キーワード一覧
閉じる

体外受精後の妊娠判定|いつわかる?検査方法は?血液検査?

   

168ba4d1a935f7c56e3bf02fabb96ef9_s-min

体外受精の後は、所定の時期になると病院による妊娠判定が行われます。期待と不安が入り混じる「妊娠判定」は、いつどうやって行われるのか?妊娠判定の陽性ってどうやったら出るの?などの疑問をまとめました。

医師による血液検査や尿検査、妊娠検査薬による妊娠判定などの特性に関して知った上で体外受精に臨みましょう。

妊娠判定はいつからわかる?気になる体外受精後の妊娠判定の時期とは

体外受精後の妊娠判定|血液検査や尿検査によって判定します

体外受精で胚移植が成功した後は、着床を待ち、その後妊娠判定によって妊娠できたかを検査します。妊娠判定は、着床すると胎盤から分泌される「hCGホルモン」というホルモンが検出されるかどうかで判定を行います。
実際には、血液検査か尿検査を行うことでhCGホルモンの分泌が行われているかどうかの検査が行われます。
hCGホルモンは妊娠経過を追うごとに分泌量が増えるため、血中もしくは尿中のhCGホルモン濃度を測ることで妊娠したかどうかわかるというものです。

■hCGホルモンとは

妊娠判定に用いられる「hCGホルモン」は妊娠することで活発に分泌される女性ホルモンで、赤ちゃんが出してくれる「お腹にいるよ」というサインのようです。
hCGホルモンはLH(黄体化ホルモン)と構造が似ており、体外受精で移植した胚の着床が成功すると、体内の絨毛(じゅうもう)という組織から普段は女性の体内にないhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロビン)が分泌され、黄体を刺激すると言われています。通常、14日程度で消滅する黄体を長持ちさせることで、子宮内膜が剥がれて落ちて月経が起きるのを防ぎ、流産を回避してくれるようです。
このhCGホルモンが分泌され、一定数値が測定されれば妊娠判定に繋がるため、妊娠の事実を知るためには重要な物質と言えるでしょう。
hCG仕組み

妊娠判定のスケジュール|移植後14〜21日後に判定します

体外受精を行なった後は、妊娠判定までに14日〜21日の時間を要し、以下の流れでその後の生活や妊娠判定を進められるそうです。
スクリーンショット 2018-04-24 12.19.29

受精卵を子宮に戻す「胚移植」の後は、着床までに3〜5日ほど時間がかかるため、1週間ほどは普段通りの生活をします。この間に、胚移植された受精卵は時間をゆっくりかけて胚分裂を繰り返し、胚盤胞という着床に適した形まで変化して行くそうです。胚盤胞の着床は自然に行われるので、体外受精後の体調を見ながら着床率をさらに上げるために、膣座薬の投与や注射による黄体ホルモンの注入が検討されることもあるそうです。
ちなみに、「胚盤胞移植」を用いて体外受精する場合には、胚盤胞まで体外で卵子を育ててから移植するため、この場合には体外受精から1日程度で着床すると言われています。

受精

正確に知りたい妊娠判定|でも実は簡易的な方法も...

早期妊娠検査薬とは?|早く知りたいなら自宅でできる方法も

体外受精後の妊娠判定日は胚移植の約2〜3週間後と、結果を待っている身からすれば非常に長く感じてしまうこともあるでしょう。そのような場合は、市販されている早期妊娠検査薬を使うことで自宅で簡易的な妊娠判定を行うことができます。
早期妊娠検査薬が早期に妊娠判定を行える理由は、早期妊娠検査薬のhCGホルモン感度が高いことにあります。通常の妊娠検査薬が50mLu/mLのhCGホルモンで反応するのに対し、早期妊娠検査薬は25mLu/mLのhCGホルモンで反応するようになっています。

妊娠検査薬を使用する際の注意点

hCGの値と妊娠検査薬での妊娠判定

市販の妊娠検査薬は自然妊娠の場合、正しい使用方法を守ればかなり高い精度での検査を行うことができます。
ただし体外受精時には先ほども述べたように、黄体の刺激をするために高温期にhCG注射を行う場合があり、それによって正しい結果がでない場合があるようです。具体的には、注射を行った後はある一定の期間は体内に注射成分の「hCGホルモン」が残るため、妊娠していないのに妊娠検査薬に陽性反応を示してしまうこともあるそうです。注射したhCGの量に応じて効果が切れる日数が異なるので、誤って妊娠したと判断しないためにも下記の数値を目安にするとよいでしょう。

胚移植とhCG

例えば、hCGホルモンを5000mLu打っている場合、約1週間は早期妊娠検査薬を使用しても間違った判定が出る可能性が高いため、自分で早期妊娠検査薬を用いる場合には10日以上空けてから行うようにした方がいいかもしれません。

やはり医師の指導のもと、妊娠判定による判断がおすすめ

ただいずれにせよ、自然妊娠では高い精度での検査が可能な早期妊娠検査薬でも、体外受精の場合は治療方法によっては判定が難しい場合もあります。妊娠したかどうか早く知りたい、という気持ちは理解できますが、正確に知りたい場合は、医師の指導のもと、血液検査や尿検査による妊娠判断を待つことをおすすめします。