キーワード一覧
閉じる

富山大学附属病院の不妊治療口コミ vol.1

      2016/07/22

28歳女性  富山大学附属病院の口コミ・評判 体験談

経験に基づく治療と知識で治療できる病院
富山大学附属病院(富山県 富山市)

総合評価

3.3

医師の説明:
3
医療技術:
4
医療設備:
3
待ち時間:
3
スタッフの対応:
3
医師の説明: 3
医療技術: 4
医療設備: 3
待ち時間: 3
スタッフの対応: 3
関連キーワード:不妊治療-保険,人工授精,腹腔鏡手術

female icon
治療開始:28歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:2つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
もともと生理痛がひどく生理の量も多かったことから、病院を受診したところ、子宮内膜症と診断され、卵巣のう腫が見つかり、病院で診察を受け手術を受けたのがきっかけです。妊娠についてはあまり深く考えていなかったのですが、このままの状態では妊娠しにくいことがわかり、腹腔鏡手術を行い、子宮内も検査してもらいました。

【不妊の症状・原因】
子宮内膜症による、卵巣のう腫、激しい生理痛と生理の量の多さ。男性側の精子の数が少ない、動きが悪いこともあった。

富山大学附属病院は、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2011年12月頃から2011年12月頃以前、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
子宮内膜症の卵巣のう腫摘出手術が、腹腔鏡下手術でできるということだったので、こちらの病院を選びました。

【医師の説明】
手術をすることからはじまったので、手術についての不安はありました。説明はありましたが、やはり不安感は消えませんでした。手術後、先生から一通りの説明がありましたが、オペの画像を撮り忘れてしまったらしく心配しましたが、それ以外の説明や対応については特に不安になることはなく、おまかせできました。

【医療技術】
当時、まだ腹腔鏡手術は、導入されていない病院もあり、身体に負担のかからない手術ということで、傷跡もなく、体力の消耗も少なくすんだので、とても楽でした。また、手術により、子宮内もきれいにしたと言われ、その後すぐに妊娠できたので、よかったと思います。

【医療設備】
普通の総合病院という位置づけなので、診察室や処置室も古く、病棟も相部屋で、特にきれいということはなかったと思います。手術に関しては、新しい設備を整えてあったので、腹腔鏡手術も可能だったのだと思います。

【待ち時間】
当時は、特に込み合っているということがなく、ゆったりと待ち時間を過ごすことができたので、気分的にもリラックスできました。1人1人に時間をかけてくれるので、診察してもらう方は、いろいろと聞ける環境でしたが、待つ方は1日覚悟という気がします。

【スタッフの対応】
名前の確認など、間違いのないよう、しっかりと教育されているように思います。看護師さん方も親切で、特に嫌なイメージはなかったです。病棟の看護師さんも親切にお世話してくださいました。嫌なイメージはなく、アットホームな感じのする病院だと思います。

【費用】
20年近く前のことになるので、金額はあまり覚えていません。申し訳ありません。


最初に、腹腔鏡手術をしましたが、保険適用でした。金額は5万程度ではなかったかと思います。その後、夫の精子が少ないということがわかったので、排卵誘発剤を使いながら人工授精をしたので、合計で3万円程度えはないかと思います。