【不妊治療ネット|不妊治療net】不妊治療口コミ&ランキング 妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

台東区(東京) のクリニック一覧

2件

絞り込み/再検索する

2件

  • PR

    平日20時迄。銀座・有楽町から徒歩2分!不要な来院・待ち時間は最小限!

    仕事と両立しやすい不妊治療を目指し、平日は20時迄、土日も14時半まで診療。 遠隔診察システムやウェブ予約システムなどを導入し、通院負荷を軽減。フルタイムの方でも仕事と両立しながら体外受精・顕微授精が可能。銀座・有楽町・銀座一丁目から駅近で便利です。

    クリニック取材記事あり

    銀座こうのとりレディースクリニック

    銀座駅から徒歩3分。仕事をしながら通いやすいクリニック。

    3.1

    4件

    東京都中央区銀座1-3-9マルイト銀座ビル7F
    東京メトロ有楽町線有楽町駅徒歩2分
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 男性不妊/無精子症
    • 駅近
    • 不妊治療専門
    • 不妊検査
    銀座こうのとりレディースクリニックの写真
  • よしひろウィメンズクリニック 上野院

    3.4

    2件

    東京都台東区東上野2-18-6 ときわビル2F
    東京メトロ日比谷線上野駅徒歩1分
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 不妊治療専門
  • 秋葉原 ART Clinic

    3.4

    1件

    東京都台東区上野1-1-12 ユニゾ末広町ビル3F
    JR山手線御徒町駅徒歩4分
    • 女医在籍
    • 助成金
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精
    • 凍結保存
    • 漢方処方
    • 駅近
    • 不妊治療専門
    • 不妊検査

台東区(東京)の説明

  • 地域の特徴

    台東区は、東京都の区部北東部に位置する特別区で面積は23区の中で最も小さい区となります。 上野・浅草の二大繁華街を擁し、江戸期から続く観光の町として栄えてきた歴史があり、また事業所が密集しているなど経済面が発展した都市となっています。 国内有数の観光地として人気があり、特に浅草の1400年の歴史ある謙三応物である浅草寺は東京の中でも日本情緒が味わえる地区として外国人観光客に人気があります。 また、芸術としても栄えている街で上野にある上野公園には東京国立博物館など日本を代表する美術館や博物館が集積しているほか、東京芸術大学が付近に立地しており、こちらも慣行委客に人気の高い街となっています。余談だが、浅草の外れにある吉原は江戸時代から吉原遊廓があった名残で現在でも日本一の風俗街となっている。 台東区では2016年3月に「台東区観光振興計画」を策定し、今後増加が予想される外国人観光客が快適に観光できる環境整備を進めているほか、区民生活との共存をはかる持続的な観光振興を実現するため、新たな観光推進組織(DMO)の検討を台東区、地元観光関連団体、商店街や公共交通機関等で一丸となって進めている。 交通としては上野駅が「東日本の玄関口」といわれ東北新幹線、上越新幹線、長野新幹線や在来線もJR、私鉄、地下鉄の通っている日本を代表するターミナル駅です。
  • クリニックの特徴

    台東区では、東京都特定不妊治療費助成事業により助成を受けた特定不妊治療について、医療保険が適用されない治療費の一部を助成しています。 令和4年4月から、人工授精等の「一般不妊治療」、体外受精・顕微授精等の「特定不妊治療」について、保険が適用されていますが、高額になる医療費を要する特定不妊治療費(体外受精及び顕微授精)にかかる費用は保険適用外でした。経済的負担を軽減する制度が台東区には整っています。 助成対象者は ・1 平成24年4月1日以降に治療を開始していること 2 東京都特定不妊治療費助成事業の承認を受けていること   外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都特定不妊治療費助成制度(外部サイト) 3 申請時に台東区に住民登録があること 4 他の区市町村から特定不妊治療費助成を受けていないこと 5 治療開始日時点の妻の年齢が43歳未満であること ※令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦であって、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期した場合は、妻の年齢が44歳に到達する日の前日までの間に限り対象者となります。 助成限度額は2万5千円から5万円までになります。治療区分としては、 A:新鮮胚移植を実施  B:凍結胚移植を実施(採卵・受精後、間隔をあけて母体の状態を考えてから    胚移植を行うとの当初からの治療方針に基づく治療を行った場合。)  C:以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施  D:体調不良等により移植のめどが立たず治療終了  E:受精できず、又は胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精等により中止  F:採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止  となります。