矢内原ウィメンズクリニックの体験談vol. 23 | 不妊治療net
 
キーワード一覧
閉じる

矢内原ウィメンズクリニックの不妊治療口コミ vol.23

   

39歳  矢内原ウィメンズクリニックの口コミ・評判 体験談

患者さん一人一人に寄り添ってくれる病院
矢内原ウィメンズクリニック(神奈川県 神奈川県その他地域)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
5
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 5
スタッフの対応: 5
関連キーワード:30代後半-不妊-妊娠-出産,不妊検査,体外受精,凍結保存,顕微授精

female icon
治療開始:39歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
一人目出産から5年経過し、私の年齢も39歳とギリギリだったので、二人目を授かるために通い始めました。

【不妊の症状・原因】
一人目出産から5年、自己流のタイミングで基礎体温や排卵検査薬なども使ったが1年以上授からなかった。

矢内原ウィメンズクリニックは、二人目の不妊で1番目に通った病院です。2013年7月頃から2015年1月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
比較的家から近く、通いやすかった。口コミなどの評判も良く、しっかりした病院だと思った。顕微受精までできる設備があることも良かった。

【医師の説明】
院長は非常に忙しそうではあるけれど、大事なことは簡潔にズバッと言ってくれます。院長が席を立とうとした時に質問をしてしまったことがあるのですが、嫌な顔せずに席に戻ってきて答えてくれました。体外受精の説明もタブレットを使いながらわかりやすくしてくれて、やるかやらないかはこちらの気持ちが固まるまで待ってくれました。

【医療技術】
体外受精の際、ふりかけの自然受精をまず試みて状態が良くなかったら顕微受精に切り替える方針でした。技術と患者への思いやりとが合わさった方法だと思っています。卵管造影検査や採卵などの処置も上手で痛みが少なかったと思います。

【医療設備】
体外受精までできる病院は数が限られており、ここは規模は小さいながらも顕微受精までできる不妊専門病院として設備が整っていると思います。採卵の後休む部屋(ベッド)や採精質もあり、患者にストレスをかけない工夫がされていると思います。

【待ち時間】
完全予約制で待ち時間は長くて20分ぐらいです。非常に混んでいますが流れがスムーズで、待ち時間が長すぎてつらいと思ったことは一度もありません。

【スタッフの対応】
混んでいて患者数をこなさなければいけないため、看護師さんは皆テキパキしています。でも優しい方が多く、安心して相談もできる雰囲気です。泣いている患者さんによりそってずっと話を聞いてあげている看護師さんを見たこともあります。

【費用】
最初の周期の卵管造影検査や一通りの血液検査で3万円ぐらいかかりました。体外受精のための注射一回7000円×5回ぐらい、採卵30万円ぐらい、培養〜凍結15万円ぐらいだったと思います。私は3回試みたので全部で150万円ぐらいかかりました。