キーワード一覧
閉じる

つつじが丘ウイメンズクリニックの不妊治療口コミ vol.12

   

22歳女性  つつじが丘ウイメンズクリニックの口コミ・評判 体験談

丁寧な説明の女医さんがいる病院で検査
つつじが丘ウイメンズクリニック(愛知県 豊橋市)

総合評価

4.0

医師の説明:
4
医療技術:
2
医療設備:
3
待ち時間:
2
スタッフの対応:
3
医師の説明: 4
医療技術: 2
医療設備: 3
待ち時間: 2
スタッフの対応: 3
関連キーワード:20代前半-不妊-妊娠-出産,不妊検査

female icon
治療開始:22歳
治療期間:6ヶ月以内
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
もともと生理不順で、結婚前は低用量ピルを数年間にわたり服用していました。結婚後に低用量ピルをやめたものの、生理もこず、妊娠もせず、自分が本当に妊娠できる身体なのか心配になったことがきっかけです。最初は子どもが欲しいという気持ちよりも、子どもが産める身体なのかそうでないのか、治療をするのかしないのか、など、ライフプランを明確にするためにもまずは検査を受けたいと思いました。

【不妊の症状・原因】
初潮からひどい生理不順で、低用量ピル服用をやめた後に何ヶ月たっても生理がこず、血液検査をしてもらったところ、多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害が発覚しました。卵管造影検査では左の卵管が詰まっている可能性も指摘されました。

つつじが丘ウイメンズクリニックは、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2013年6月頃から2013年8月頃まで、3-5回通院しています。

【病院を選んだ理由】
仲の良い未婚の友人が通院しており、不妊治療専門の病院でもあることを知りました。遠方で通院は不便でしたが、地元の同級生など知っている人と顔を合わせることがなかったと聞き、通院することにしました。先生が女医さんで、内診の心理的なハードルもかなり緩和されました。

【医師の説明】
生理がこなくなってしまったことから、私自身は若くして閉経してしまったのではないかということが一番心配でした。そのことを伝えると、若年性の閉経はめったにないことだから心配しなくてもよいことと、それよりも若い女性の場合は、多嚢胞性卵巣症候群を疑ったほうがよいことを説明してくださいました。

【医療技術】
卵管造影検査で、左側の卵管が「詰まっているとも詰まっていないともいえない。もしかしたら詰まっているかもしれない」と言われました。とても痛い思いをして検査をしたので、はっきりとした結果が得られなかったことが残念です。

【医療設備】
不妊治療の検査に必要な検査は、こちらの病院ですべて受けることが出来ました。体外受精なども行っているようで、ステップアップ治療まで考えている場合でも対応してくれるので、転院する必要もなく治療が続けられそうだと思いました。

【待ち時間】
予約をしていても予約時間ちょうどに診察してもらえることが少なく、30分程度待つことはよくありました。1時間や2時間も待つことはないにせよ、仕事の合間をぬって遠方からの通院でしたので予約時間ちょうどに診てもらえないことは時間にめどがたたず不便でした。

【スタッフの対応】
先生は淡々としていますが、質問にはきちんとこたえてくれますし、説明も丁寧だと思います。看護師さんは優しい方が多く、卵管造影検査であまりの痛みに泣いてしまいましたが、責めることなく休憩室へ誘導してくださりました。

【費用】
生理不順もあり、リセットするためにホルモン剤をまず服用しました。その後、排卵誘発剤を服用しつつ、一通りの検査もしました。すべてで5万円程度だったと思います。