キーワード一覧
閉じる

妊娠しやすくする方法まとめ

      2016/02/23

im7429

不妊症を克服して妊娠するにはクリニックでの不妊治療はもちろん、日常生活の中でも妊娠しやすくする方法を取り入れるのも効果的だと言われています。今回は、妊娠しやすくするためにできる簡単な運動やすぐに始められる習慣などを紹介します。

妊娠しやすくする方法①|ストレッチで子宮と卵巣の血流を改善

現代は結婚後も仕事をする女性が多く、生活リズムや食生活・居住環境・職場環境などの影響で、血行不良になる人が少なくないと言われています。血行不良は「冷え」につながります。特に女性は子宮が冷えやすく、子宮の冷えは不妊の原因のひとつとも言われるようです。子宮を温めて妊娠しやすくなる妊活エクササイズとして注目されているものには、骨盤内の子宮と卵巣の血流を活性化させるストレッチがあります。

妊娠しやすくなるには、ストレッチも一度きりではなく継続が大事と言われています。「妊娠するには毎日やらなくては」とプレッシャーに感じるとそれがストレスになりかねないので、まずは週3回程度を目標に、徐々に始めていくのがよいと言われています。テレビを見ながらでも良いですし、音楽を聞きながらでも良いですね。特に骨盤のあたりを意識しながら、十分に体を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

妊娠しやすくする方法②|パートナーとの妊活マッサージで効果アップ

妊娠しやすくなるには、できるだけストレスをためないことが大切だと言われています。精神と身体は影響し合うため、夫婦生活を円満に保つことも妊活において大事なポイントのようです。

そこでおすすめされているのが、パートナーと互いにマッサージをしながらコミュニケーションを取り、2人の精神的な絆を深めるペアマッサージです。妊活マッサージの目的は血流を活性化させ妊娠力を高めるというのがメインですが、ペアマッサージは精神的にもよい効果があるようです。お互いパートナーに触れ合うのは気持ちが良いと思います。足などはむくみやすいですし、肩や首は凝りやすいですし、男性などでは腰が痛くなりやすい人も多いのではないでしょうか。今日はどんなお仕事だったの?今度のお休みは何しよう?などコミュニケーションを取りながらのペアマッサージはおすすめです。

「今日は排卵日だから早く帰ってきてね」と言われると、子づくりを半ば強制されているようで、心も体も萎えてしまいがちです。そこで「今日はマッサージしてあげるから楽しみに帰ってきてね」と、思いやりのある言葉をかけてあげてみるのはいかがでしょうか?2人の関係がさらによくなり妊活に効果的かもしれません。

妊娠しやすくする方法③|普段の座り方も大事

妊娠しやすくするために、妊活エクササイズも大切ですが、何気ない日常生活の中での「座り方」も気にかけておいたほうがよいと言われています。特に「横座り」は、骨盤によくない座り方のようです。横座りは骨盤のゆがみや老化を早めてしまうため、特に妊活中の女性は避けたほうがいいと多くのお医者さんが言っています。また、座るときに足を組むのも同様なので、できるだけ足を組まないか、組むとしてもこまめに左右入れ替えるなどの工夫をするのがよいそうです。

妊娠しやすくするには、”骨盤が要(かなめ)”などという言葉もなんとなく聞こえてくるものです。赤ちゃんを育てるための骨盤・子宮の準備も大切なようです。「常にへその位置をまっすぐにする」ことが、妊娠しやすい健康的な骨盤を保つポイントだと言われています。

良い立ち姿勢、座り姿勢というのは身体のバランスを整えることにも良いとのことです。1日に1回、テレビや雑誌を見ながらでも、「正しい姿勢」というのがどの状態であるのか?ということを意識してみると良いかもしれませんね。

妊娠しやすくする方法④|日常生活からの妊活はプラスワンステップ

日常生活からの妊活、プラス・ワンステップです。これは心がけで十分に効果が出てくると思います。妊娠するには『妊活』と気負いすぎるより、習慣づいているものを少しだけ変えるほうが良い方向に向かっていくそうです。例えば、エレベーターやエスカレーターの利用時には1フロアだけでも階段を使うといったことが挙げられます。のんびり歩く習慣のある人は、その半分だけでも早歩きに変えてみてください。車やバイクで移動している人は、お休みの日にはウォーキングやサイクリングでのお買い物にしてみてはいかがでしょうか。

日常生活のいつもの習慣を少し”身体に良いこと”に変えると、気持ちも変化し、新鮮な雰囲気を味わえると思います。特に骨盤を含め下半身の動きを、プラスワンステップで取り入れるイメージが良いそうです。全身の血流の巡りも良くなり、妊娠しやすくなる身体のサイクルに変わってくると言われています。