キーワード一覧
閉じる

武蔵野赤十字病院の不妊治療口コミ vol.2

      2016/07/22

35歳女性  武蔵野赤十字病院の口コミ・評判 体験談

不妊専門ではないが婦人科としては高度医療を受けられる病院
武蔵野赤十字病院(東京都 武蔵野市)

総合評価

3.0

医師の説明:
3
医療技術:
3
医療設備:
3
待ち時間:
2
スタッフの対応:
3
医師の説明: 3
医療技術: 3
医療設備: 3
待ち時間: 2
スタッフの対応: 3
関連キーワード:30代後半-不妊-妊娠-出産,不妊検査

female icon
治療開始:35歳
治療期間:6ヶ月~1年
通った病院数:2つ
現在の状況:治療中断
【不妊治療を始めたきっかけ】
一昨年子宮内膜症による卵巣のう腫の手術をした。術後の内膜症対策として、妊娠を希望する場合→可能な限りはやく妊娠する、妊娠を希望しない場合→ピルを服用するかを医師にすすめられた。また妊娠を希望する場合でも、卵巣機能がかなり低下していることと年齢(35歳)から判断し、スピード感をもって不妊治療をおこなったほうがよいとすすめられたため。

【不妊の症状・原因】
子宮内膜症による卵巣のう腫の手術をした際に、卵巣機能の低下について指摘があった。その後、タイミングをとっての性交渉をためしたが妊娠が成立せず、やはり妊娠しにくいのだと実感があった。

武蔵野赤十字病院は、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2014年1月頃から2015年4月頃まで、3-5回通院しています。

【病院を選んだ理由】
子宮内膜症による卵巣のう腫で手術を受けるために、地元のクリニックからの紹介で通院を始めました。手術の結果を受けて、不妊に関する可能性を示唆されたため、術後の検査と不妊の相談をかねての通院が始まったという経緯でした。

【医師の説明】
子宮内膜症による卵巣のう腫の手術後、術後の検査のために通院していくなかで、途中からは生殖の専門の先生にも立ち会っていただき不妊に関する可能性について示唆されました。急性期の患者さんが多く混雑しているためじっくり診察して相談にのっていただくという雰囲気ではありませんでしたが、年齢と手術時の状態から不妊治療に関し、早期のステップアップを進めていただいた点に満足しています。

【医療技術】
不妊治療に関しては、タイミングからのステップアップを決めた段階で、近隣の専門クリニックをご紹介いただきました。人工授精や顕微授精などの不妊治療の医療技術についてはこの病院について判断材料を持ち合わせていないため、「普通」とさせていただきます。

【医療設備】
この病院では、タイミング以降の不妊治療を続けることを選択せず、紹介いただいた専門クリニックへの転院を決めたため、具体的な医療設備についての実体験に基づく判断材料を持ち合わせていません。東京都の指定病院リストでは、体外受精可、顕微授精は不可との記載であり、それなりの設備をお持ちではないかと考えます。

【待ち時間】
術後の検査と不妊相談を兼ねて通院しておりました。急性期の患者さんが非常に多くいらっしゃるという特性からか、待ち時間については予約した時間から数時間単位で遅れることもよくありました。

【スタッフの対応】
可もなく不可もなく、の対応だったと思います。病院が混雑していることもあり常に忙しそうでサービスというようなレベルにはたっしていませんが、受付から精算まで必要十分な説明はあり、病院としては充分だと考えます。

【費用】
保険の範囲内でタイミングを数回みていただきました。また、自費でAMHの検査を途中で一度受けたため、合計すると3万円くらいだったと思います。妊娠には至らず、その後、不妊治療のステップアップをかねて専門のクリニックを紹介していただきました。