キーワード一覧
閉じる

越田クリニックの不妊治療口コミ vol.23

      2016/07/22

33歳女性  越田クリニックの口コミ・評判 体験談

不妊治療の医療設備が充実したクリニック
越田クリニック(大阪府 大阪市)

総合評価

2.0

医師の説明:
1
医療技術:
2
医療設備:
5
待ち時間:
1
スタッフの対応:
5
医師の説明: 1
医療技術: 2
医療設備: 5
待ち時間: 1
スタッフの対応: 5
関連キーワード:人工授精,体外受精

female icon
治療開始:33歳
治療期間:2年以上
通った病院数:2つ
現在の状況:治療中
【不妊治療を始めたきっかけ】
子宮内膜症と20歳の時に診断されていて、症状は重たくはなかったので深刻には受け止めていませんでした。結婚して2年経過して心配になり、ネットで調べてみると「妊活して2年経過しても赤ちゃんが授からない場合は不妊治療をするべき」、「子宮内膜症は妊娠しにくい可能性がある」といった事が記されていたため、不妊治療専門の病院に行く事にしました。

【不妊の症状・原因】
病院での内診や血液検査の結果から、子宮内膜症が進行していて卵巣嚢腫が発見されました。血液検査の数値からもホルモン値が良くありませんでした。そのため、卵巣嚢腫の手術をした後に本格的に不妊治療を開始する事になりました。

越田クリニックは、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2014年3月頃から2015年6月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
ネットで調べて口コミが良く、通勤の行き帰りに立ち寄れる時間に診察していて、通勤ルート上で自宅と職場の中間の場所だったため。

【医師の説明】
患者数も多くて多数の診察を行うには仕方がない事だと思いますが、医師が複数いて完全予約制のため、ずっと同じ先生では予約が取れませんでした。そのため、先生によっての見解が異なっていたり、待っている患者さんが多い事もあって、先生からの説明が時間が限られていて詳しい説明はなく、検査結果の紙のみ渡される事もあったため。

【医療技術】
体外受精の採卵前に排卵してしまった事があり、その際の医師の説明は「卵子が未熟だったから」という説明のみでした。そのため、次の体外受精も同じ方法で卵を育てる計画となり、再度採卵前に排卵しました。さらにその次も同じ方法のまま治療し、採卵は出来ましたが分割が途中で止まりました。卵子以外の原因は不明と説明を受け、納得する治療や説明を時間をかけてしてもらえていないと感じたため、私自身の体の問題があるのは承知していますが、治療に満足しているとは言えません。

【医療設備】
内診室が完全個室で鍵もかけられる点や、診察後の看護師が注射や薬を案内するコーナーも個別に区切られていて良かったです。体外受精の際は採卵までしかわかりませんが、処置室は手術室のような設備で、安静室も入院する時の部屋並みの設備だった点が満足しています。

【待ち時間】
完全予約制で時間も決まっていましたが、診察に至るまで1時間以上待つ事がほとんどでした。また、先生の診察は終わっても看護師からの注射や薬の案内がさらに30分以上、お会計でも30分以上待つ事が当たり前の状況になっていたため。

【スタッフの対応】
受付の方も看護師の方も、説明の際は内容が周囲に聞こえないように小声で案内していて安心できた事や、受付の方に治療方針等でこみいった事を聞いた場合、ほとんどの事は返答してもらえて知識もしっかり持たれていたため。

【費用】
最初の検査で3万円ぐらいかかり、卵巣嚢腫の手術後の治療だったため人工授精から開始しました。人工授精が排卵日を調べる内診と採血検査、人工授精の処置費用で人工授精1回あたり3万円ぐらいでした。体外受精は、卵子の成長度合いによって注射や内診や採血検査の回数が異なるので変動しますが、私の場合は採卵前までで15万円ぐらい、採卵後に顕微授精して受精卵の培養した費用(分割途中で終了)は45万円ぐらいでした。