キーワード一覧
閉じる

東京女子医大 母子総合医療センターの不妊治療口コミ vol.7

      2016/07/22

30歳女性  東京女子医大 母子総合医療センターの口コミ・評判 体験談

待つけど心のケアもして下さる良い病院
東京女子医大 母子総合医療センター(東京都 新宿区)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
3
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 3
スタッフの対応: 5
関連キーワード:不妊検査,腹腔鏡手術

female icon
治療開始:30歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:2つ
現在の状況:治療中
【不妊治療を始めたきっかけ】
結婚を機に妊活を開始しましたが、学生の頃から長年飲み続けたピルのせいもあり、生理が正しい周期で来ませんでした。まずは正常な身体になるために婦人科に通院し、生理を正常な周期に戻す薬を飲みつつ、タイミング法を試していましたが、妊娠には至りませんでした。そこからは不妊だということを自覚して、本格的に不妊治療を開始しました。

【不妊の症状・原因】
多嚢胞性卵巣だということが分かり、それのせいで排卵しにくい身体だということが分かりました。またその治療中に卵巣のう腫があることも分かりました。

東京女子医大 母子総合医療センターは、一人目の不妊で2番目に通った病院です。2015年1月頃から現在通院中、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
1つ目の病院からの紹介です。不妊治療をタイミング法からステップアップする時に、設備が整っているこちらを紹介していただきました。

【医師の説明】
心のケアも大切な不妊治療だと私は感じているのですが、それに応えてくれるかのように毎回丁寧に話を聞いて下さいます。不妊治療のステップアップに関しても、無理には提案せず自分のペースに合わせてもらえるので、自分を思い詰めずに妊活が出来ています。

【医療技術】
のう腫、不妊治療の手術した際も、傷跡もとても小さく術後の経過もとても良かったです。初めての手術で不安も大きかったのですが、説明を聞いていても知識が多いと感じました。検査から手術まで嫌な思いは一回もしませんでした。

【医療設備】
大学病院だということもあり、施設自体も個人病院に比べて広く充実しています。のう腫が見つかった際の検査から手術・入院も、この病院で全てできたので助かりました。不妊治療に関してはまだまだ初期の段階なので詳しい設備は分かりませんが、検査関係の設備は整っていると思いました。

【待ち時間】
予約をしていても待たされます。不妊治療は他の病気に比べて特殊で、それは自分も含め、相談内容が長いのでしょうがないのかも知れません。大学病院は大きい分待たされることも多いので、予約時間に余裕を持つなどもう少し改善してもらいたいのが本音です。

【スタッフの対応】
看護師さんや受付の方も丁寧な方が多いと思います。入院した際は看護師には本当に助けていただいて、安心して過ごすことができました。ちょっとした会話が心のケアにもなっていたと思います。通院時も同じく話しかけてくださいました。

【費用】
のう腫摘出や多嚢胞性卵巣の治療での手術、入院では60万くらいかかりました(8割くらい保険で戻ってきました)。通常の通院ではタイミング法、薬の処方で毎回3,000円以内くらいです。