【不妊治療ネット|不妊治療net】不妊治療口コミ&ランキング 妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

妊活と不妊治療をサポート!口コミから探せる

このはな産婦人科

3.0

口コミ 0件

最寄駅 山梨交通「玉幡四ツ角」バス停 徒歩10分 

アクセス 山梨県甲斐市西八幡1950-1

口コミを投稿する

このはな産婦人科

診療内容

人工授精

体外受精

特徴

女医在籍

駐車場

WEB

https://www.konohana-obgy.com/

TEL

055-255-5500

このはな産婦人科の紹介

このはな産婦人科では一般的な婦人科診療のほか、妊娠から出産までを、地域の大学病院と連携しながらケアしていく新しい産科システム(産科セミオープンシステム)を採用しています。はな産婦人科では、自然に近い妊娠を大切にしており、女性にも男性にも共に寄り添い、考えや希望に合った治療を行ってまいります。

スクリーニング検査

基礎体温

基礎体温とは、人が生きていくうえで最低限の活動を行っている体温を指し、就寝時の体温がこれに当たります。しかし、寝ているときに体温を計るのは難しいため、基本的には朝起きて一番最初の体温を計ります。

女性の体温は、ホルモンの分泌に関係しており、細かな値が変化しています。女性の体温は、黄体ホルモンが関係する高温期と卵胞ホルモンが関係する低温期があります。この温度変化は月経周期に関係しており、排卵前は低温期に、排卵後は高温期に切り替わるため排卵にの指標になります。

超音波検査

超音波検査は、超音波がエコーという物に当たると反射する性質を利用し、反射した画像を基にリアルタイムで流し続け映像にします。膣から超音波を発信機器を入れ、反射した音波を基に子宮や卵巣の形状を観察していきます。

超音波検査では子宮内膜の厚さやん卵胞などの発育状態から排卵日を特定する以外に、子宮内ポリープや子宮筋腫などの症状を見つけ、不妊症の原因を治療の前に取り除く重要な意味があります。

ホルモン検査

月経の3日目頃に採血をして、ホルモン値を検査します。卵胞の発育や排卵に関係するFSH、LH、プロラクチンを測定します。卵巣機能や甲状腺機能を知ることができます。

子宮造影検査

子宮造影検査とは、造影剤の性質を生かして受精するための精子の通過点である卵管の通過性を検査します。卵管は非常に細く小さいため、超音波検査では検査することができません。卵管に炎症や詰まり、フィルムのような癒着がないかを検査します。

造影剤検査を行った後は、卵管が一時的に広がるため妊娠がしやすい状況になります。

フーナーテスト

フーナーテストとは、性交後テストとも言い、精子と頸管粘液の相性を見る検査です。排卵日を特定し、性行為を行った後に女性の頸管粘液を採取、検査します。この時、顕微鏡で400倍の視野で観察を行い、その視野の中でそれくらいの良質な精子があるかを確認し、その数を照らし合わせ検査します。

男性の精子は女性の卵子と違い、毎回新しく造られるため検査結果がぶれやすいため、悪い結果が出ても幾度か検査をします。悪い結果が続けば女性の体内に抗精子抗体があることを予想します。

子宮鏡検査

粘膜下子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの存在が疑われるとき検査をします。子宮内腔を細く柔らかい内視鏡で観察する検査で、小さな傷になるので、目立ちません。

タイミング指導

タイミング指導は、不妊治療で一番最初に行われる不妊治療で、自然な妊娠に近く体の負担が少ない不妊治療です。

タイミング指導は、排卵日を医学的に特定し、その日に合わせて性行為を行い妊娠を目指す不妊治療です。基礎体温を基にセルフでタイミング療法を行う方もいらっしゃいますが、クリニックでは超音波検査やホルモン検査を基に医学的に特定するため、まったく精度が違います。セルフの場合、排卵日のずれ以外に不妊症の原因が他にあることもあり、妊娠につながらない人はクリニックで一度、受診を受けてみることをお勧めします。

月経不順で排卵日が良くずれたり、排卵障害で排卵を行うことが困難な方には排卵誘発剤を用いて卵子を発育させ排卵を調整します。

人工授精

人工授精とは、排卵日を特定し、精子を事前に採取し、濃厚洗浄したのちに細くて柔らかい管を用いて卵巣に注入します。卵巣に直接精子を入れるため、精子の運動率が悪くても受精させる確率が高くなります。また、卵巣の奥に入れるためタイミング指導が5%前後と言われているのに対して、人工授精は10%前後と言われています。

人工授精は、数回行っていただくことが基本(排卵日に性行為を行っても妊娠するのは数回に1度といわれているため)となります。5~6回ほど試しても妊娠ができなければ人工授精での妊娠は難しいため、体外受精を検討する段階に入ります。

体外受精

体外受精・胚移植(IVF-ET)は、

①卵管の通りが悪い場合、②精子が少ない場合、③原因不明の不妊の場合

などで、体外受精・胚移植以外の治療によって妊娠する見込みが少ないと判断されるカップルに行います。極端に精子の状態が悪い場合は、初めから顕微授精(ICSI)による体外受精・胚移植が必要となってきます。

排卵剤を注射し、卵子を発育させます。細い針で卵巣hう卵子に精子を何個も振りかけ自然な受精を目指す方法で受精させます。受精した受精卵は胚培養士の手で受精させ、女性の体内に戻します。

体外受精は、女性で一番多い卵管性不妊などの症状にも有効な活気てな方法として、今、保険対象や自治体での助成金対象になります。

 

診療時間

曜日
午前

-

-

午後

-

-

夜間

-

-

-

-

-

-

-

午前 / 9:00~12:00 午後 / 15:00~18:00 △・・・14:00〜16:00 ※初診受付:月・火・水・金曜日17:00まで、土曜日15:00まで ※受付時間:診察終了時間の30分前まで ※木曜・日曜・祝日、休診 ※詳細はクリニックHPを確認、または直接お問い合わせください。

アクセス

山梨県 甲斐市 西八幡1950-1


山梨交通「玉幡四ツ角」バス停 徒歩10分  甲斐市民バス「kai・遊・パーク前」バス停 徒歩5分 昭和インターからアルプス通りを西へ2.5km(約5分)。玉幡公園向かい。


近所の不妊治療クリニック