キーワード一覧
閉じる

三宅医院 生殖医療センターの不妊治療口コミ vol.6

      2016/07/22

28歳女性  三宅医院 生殖医療センターの口コミ・評判 体験談

不育症にも力を入れてくれています
三宅医院 生殖医療センター(岡山県 岡山市)

総合評価

4.8

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
4
待ち時間:
3
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 4
待ち時間: 3
スタッフの対応: 5
関連キーワード:不妊治療-薬,不育症

female icon
治療開始:28歳
治療期間:6ヶ月~1年
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
過去に2回流産をしました。妊娠初期とはいえ、妊娠11週、妊娠9週という、いずれも心拍確認後だったため、初めは不育症の疑いで来院しました。検査後、自己抗体が高いことがわかり、リスクがあると判断して、妊娠前から薬で管理した方がよいこと、また、できるだけ早く子供に恵まれるように妊娠のチャンスを増やそうと思い、治療を始めました。

【不妊の症状・原因】
来院は不妊ではなく、不育症がきっかけでした。妊娠11週、妊娠9週で、いずれも心拍確認後にけいりゅう流産をしました。

三宅医院 生殖医療センターは、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2012年10月頃から2013年11月頃まで、6-10回通院しています。

【病院を選んだ理由】
知人に紹介してもらいました。不妊外来が産婦人科と完全に分かれていて、妊婦さんと出会わなくてよかったのも、通い続けられた理由の一つです。

【医師の説明】
妊娠や流産の確率、年齢によるリスクなど、具体的な統計の数字を示し、治療のステップを分かりやすく説明してくれました。つらい現実を突きつけられたようですが、自分の状況をみつめ、前向きに治療をスタートすることができました。

【医療技術】
実際に私が行ったのは、不育症の検査、そしてタイミング療法です。不育休の検査で自己抗体が高いことがわかりました。医師の指示で排卵時から薬を飲みつづけることで、その後妊娠を継続することができ、満足しています。

【医療設備】
高度な不妊治療はしていませんので、あまり設備についてはわかりません。私がした不育症検査では、抗体の検査から遺伝子の相性の検査まで、可能性があるものを選んですることができました。タイミング療法で排卵前の卵胞の状態を確認して排卵日を特定したのですが、素人の私が見ても分かりやすい画像でした。

【待ち時間】
待ち時間は1時間くらいはありました。ただ、綺麗な待合室で雑誌などもいろいろと置いてあり、快適に待つことができました。

【スタッフの対応】
どのスタッフの方もとても感じがよく、気持ちよく通うことができました。治療が精神的にしんどくなって休むこともありましたが、私の気持ちを大事に、優しく受け入れてくれました。おかげで、後ろめたく思うことなく、自分のペースで通えました。

【費用】
最初に不育症の検査をしました。何項目か選んでしたのですが、全部で2万円程かかりました。自己抗体が高いことがわかり、タイミング法に合わせて小児用ヴァファリンを飲む治療をスタートしましたが、そちらは一度に数千円程度でした。