キーワード一覧
閉じる

楠原ウィメンズクリニックの不妊治療口コミ vol.5

      2016/07/22

32歳女性  楠原ウィメンズクリニックの口コミ・評判 体験談

子宮卵管造影法(HSG)について
楠原ウィメンズクリニック(東京都 中央区)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
4
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 4
スタッフの対応: 5
関連キーワード:不妊検査

female icon
治療開始:32歳
治療期間:6ヶ月以内
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
もともと子どもを産む予定はなかったが、徐々に子どもが欲しくなりました。過去に感染症の経験があったので、近い将来、自分が子どもを産める体なのか確認しておきたかった。ネットでいろいろ調べたところ、不妊治療の一環で、子宮卵管造影検査というものがあると知り、検査をしている都内の病院を調べ、こちらの病院がヒットしました。

【不妊の症状・原因】
不妊の自覚はなかったので症状はありません。妊娠できる体であるか確認しておきたかったので、検査を受けに病院へ行きました。

楠原ウィメンズクリニックは、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2011年12月頃から2015年10月頃まで、1-2回通院しています。

【病院を選んだ理由】
子宮子宮卵管造影法(HSG)の検査を実施している病院をサイトで調べて出てきたので伺うことにしました。銀座にあるのも便利でした。

【医師の説明】
過去の感染症のお話など含めて、将来的に子どもを産める体か確認したい相談をした結果、子宮卵管造影法(HSG)をしてみましょうということになりました。お医者様は男性で、淡々とお話しいただきましたので、こちらも緊張はしていましたが、それ以上不安になることもありませんでした。検査手順についてきちんと説明頂きました。時間もさほどかからず、痛みも伴いますと伺いました。また、この検査のあとの3か月間は卵管が通りやすくなって着床しやすいゴールデン期間になりますから、チャンスですよとアドバイスいただきました。

【医療技術】
子宮卵管造影法(HSG)卵管が正常に疎通しているかどうかを検査する方法を行いました。狭い部屋でベッドに寝かされたときは、とても緊張しました。何が起こるか…という不安からです。時間は10分程度だったと思います。風船のように腹部がどんどん張っていくような感覚で、痛みは思った以上にありました。看護婦さんがそばにいて声をかけてくれるので、なんとか我慢できました。が、検査の後も痛みがひどかったので、看護婦さんに伝えると、別室へ案内していただけました。30分ほど、ベッドに休ませてくれて大変助かりました。痛みの度合いは、生理痛のひどい状態が近いと思います。痛みは個人差もあるそうなので、私の場合はそのような痛みでした。

【医療設備】
専用の器具などたくさん置かれておりましたし、検査もスムーズでしたので、不安はありませんでした。また、銀座の雑居ビルの中にクリニックはありますが、中はとても清潔感があり、明るくキレイです。数年前の記憶ですが、飲み物もフリーで置かれていたと思います。

【待ち時間】
平日に伺いましたが、予約制ではないので初診は待たされました。初診の場合はアンケートなど記入などもあるので、時間に余裕をもっていった方がよいかと思います。検査日は待ち時間は少なかったのですが、雑誌や飲み物があるので、時間つぶしに困ったことはありませんでした。

【スタッフの対応】
先生も付き添いの看護婦さん受付の方も、とても感じのいい方ばかりで、緊張して伺いましたが、特に看護婦さんは優しく対応してくださったので、気持ち的に大変救われた記憶があります。何かわからないことがあって聞いても、親身に答えてくれます。

【費用】
1つの検査のみしかしていないので、子宮卵管造影法(HSG)検査料の8000円+翌日の診察料でトータル1万円程度だったと思います。