キーワード一覧
閉じる

不妊治療ローンの借り方から返し方の流れ

      2018/05/24

コラムキャプチャ

前回は、治療費の借り方の一つとして不妊治療ローンのご紹介をしました。今回は不妊治療のお金を不妊治療ローンで借りたいけれど、手続が面倒くさそう、と思っている方に、スルガ銀行「不妊治療サポートローン」の借り方や手続方法について図解でご紹介していきます。

不妊治療ローンを借りる理由は?対象年齢や職業は?

治療費が足りない、ボーナスが出るまで一時的に借りたい、手元に現金を残して治療したい治療費に悩んでいる方必見。不妊治療ローンとは?でもご紹介したように、不妊治療ローンを借りたい理由は様々です。たとえば、以下のような理由で借りるケースがあるようです。
不妊治療ローンを借りる理由

  • 手元にまとまったお金がないので、お金を確保してから治療に臨みたい
  • ボーナスや助成金がおりるまでの一時金として借りたい
  • 手元に現金を残しつつ治療を受けたい

スルガ銀行の不妊治療サポートローンなら汎用性が高く、幅広い方が申込みできます。ただし、申込みを行なうには以下の条件を満たす必要があります。

  • 契約時の年齢が20歳以上65歳未満で完済時の年齢が70歳以下の方
  • 安定した収入のある方

不妊治療サポートローン借り方①簡単。パソコン・スマホから相談する。

パソコン・スマートフォンで相談予約ができますスルガ銀行の不妊治療サポートローンは、パソコンやスマートフォンからも相談予約が可能です。いきなり電話をかけるのに抵抗がある方や、時間が無い方でも、気軽に問い合わせをすることが出来ます。いざ問い合わせをする際にはいくつか必要な項目を記載する必要があります。記載する内容は以下のような項目です。
<記載内容>

  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 相談内容
  • 連絡希望日時

相談内容、何を書けばいい?

相談内容に、どのような事を記載すれば良いのか分からない人もいると思います。しかし相談なので書き方や決まりはなく、たとえば

  • これから治療をしますがローンを組めますか?
  • 専業主婦ですが自身での申込みはできますか?
  • 商品について具体的に教えてください。
  • 返済方法や、月々いくらの返済になるか知りたいです。
  • 仕事で忙しいためメールでのやりとり(回答)を希望します。
  • ローンをWebから申込むこともできますか?

など相談フォームに記載される情報は、ローンに関係あることから相談に対する依頼まで思いつくままに書いて良いようです。

<お問い合わせはこちら>
スルガ銀行「不妊治療サポートローン」窓口

スルガ銀行不妊治療サポートローン

不妊治療サポートローン借り方②電話相談をする。強制加入はない?

3専門の女性担当者から1211

スルガ銀行に問い合わせを行なうと、申込みフォームで指定した日時(平日9:00~18:00の間)に専門の女性担当者から電話で連絡がきます。電話では、相談内容を確認したり、相談に基づいてサービス内容の説明がされます。治療が進んでいて、すぐに申込みたい場合は、そのまま電話口で事前審査の申込みをすることができます。また、電話を一旦切って、検討することも可能です。強制的に申込ませるようなこともなければ、ローン以外のサービスや商品を勧められることもないため、あくまで相談というスタンスで話をすると良いでしょう。

事前審査の申込み、何が必要?

事前審査申込み時点で提出する書類などはありません。
相談時点で通院予定のクリニックがまだ決まっていない場合でも、予定の金額で事前審査を依頼することが可能です。

不妊治療サポートローン借り方③申込書類を受け取る。まわりに知られず借りられる?

審査が完了したら連絡があります。前回電話で行なった相談内容に加えて、融資ご希望金額など具体的な内容を伝え事前審査へ進みます。事前審査が完了すると、スルガ銀行から連絡がきます。その後、正式な手続をするための書類が郵送で送られてきます。その際、封筒や書類には「不妊治療」などの言葉は一切入っておらず、プライバシーに配慮されています。不妊治療をしていることをまわりに知られたくない、といった方も安心です。

不妊治療サポートローン借り方④申込書類を作成する。申込みには何が必要?

不妊治療サポートローンの正式な申込みには、以下のような書類が必要となります。

  1. 本人確認資料
  2. 資金使途の確認資料
    どこのクリニックでいくら使うかが分かる、治療にかかる費用が記載された見積書やパンフレットなど
  3. 収入確認資料
    源泉徴収票や給与明細など

不妊治療サポートローン借り方⑤融資を受ける。いくら借りられる?平均いくら借りている?

スルガ銀行から書類到着から2・3日後最終確認の連絡がありますスルガ銀行から送られてきた書類を返送し、スルガ銀行に届いてから2、3日後に最終確認の連絡があります。そこで最終的な融資内容の確認をすることができます。不妊治療サポートローンは、目的ローンとカードローンがセットになっており、10万~800万円(カードローンを含む)まで相談することが出来ます。実際に体外受精などで借りるケースでは30万~200万円までと様々で、中でも50万~100万円といった方が多いようです。

追加でお金を借りられる?

都度審査はありますが最初に50万円だけ借りて、あとから30万円追加で借りることもできます。たとえば一回目に借りたローンの残高が40万円の時に30万円を追加したい場合、合算した70万円でローンを組み直すことになるようです。

 

<お問い合わせはこちら>
スルガ銀行「不妊治療サポートローン」窓口

スルガ銀行不妊治療サポートローン

不妊治療サポートローン返済方法は?コンビニATMでOK?全国の提携ATMから可能。

ご融資後、返済用カードをお送りします。一般的な不妊治療ローンでは返済用に銀行の普通預金口座を作る必要があるところが多いですが、スルガ銀行の不妊治療サポートローンの場合は専用ローンカードで返済を行ないます。
普通預金口座の開設が不要で銀行へ行く必要がないため、スピーディーに手続が進みます。
7ご返済は専用ローンカード返済時には入金後に送られてくる専用ローンカードを使って、全国のコンビニやゆうちょ銀行の提携ATMから返済することが可能であるため便利です。また、スルガ銀行の「不妊治療サポートローン」は、繰上返済がいつでも可能です。
繰上返済の条件は、たとえば月々の返済を10,000円に設定している場合は、追加で10,000円以上から返済が可能となります。また、月々の返済を50,000円に設定している場合は追加で50,000円以上から返済が可能になります。このように繰上返済を行なえるからこそ、ボーナスや助成金の一時金として借りたい方には利便性が高いようです。

スルガ銀行の不妊治療サポートローンの借り方・返し方について、ご紹介しましたが、一見煩雑に思える手続も、簡単でかつスピーディーにお金を借りることができるため、お金の捻出方法の1つとして検討しても良いかもしれません。

<お問い合わせはこちら>
スルガ銀行「不妊治療サポートローン」窓口
スルガ銀行不妊治療サポートローン