃起・射精・オルガスム」の4つに分けられるといいます。4つのうちのどれかが欠けていると男性不妊になってしまうようです。この場合、精子自体には問題がないので、主に性機能を回復させるための治療が行われると言われています。しかし、性機能障害は男性自身のコンプレックスになりやすく、心理的なカウンセリングも用意されているそうです。

男性の性機能障害とは|勃起障害(ED)について

男性の性機能障害の中では、勃起障害(ED)が多いと言われています。勃起障害は不妊治療専門クリニックや病院、泌尿器科での治療を受けることによって改善するそうです。

具体的にはバイアグラ・レビトラ・シリアスの服薬で機能が改善するといいます。勃起不全は男性のプライドや羞恥心から、治療そのものよりも、治療を受けるまでが難しいそうです。勃起不全は治療成功率が高いと言われていますので、早めの受診が大切かもしれません。ただし、健康保険は適用外であり、錠剤は錠あたり1200-2000円だと言われています。

男性の性機能障害とは|おかしいなと思ったら

性機能障害で起こりやすいのが、膣内ではオルガズムを感じることができず、射精ができないという症状です。人によってそれぞれの原因に違いがあることが多いようで、一概に原因をあげることが難しいと言われています。近年では男性不妊専門の医師などもいるそうなので、「おかしいな」と思ったら病院やクリニックに行ってみるのが良いかもしれません。