キーワード一覧
閉じる

三宅医院 生殖医療センターの不妊治療口コミ vol.8

      2016/07/22

27歳女性  三宅医院 生殖医療センターの口コミ・評判 体験談

不妊治療をおこなっている病院ついて
三宅医院 生殖医療センター(岡山県 岡山市)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
3
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 3
スタッフの対応: 5
関連キーワード:体外受精

female icon
治療開始:27歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
独身時代から生理不順で悩んでおり、一般の産婦人科で数年間ピルを服薬していました。当時より主治医から、「妊娠を希望するならば治療が必要である」ということを言われていました。結婚をしてすぐに妊娠希望であったため、不妊外来のあるクリニックへ転院しました。検査を実施し原因もはっきりしたため治療を開始しました。

【不妊の症状・原因】
多嚢胞性卵巣症候群のため、卵胞はたくさんあっても、なかなか育ちにくく、排卵までたどり着かないことが不妊の原因でした。

三宅医院 生殖医療センターは、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2014年8月頃から2016年1月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
以前通っていた婦人科からの紹介です。不妊専門の外来があり、すべての治療に対応してくれるところと、実家から近く比較的通いやすかったことも理由のひとつです。

【医師の説明】
排卵誘発剤(錠剤、注射)の使用をして、卵胞の育ち具合をチェックし、排卵の時期をはかってタイミングをとるという、比較的自然に近い方法では、
とても非効率的であるため、精神的な負担が大きいことと、副作用が大きいため、体にかかる負担が大きいことを説明されました。

【医療技術】
実績のある病院なので、的確な判断のもと治療に臨めました。なるべく負担をかけないように、かつ効率的に治療が進むような配慮がありました。説明にも十分な時間をとってもらえたため、治療の見通しが立ちやすかったと思います。

【医療設備】
ひとつの病院で、詳しい検査と体外受精までのすべての治療ができる病院であったため、ステップアップをスムーズに行うことができました。一般外来と別の待合室があり、配慮が行き届いているところも、安心して通える理由のひとつでした。

【待ち時間】
予約を取ることができれば比較的早く診察してもらえることができましたが、予約が取れないときには1時間ほど待つこともよくありました。注射に毎日通院しなければいけないときには、遅い時間でも対応してくれたのは助かりました。

【スタッフの対応】
医師はもちろん、特に不妊外来の看護師さんの知識が豊富で、不安なことは時間をとって聞いてくれました。とても優しく声をかけてくださり、丁寧な配慮を受けることができました。受付の事務員さんも優しかったです。

【費用】
タイミング法を半年ほど実施し、服薬と注射、診察で約10万円程度かかりました。体外受精に関しては、採卵と凍結胚移植で50万円ほどかかりました。
その後、県からの助成が30万、市からの助成が10万返ってきました。検査代や入院もしたため、トータルで70万ほどかかり、そのうち40万は助成されました。