キーワード一覧
閉じる

兵庫医科大学病院の不妊治療口コミ vol.4

      2016/07/22

34歳女性  兵庫医科大学病院の口コミ・評判 体験談

持病のある方も安心して不妊治療が受けられる大学病院
兵庫医科大学病院(兵庫県 西宮市)

総合評価

2.3

医師の説明:
2
医療技術:
3
医療設備:
1
待ち時間:
3
スタッフの対応:
2
医師の説明: 2
医療技術: 3
医療設備: 1
待ち時間: 3
スタッフの対応: 2
関連キーワード:不妊検査,不妊治療-費用,人工授精,体外受精,凍結保存

female icon
治療開始:34歳
治療期間:2年以上
通った病院数:2つ
現在の状況:治療中断
【不妊治療を始めたきっかけ】
不正出血と生理不順で近所の産婦人科に行ったところ、大腸の手術歴があるということで、大腸の手術をした大学病院の産婦人科宛に紹介状を書いてもらい、大学病院の産婦人科に行った。大学病院の産婦人科の医師に大腸の手術をした後遺症で癒着があり、妊娠しにくい身体だと言われた。当時はすごく子供が欲しいというわけではなかったが、当時34歳だったし、不妊治療は時間がかかると聞いていたので、年齢的にも早めに始めたほうがよいと思い、不妊治療を開始することにした。

【不妊の症状・原因】
結婚してすぐに持病が悪化し、入退院を繰り返していたので、回復するまでは子供を作ろうと思わず、回復してもしばらくの間子供はできなかったが、あまり気にしていなかった。しかし、産婦人科で大腸の手術の影響で癒着があり自然妊娠しにくいと医師に言われた。

兵庫医科大学病院は、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2011年12月頃から2011年12月頃以前、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
大腸の手術をした病院と同じ病院なのですが、そのほうが外科と連携が取れて良いのではないかと思ったから。

【医師の説明】
事前の診察で大腸の手術の後遺症で癒着があり、自然妊娠は無理だと言われたので不妊治療を始めたのですが、タイミング療法から開始するメリットがよくわからなかった。タイミング療法は、注射や薬を使ったりするが、自然妊娠とあまり変わらないような気がした。なぜタイミング療法から始めるのかしっかりとした納得できる説明がなかったのが少し不満だった。

【医療技術】
技術的に遅れているとまでは感じないにしても、不妊治療専門病院ではないので、何となく医師の技術も医療機器も平均的なイメージしかなかった。私は結果として妊娠できず、それは医療技術が原因の一つになっているのかどうかというのはわからないが、軽い不妊の方が通う病院じゃないかと感じた。

【医療設備】
大学病院の産婦人科なので、診察室も普通の病院の診察室で、体外受精をするときも、1日一般の産婦人科の病棟に入院しないといけなかった。また、体外受精前の夜に注射を打たないといけないが、産科のナースステーションに声を掛けて産科の病棟の処置室で注射を打ってもらわなければならなかった。不妊治療専用のスペースがないというのが不満でした。

【待ち時間】
予約の時間きっちりということはなかったとは思いますが、何時間も待たされたということもないので、待ち時間に関してはごく普通だと思った。

【スタッフの対応】
優しくてフレンドリーな看護師さんも多かったが、中待合で今後の治療についてのことを話すのはやめてほしいと思った。それほど大声ではないが、他の患者さんもいるし、プライベートなことなので、配慮して欲しいと思った。

【費用】
タイミング療法は保険がききました。1回2000円〜3000円程度でした。人工授精が1回5000円で5回ほどやりました。体外授精と凍結卵受精を合わせて5回ほどやり、50万円くらいかかりました。助成金が使える病院だったので、その後、20万円ほど戻ってきました。