キーワード一覧
閉じる

杏林大学病院の不妊治療口コミ vol.4

      2016/07/22

45歳女性  杏林大学病院の口コミ・評判 体験談

高齢出産のむずかしさを実感しました。
杏林大学病院(東京都 東京都その他地域)

総合評価

4.6

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
2
スタッフの対応:
4
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 2
スタッフの対応: 4
関連キーワード:40代後半-不妊-妊娠-出産,不妊検査,人工授精

female icon
治療開始:45歳
治療期間:6ヶ月~1年
通った病院数:2つ
現在の状況:治療中断
【不妊治療を始めたきっかけ】
44歳で結婚し、年齢的に自然妊娠の確率がかなり低いとわかったために始めましたが、最初に行ったはらメディカルクリニックでは40歳以上の妊娠に否定的でした。(記憶によると)悩んだあげく、自宅近くの杏林大学医学部附属病院へ通う事にしました。
主人とも相談で人工妊娠までの治療を半年間受けましたが、肉体的精神的にも疲れ治療を終了しました。卵子、精子とも何の問題もない状態でしたので、体外受精も勧められましたが“そこまでして子供が欲しいのか”という壁にぶつかり治療を終了した次第です。

【不妊の症状・原因】
質問10にも記入しましたが、44歳の結婚だったので自然妊娠が難しく、不妊治療専門の病院へ通いました。

杏林大学病院は、一人目の不妊で2番目に通った病院です。2012年2月頃から2012年11月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
自宅から近く、年齢的に難しい妊娠を望んでいたので、確実に妊娠出来る病院として選びました。妊娠した後もこの病院だったら大丈夫という確認がありました。

【医師の説明】
女性の先生だったために、女性として話がわかる先生でした。年齢的にも難しい妊娠を望んでいたために、気持ちに寄り添って診察をしていただいたことに感謝しています。治療や検査の結果も的確に説明をしていただいたと記憶しています。

【医療技術】
大学病院だったために検査機関は充実しており、毎回の血液検査やホルモン検査などの対応も早く、結果までの待ち時間も約40分ぐらいでした。はじめの卵管造影検査も痛みもなく普通に受ける事が出来ました。全ての担当の女性だったので安心でした。

【医療設備】
11でも書きましたが、大学病院だったため設備は充実していました。予約をしてもかなり待たされることは多々ありましたが、広い待合室から各診察室までの案内がわりやすく、診察台も当時では最新のものと記憶していますし、診察の方法も丁寧に行っていただきました。

【待ち時間】
大学病院だったために、他の患者さんの対応もあり、長くて2時間ぐらい待たされる事が多々ありました。待つだけで疲れました。

【スタッフの対応】
みなさん的確に動いていると感じました。看護婦さんと話す事しか出来ませんでしたが、ちゃんと顔の位置を近づけて諸処内容の説明をしていただきました。助産師さんと話す機会はありませんでしたが、妊娠した方との会話は本当にしっかり説明されていた記憶があります。

【費用】
かなり前の事なので細かい金額は忘れましたが、排卵誘発剤を使いながら自然妊娠、人工授精を2回したので、合計で10万円ぐらいです。