キーワード一覧
閉じる

ウィメンズ クリニック大泉学園の不妊治療口コミ vol.13

   

37歳女性  ウィメンズ クリニック大泉学園の口コミ・評判 体験談

個人病院ならではの配慮やサービスがある病院
ウィメンズ クリニック大泉学園(東京都 練馬区)

総合評価

4.0

医師の説明:
4
医療技術:
3
医療設備:
4
待ち時間:
2
スタッフの対応:
4
医師の説明: 4
医療技術: 3
医療設備: 4
待ち時間: 2
スタッフの対応: 4
関連キーワード:30代後半-不妊-妊娠-出産,不妊-漢方,不妊検査,人工授精,顕微授精

female icon
治療開始:37歳
治療期間:1年〜2年
通った病院数:2つ
現在の状況:治療中
【不妊治療を始めたきっかけ】
夫が男性不妊(ED)のため、夫婦生活ができなかったのがきっかけです。結婚前からその症状はあったのですが、夫自身も、自分の症状をどうにかしたいとも思っていないようでした。また、私自身の年齢的な不安もありましたので、まずは検査を受けるという口実で通院を始め、その後、少しずつ夫に協力を求めるという形で治療に入りました。

【不妊の症状・原因】
私自身には全く不妊の原因となるものはありませんでした。夫の男性不妊(ED)と、精液検査の結果が基準値以下ということが、ほとんどの原因だと思われます。

ウィメンズ クリニック大泉学園は、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2014年9月頃から2016年1月頃まで、11回以上通院しています。

【病院を選んだ理由】
自宅から近いこと、通院しやすい場所にあったこと、ネットで見た時に院内がきれいそうな良い印象を受けたことが選んだ理由です。

【医師の説明】
医師の説明に関しては、ほぼ不満はありませんでした。内診の時には、患者の方にもモニターがありましたので、先生と一緒にそれぞれのモニターを見ながら、体の状態を説明していただきました。ただ、いつも病院が混んでいたので、先生の説明の仕方が慌ただしいように感じました。

【医療技術】
医療技術については、他の病院と比べることが難しいのですが、内診の時も、人工授精の時も、特にひどい痛みもなく、採卵の時も下腹部の痛み等はありませんでした。ただ、先生によっては、人工授精の時に少し痛みがあったりすることもありました。

【医療設備】
内診室に二重のカーテンがあったことや、患者の方にも見られるモニターがあったことは満足しています。また、採卵時の手術室も、明かりの感じなどが、気持ち的に落ち着ける感じでした。採卵後に休む部屋も、ほぼ個室のような感じで、ゆっくり休むことができました。

【待ち時間】
待ち時間は、だいたい1時間ぐらいで、長い時はもっと待つこともありました。診察が終わってから会計に呼ばれるまでも、そこそこ待たされていたと思います。朝9時過ぎに予約をしても、病院を出るのは12時ぐらいになることがまあまああり、仕事で急ぐときは急いで欲しいと伝えることもありました。

【スタッフの対応】
スタッフのみなさんは優しい感じの方ばかりでした。声をかけてくださる時も落ち着いた感じで、いろいろな説明をしてくださる時も優しい雰囲気や落ち着いた感じを受けました。ただ、電話を受ける方や、会計の方は、事務的であまり良い印象は受けませんでした。

【費用】
最初の不妊検査やワクチン等で50,000円くらい。タイミング法を半年くらいで20,000円〜30,000円くらい。人工授精を5回で100,000円〜150,000円くらい。顕微授精を1回で、移植までできずに350,000円〜400,000円くらい。合計で500,000円〜650,000円くらいです。ただ助成金で300,000円戻ってきました。