キーワード一覧
閉じる

近畿大学医学部附属病院の不妊治療口コミ vol.8

      2016/07/22

28歳女性  近畿大学医学部附属病院の口コミ・評判 体験談

自然に近い形での妊娠を望むなら漢方治療も選択肢にいれてみて
近畿大学医学部附属病院(大阪府 大阪府その他地域)

総合評価

3.9

医師の説明:
4
医療技術:
4
医療設備:
4
待ち時間:
2
スタッフの対応:
4
医師の説明: 4
医療技術: 4
医療設備: 4
待ち時間: 2
スタッフの対応: 4
関連キーワード:20代後半-不妊-妊娠-出産,不妊-運動指導,不妊-食事指導

female icon
治療開始:28歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:2つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
子供は欲しいと思ったときに出来ると思っていたものの、数年の間、基礎体温を計ったり自分なりに頑張っていたのですが、なかなか出来なく焦り始めたところ友人に相談すると不妊治療している人が多いとしり、治療を始める事にしました。始めるなら早い方がいいというアドバイスも始めようと思えたきっかけになったと思います。

【不妊の症状・原因】
欲しいと思ってから1年の間はなにもしなかったのですが、なにもおこらなかったので基礎体温を毎朝計るように。基礎体温で自分のタイミングをしり努力したのですが、それでも出来ず、治療を始める事にしました

近畿大学医学部附属病院は、一人目の不妊で2番目に通った病院です。2011年12月頃から2011年12月頃以前、6-10回通院しています。

【病院を選んだ理由】
友だちや図書館、インターネットを通して色々な情報を集めてから決めました。決めては色々な選択肢があったことと、なるべく自然に近いかたちでの不妊治療を望んだからです

【医師の説明】
担当医の説明はわかりやすく、丁寧だったように思います。なるべく自然妊娠をのぞみながらの不妊治療だったので、漢方の力に頼りました。毎朝40分かけて煮出す漢方生活になんども途中くじけそうになりながらも、医師の説明を信じて頑張ったと思います。病院内は清潔にたもたれていて明るいイメージがありましたが、不妊専門ではなかったので色々な患者が同じフロアーにいたのを覚えています。精神的にもきつかったですし、体力的にも辛かったですが、医師の励ましと看護婦さんたちの丁寧な対応に数年通う事ができました。

【医療技術】
妊娠できる体に直す治療を行い始めてから、体感で体の調子が良くなって行く事を感じました。なるべく痛みの伴う治療をさけての治療を希望していたのですが、痛みもなく毎週の私自身の体調にあわせての処方だったのも満足できたと思います。

【医療設備】
色々な不妊治療の方法があることの説明をうけ、どのような設備が整っているかの説明を受けてから、自分で選ぶことができました。選択肢があるということは、とても良かったと思います。家族で話し合い、設備についても自分たちなりに調べ、その中から合っている物を選べたと思います

【待ち時間】
予約時間があったにも関わらず、待ち時間は長かったように感じます。医師が丁寧に説明をしてくださる方だったので、不満に思うというより、その頃は丁寧な先生だからかなと前向きにとらえていました。ただ、診察の終わる時間が読めなかったので一日仕事になっていたのは辛かったなと思っています

【スタッフの対応】
明るくてきぱきとしていて説明も簡潔に伝えてくださるスタッフが多かったように思います。不妊治療中は精神的にも参ってしまうことも多かったのですが、明るく励まして頂いたり、アドバイスいただいたりしました。ゴールの見えない戦いだっただけに、スタッフさんの笑顔と対応は随分救われたと思います

【費用】
診察はそれほど高くはなかったと思いますが、漢方を処方していただいていたので、漢方の金額が2週間分で7万円から10万円だったと記憶しています。