卵巣嚢腫の症状とは?|原因は?めまいや発熱の症状?セルフチェック法は?
 
キーワード一覧
閉じる

卵巣嚢腫の症状とは?|原因は?めまいや発熱の症状?セルフチェック法は?

   

PPG_kiiroikonpe-to

風船の様に柔らかく、良性の卵巣腫瘍の多くに診断される「卵巣嚢腫」は、一般的に症状がないと言われています。今回は、卵巣嚢腫が進行するにつれて出てくる症状やセルフチェック方法などについてまとめています。

卵巣嚢腫の原因は?

卵巣嚢腫は、卵巣が腫れてしまうことで起こる卵巣腫瘍の1つで、すべてが悪性という訳ではありません。卵巣嚢腫のうち約9割は良性だと言われていますが、発症してしまう原因は明確には分かっていないそうです。

また、最近では卵巣がんと診断される一部の方の中で、「子宮内膜症性卵巣嚢腫」という卵巣嚢腫の1種が原因となっている可能性を指摘する声もあがってきているようです。良性の卵巣嚢腫と診断されていても、定期的に超音波検査を受け、しっかりと自分の卵巣の状態を確認しておくことが重要だと言えそうです。

卵巣嚢腫の症状とは?|めまいや発熱も?

卵巣嚢腫を発症した時にあらわれる症状は、便秘や頻尿、腰痛、腹部膨満感、性器出血、下腹部痛など、日常生活においても現れがちな症状も含まれているそうです。原因不明の発熱が続いて、病院に行った結果「卵巣嚢腫」と診断された方もいます。また、良性の卵巣嚢腫の場合には自覚症状があまりないため、初期に発覚するケースは少ないのが現状のようです。卵巣嚢腫は、正常な状態で2~3cmほどの大きさの卵巣がこぶし大ほどまでに腫れないと症状が出にくく、発見が遅れる傾向にあると言われています。卵巣嚢腫が徐々に進行して行くうちに体からサインが出始めて発覚するケースや、不妊症検査やその他の健診などで、内診やエコー検査を実施した結果発見されるというケースも多いそうです。
また、多くの場合、卵巣嚢腫が進んで卵巣が腫れあがると左右どちらかの下腹部痛を感じるようになり、スカートやズボンなどのボトムがきつくなるという症状を感じ始める方が大半のようです。腫れた卵巣が、膀胱や腸といった周囲の臓器を圧迫して様々な問題が生じることで卵巣嚢腫の症状を感じるようになるので、早期発見のためには自分の体の変化に敏感になっておくことが大切だと言えそうです。

卵巣嚢腫茎捻転や破裂は激しい痛みも

また、「卵巣嚢腫茎捻転」という子宮と卵巣嚢腫が繋がっている部分がねじれてしまう状態になると、卵巣嚢腫への血流が遮断されるため、卵巣嚢腫が壊死状態になるそうです。卵巣嚢腫茎捻転の症状は、吐き気やショック状態になることもあるほどの激しい下腹部痛だと言われています。もし卵巣嚢腫茎捻転を起こしてしまったら、放置すると化膿や周囲の臓器との癒着の危険性、卵巣嚢腫の壊死のリスクがあるので、大きさや状態を見ながら手術が検討されます。
他に、卵巣嚢腫は茎捻転ではなく、破裂する危険性もあります。破裂してしまった場合も激しい下腹部痛を伴うとようなので、同じく注意が必要でしょう。

卵巣嚢腫で痩せてくることがある?

卵巣嚢腫が大きくなるにつれ、卵巣嚢腫に食べた物の栄養を全てとられてしまい、食欲も普段通りでしっかり食べているのに痩せてしまうという症状があるようです。卵巣嚢腫は中学生位の若い年代でもかかる可能性があると言われています。

卵巣は「沈黙の臓器」

卵巣は女性の体の中でも「沈黙の臓器」と言われ、症状が出にくい臓器としても知られています。上述の通り、正常な卵巣の大きさは2~3cm程であるうえ、子宮の両側にハンモックに吊るされた様な形で余裕をもって存在しているため、多少腫れたとしても周囲の臓器に影響を及ぼしにくく、圧迫で引き起こされる症状や痛みを感じにくいそうです。
卵巣嚢腫や腫瘍が悪性でなければ命に関わるといったケースは少ないのですが、万が一のことを考えて早期に発見するためには、定期的な超音波検査を受診しておくとよいでしょう。

卵巣嚢腫のセルフチェック法は?

近年、女性特有の病気である卵巣がんや乳がんなど、様々な病気に注目が集まっています。卵巣嚢腫も決して軽い病気ではないので、自分自身で身体の変化に気を配り、常にセルフチェックをしておくことも大切だと言えそうです。ここでは、セルフチェック項目をご紹介します。

セルフチェック項目

1.生理痛が酷い
2.今までなかったのに、突然便秘や頻尿がちになった
3.下腹部や腰に痛みを感じる
4.下腹部のふくらみや、しこりがある
セルフチェック項目のうち1つでも当てはまる方は、念のため早期に病院を受診して卵巣嚢腫や卵巣腫瘍の可能性がないか、検査を受けるのがよいかもしれません。

卵巣嚢腫は幅広い年代に見られる病気

一般的に、卵巣や子宮系の病気は働きが鈍くなる更年期以降に多く見られますが、卵巣嚢腫の場合、若い方でも発症するというのが特徴だそうです。皮様性のう腫は10代~20代の若い年代にも多く、チョコレートのう腫は30代~40代の女性に多く見られます。そのため、生理が始まっている10代~年配者までの幅広い年代に卵巣嚢腫は起こりうると考えておくのがよいでしょう。