キーワード一覧
閉じる

なかもず河田クリニックの不妊治療口コミ vol.20

   

41歳女性  なかもず河田クリニックの口コミ・評判 体験談

生命の神秘 未来の光
なかもず河田クリニック(大阪府 堺市)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
5
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 5
スタッフの対応: 5
関連キーワード:40代前半-不妊-妊娠-出産,不妊-カウンセリング,不妊検査,人工授精,体外受精,凍結保存

female icon
治療開始:41歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
私は第1子を37歳で産み、娘が1人います。ですがその娘の生まれた後に妊娠6ヶ月で死産しています。そしてもう一度妊娠したのですが、また死産でした。その後39歳から全く妊娠しなくなりました。「1人子供がいれば十分、その年齢からは厳しい」とおっしゃる方もおられますが、私はどうしても、もう1度赤ちゃんが欲しい、娘の成長していく姿を見て、そして幼稚園の卒園式の時の感動をもう一度どうしても味わいたいと思いました。元々妊娠しやすい方だったので不妊治療だなんて私には縁がないと思っていたのですが、年齢も年齢なので不妊治療で子供を授かったお友達に相談し、後押ししてもらったおかげで不妊治療に踏み込む勇気が出ました。

【不妊の症状・原因】
初めて病院に行った時に「できることから進めていきたいです」と先生とお話しし、採血でホルモンバランス(黄体ホルモン、卵胞ホルモン)の数値を調べてもらいました。数値は平均的な範囲の最低ギリギリラインに入っており、目立って悪いものではないので妊娠する範囲内の数値ですとのことでした。不妊原因については年齢的に「卵子が年齢と共に年をとるので妊娠しにくくなるのは当たり前のことで病気等ではありません」との事でした。卵子は精子と受精する際に卵膜に入りますがその膜が年齢をますにつれて硬くなるらしいです。なので精子がなかなか入り込めず受精に至らないそうです。

なかもず河田クリニックは、二人目の不妊で1番目に通った病院です。2011年12月頃から2015年7月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
私は娘を出産、2度の死産 計3回を大阪労災病院でお世話になりました。私は労災病院に「妊娠しないので検査してほしい」と診察に行った時に「うちは不妊治療に力入れてないので病院を近くで紹介しますね」と教えて下さったのがきっかけになりました。

【医師の説明】
初めて病院に伺った際に、先生からは「これからどうしていきたいですか?」と私の話や思いをきちんと聞いて、真摯に受け止めて下さいました。あなたはこうだから〜や、こうしなければいけない〜という押し付け的な事も全くありませんでした。検査の結果、私の体・年齢・子宮の状態の現状等をきちんと説明してくださり、段階を得て一つづつ治療進めていきましょうと簡単な治療から始めました。これで妊娠しなければ、次のステップとしてこういった治療がありますという、先にある治療の説明、そして最終段階までを望まれるのであればこういった体外受精がありますという話も説明くださいました。また金額等も尋ねると教えて下さいました。また私の場合は体外受精をしましたが、治療を受ける前の段階で、夫婦で揃って「インフォームドコンセント」と言って、きちんと説明資料を渡してくださり納得いくまでお話し説明等してくださいました。先生や病院、治療に関して一切不安に思ったことは一度もなく、この病院にして先生に会えて本当に良かったと思っています。

【医療技術】
初めの段階で「排卵していくと卵管が長年経って通りが悪くなることが不妊の原因になることもある」と言われました。卵管造影検査をしましたが全く痛くありませんでした。体外受精治療を受ける段階で、注射をしてたくさんできた卵子を採卵する手術がありました。それも麻酔が効いているし時間もそんなにかからず痛みや副作用もありませんでした。凍結受精卵の体外受精治療を受けましたが、ホルモン注射により13個の卵が採卵できて、うち8個が細胞分裂を繰り返していること。毎日の進化、すべての細胞一つ一つの状態を何分裂しているか絵付きで卵子の進化の表を見せて頂きました。そのうち2個づつ凍結してくださいました。その後、1年に渡り3度移植治療を試みました。とても技術的に満足しています。

【医療設備】
小さな不妊センターですが、やはり人気のある先生の病院で人も待合では結構いらっしゃいます。特別な体外受精等の治療は、すべて外来の声が聞こえない少し離れた治療室や安静室で行います。清潔でスタッフの方々の私語も本当にありません。受付も綺麗で子連れでも時間がつぶせるようKIDSスペースもあります。待合にはたくさんの雑誌が綺麗に並べられているので時間を潰しやすいです。

【待ち時間】
予約ができないので診察時間の30分前に、来た人順に名前を書いて順番を取るといった形になっています(私の通っていた頃の話です)。人気のある病院ですので待ち時間は30分〜1時間ほどあります、受付の方に何番目ですかと聞くと大体の時間がわかるので、その合間にひと声かけて外出できます。中百舌鳥の駅前なので、パン屋さんのcafeであったり何かと時間がつぶせるので私は不満に思いませんでした。

【スタッフの対応】
受付の方は窓口でもいつも丁寧な対応でお話しくださいます。電話で体調を相談した場合等でも、忙しくても本当にいつも明るい丁寧な対応をしてくださってます。また看護師さんも注射等の時に説明と不安に思うことを聞いてくださったり励ましてくださいます。先生は物腰柔らかで上品な話し方、一見クールですがたまに面白いことをポソッと言ったりもしてくださいます。

【費用】
・通常の診察1,800円〜4,000円(エコー等で診察の場合)= おおよそ10万円 ・人工授精1回10,000円×2回・卵管造影検査費用8,000円・体外受精を始める前段階のホルモン剤等点鼻薬20,000円 膣剤6,000円  ホルモン注射3,800×8回  体外受精卵子の採卵380,000円 初回体外受精は凍結しなかったので70,000円  体外受精費用(凍結卵子融解費用ホルモン剤等を含め)150,000円×3回(助成金適用で1回につき10万円戻ってきました) 合計1,084,400円(助成金10万×3回)
784,400円(30万助成金を引いた金額)