キーワード一覧
閉じる

山梨大学医学部附属病院の不妊治療口コミ vol.7

      2016/07/22

32歳女性  山梨大学医学部附属病院の口コミ・評判 体験談

総合病院の誠実な対応に安心!体外受精(顕微授精)
山梨大学医学部附属病院(山梨県 山梨県その他地域)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
5
スタッフの対応:
4
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 5
スタッフの対応: 4
関連キーワード:顕微授精

female icon
治療開始:32歳
治療期間:2年以上
通った病院数:3つ
現在の状況:治療中
【不妊治療を始めたきっかけ】
結婚してすぐに不正出血が続き、体調が心配だったので婦人科系の検査をしました。血液検査や内診の結果、その時はたまたま無排卵出血であろうと診断されました。このことがきっかけで夫婦で子どもを持つことについて話し合い、将来子どもを産みたいとお互いに思っていたので医師からの提案ですぐに不妊治療を開始しました。

【不妊の症状・原因】
生理の期間が28日~35日と定まっていなかったので、生理不順と診断されました。また、生理中の血液検査の結果から、黄体機能不全気味とのことでした。

山梨大学医学部附属病院は、一人目の不妊で3番目に通った病院です。2015年12月頃から2015年10月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
地元に顕微授精ができる不妊治療専門の病院が2つしかなく、そのうち総合病院はこちらの病院だけだったから。また、自宅から近く通いやすかったからです。

【医師の説明】
大学病院なので担当の医師は固定ではなく、毎回違う先生の場合もあります。どの医師もとても誠実にわかりやすく説明をしてくださるので、安心して治療が受けられます。言葉での説明だけではなくプリントをたくさんいただけるので、自宅に戻ってから主人と二人で確認することができます。

【医療技術】
今まで通っていた病院と比較して、個人にあった治療法を次々と提案してくださるのがとても嬉しく感じました。不妊治療は年齢が大きく関係するので、ゆったりしていられないという思いでいるのですが、毎回同じ治療ではなく最新の技術をその都度取り入れてもらいながら、納得のいく治療を受けることができ満足です。

【医療設備】
通常の診察室はとても清潔です。採卵や移植を行う場所は、普段の診察室とは離れた「生殖医療センター」で行います。こちらの場所はとてもかわいらしいピンク色の壁に優しい照明が使われていて、保育園のような雰囲気です。手術というと怖いイメージがありますが、この場所なら安心して手術が受けられると感じました。

【待ち時間】
採血の指示がある時には、採血室前で40分ほど待つことがあります。通常の診察待ちはそれほど待つことがなく、予約時間前後30分ほどで呼ばれることが多かったです。予約した時間より早めに受付を済ませると、医師の手が空いていたらすぐに呼んでいただける場合もありました。

【スタッフの対応】
婦人科受付の事務の方は、いつも忙しそうであまり挨拶を返してくれません。一番年上の方だけは、優しく目を見て話をしてくださり嬉しいです。注射などを担当してくださる看護師さんは人それぞれですが、優しく親切な方が多いです。

【費用】
顕微授精で採卵1回、新鮮胚移植1回、凍結胚盤胞移植1回です。採卵のためにほとんど毎日注射に通い、80,000円、術前検査料が50,000円、採卵料が82,000円、精子処理料が29,000円、その他抗生剤やプロゲステロンなど薬代など合わせて顕微授精約450,000円かかりました。新鮮胚移植が34,000円、凍結胚盤胞移植は76,000円でした。