キーワード一覧
閉じる

慶應義塾大学病院の不妊治療口コミ vol.15

      2016/07/22

32歳女性  慶應義塾大学病院の口コミ・評判 体験談

卵管形成術で有名な大学病院。手術はあっと言うまでした。
慶應義塾大学病院(東京都 新宿区)

総合評価

2.5

医師の説明:
1
医療技術:
4
医療設備:
5
待ち時間:
1
スタッフの対応:
2
医師の説明: 1
医療技術: 4
医療設備: 5
待ち時間: 1
スタッフの対応: 2
関連キーワード:不妊検査,不妊治療-保険,卵管鏡下卵管形成術

female icon
治療開始:32歳
治療期間:2年以上
通った病院数:3つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
結婚後、1年を経過しても妊娠に至らなかったため、しばらくは排卵日にタイミングを合わせて性交渉を行っていたがこれまた妊娠にいたらなかった。そのため、年齢も上がってきたのでなかなか妊娠をしないことに不安を抱くようになり、まずは近くの産婦人科を受診して検査をしてもらったがこれまた妊娠に至らず、それならば不妊治療専門の病院を探して本格的な治療をしようと思ったから。

【不妊の症状・原因】
結局、不妊の原因自体ははっきりとはわからなかった。長年の冷え性など生活習慣などによるものかもしれません。

慶應義塾大学病院は、一人目の不妊で2番目に通った病院です。2011年12月頃から2011年12月頃以前、3-5回通院しています。

【病院を選んだ理由】
その当時、お腹を開腹することなく手術ができるところがNO1の大学病院であったためこちらを受診いたしました。

【医師の説明】
予約時間に行っても大変な待ち時間があり、ようやく呼ばれても入室して席に着く前に質問が始まり着席した時にはすでに次の検査へという形で、ほとんど先生のお話しは詳しく聞けず。納得のいく説明は聞けないような感じでした。

【医療技術】
大学病院ということで、最先端の技術と機器が揃っていた。また、その医療についてはトップの教授なので腕は確かでしかも手術はスムーズでした。しかし、大学病院の性質上、研修生が手術を見学しますので、ノートを手にしたたくさんの研修生に見られて非常に不愉快でした。

【医療設備】
大学病院でしたので、医療設備については最先端の医療設備が揃っていたので不安も心配もありませんでした。しかし、やはり研修生がずらりと並んで見学されますので、気にされる方は遠慮したほうがよろしいかと思います。

【待ち時間】
予約をしていますが、予約枠にたいしての患者数が多いため処理オーバーであるため予約時間を大幅に過ぎること。

【スタッフの対応】
患者数が多いために、スタッフは短時間に効率よく処理しなくてはならないためか、かなり事務的で機械的です。口調も冷たく高飛車な感じをうけました。手術で入院した際もスタッフは事務的でとても良いとは言い難いです。

【費用】
大学病院でしたので、初診の際に加算される料金と検査代、通院に関しては健康保険の対象分のみでした。手術に関しても健康保険適用でしたのでそれほどかかりませんでしたが、日帰りでの手術でしたが、経過が悪く1泊入院してしまったのでその分が加算されてしまいました。