キーワード一覧
閉じる

東邦大学医療センター 大森病院の不妊治療口コミ vol.7

      2016/07/22

29歳女性  東邦大学医療センター 大森病院の口コミ・評判 体験談

先生・看護師の神対応で高度不妊治療をがんばれました。
東邦大学医療センター 大森病院(東京都 大田区)

総合評価

4.6

医師の説明:
5
医療技術:
4
医療設備:
4
待ち時間:
4
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 4
医療設備: 4
待ち時間: 4
スタッフの対応: 5
関連キーワード:不妊検査,不妊治療-費用,体外受精,凍結保存,腹腔鏡手術

female icon
治療開始:29歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:2つ
現在の状況:治療中断
【不妊治療を始めたきっかけ】
もともとそこまで強く子供がほしいと思ってなかったので、結婚後しばらく子供ができなくても特に何もしてませんでした。しかし結婚後5年たって母親が癌になったのをきっかけに孫を見せてあげたいなと思うようになりました。特にこの5年間避妊をしてなかったのにできなかったので、確実に不妊夫婦というのは自覚していたのですぐに病院で検査をしたところやはり卵管閉鎖と狭窄が見つかったので、高度不妊治療ができる病院に転院し治療を始めました。

【不妊の症状・原因】
もともと婦人科系の病気になったことがあり(卵管脳腫)2回手術をしていたのでそれもあるかと思いますが、右卵管の閉鎖と左卵管の狭窄が原因でした。

東邦大学医療センター 大森病院は、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2014年12月頃から2015年10月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
子供がなかなかできず、この病院か他の病院で体外受精をしようと悩んでいたところ、まさかの自然妊娠からの子宮外妊娠でたまたま運ばれたのがここでした。手術もうまいし、先生・スタッフみんなとても気遣いがよく、(産婦人科に入院でしたが、部屋をわざわざ妊婦と違うところに移してくれた)ここにお願いしたいと思ったからです。

【医師の説明】
大学病院の先生ですが、いつも顔をみて話してくれてパソコンに入力するだけの診察ではないことが良かったです。一日に何人も診察したり、担当制ではないものかかわらず、前の診察でどんな状態だったか、次にどういうことをするかの引き継ぎもしっかりされてて、不妊治療とは関係なく他の大学病院に通ってましたが全く対応の良さが違いました。

【医療技術】
子宮外妊娠をしたことで緊急オペで運ばれたのがきっかけでこの病院に通うようになったのですが、そのときの腹腔鏡手術がとてもうまかったです。前に卵巣嚢腫で腹腔鏡を他の病院で行ったのですが何日も痛みがとれないうえ、手術のあとがいまだにあるのに、ここの手術はすぐ傷がなくなりました。婦人科の先生が行ってくれたので、不妊治療におけるオペも上手にやってくれたと思ってます。

【医療設備】
他の病院での体外受精経験がないので体外受精で使うであろう設備については比較があまりできないのですが、大学病院なので古くはないと思います。診察をする際にイスが自動で上がって足を広げてくれるので、それが個人産婦人科での診察より良かったです。

【待ち時間】
基本的には予約制なので、特別なことがない限り待ち時間は少ない方だと思います。初診や予約なし、予約があっても午前のみの日はさずがに待ちますが、通常は余裕をもって予約を入れていてくれてるのか、仕事の前に通ってても遅刻することはほぼありませんでした。

【スタッフの対応】
こんなに良いスタッフいるのかというくらいスタッフは完璧でした。注射が極度に怖くて過呼吸気味になってしまうのですが、いつも寝かせて注射をしてくれたり、背中をさすってくれたり、名前を1回で覚えてくれる人もいたりと、ほんとにびっくりする神対応でした。

【費用】
私が右卵管閉鎖、左卵管の切除で体外受精をしましたが、全部で60万程度かかりました。
一通りの検査と、誘発、採卵、体外受精と移植は2回です。助成金が20万でました。