キーワード一覧
閉じる

岐阜大学病院の不妊治療口コミ vol.4

      2016/07/22

26歳女性  岐阜大学病院の口コミ・評判 体験談

私の不妊治療に関しての詳細
岐阜大学病院(岐阜県 岐阜市)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
4
スタッフの対応:
5
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 4
スタッフの対応: 5
関連キーワード:不妊検査,体外受精

female icon
治療開始:26歳
治療期間:6ヶ月以内
通った病院数:1つ
現在の状況:治療中
【不妊治療を始めたきっかけ】
私は23歳で結婚しましたが、子作りを始めて2年くらい経過しても妊娠の兆候が全然見られませんでした。1年目の時は「不妊」なんて私には全く関係ないと思っていましたが、2年目を迎えるにつれてさすがに焦りを感じ始めました。とは言え、焦っていたとしてもまだ病院には行きませんでした。旦那は「行ってみたら?」と言っていましたが、妊娠を諦めるような現実を突きつけられるのが怖くて行けませんでした。でも、2年目を越えたあたりから、「旦那も子供を欲しいと思ってるはず。このままではいけない」と強く思うようになりました。そこで、旦那とよく相談し、病院に行きました。

【不妊の症状・原因】
病院に受診して調べた結果、原因は「抗精子抗体」でした。これは血液検査でないと抗体を見つける事が出来ず、さらに自覚症状はないので、受診するまでは気付けない人が多いとの事でした。

岐阜大学病院は、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2016年1月頃から2015年10月頃まで、3-5回通院しています。

【病院を選んだ理由】
インターネットで腕のいい不妊治療の病院を探していました。いくつかの候補は見付けましたが、その中でもこの病院が特に評判が良かったからです。

【医師の説明】
不妊というのは女性にとって恐ろしい事実だと私は思っています。なので、受診した当時も内心は物凄く不安だったのを今でもよく覚えています。ですが、先生は私の気持ちを察してくれたのか、不妊は治療できる事、現在の私の状態についてを、専門的な言葉も交えてですが熱心に説明して下さいました。なので、不満点はありません。

【医療技術】
私の受診した病院は、県内でもトップクラスの評判のいい病院です。不妊治療に関しても、医師の治療方針に基づいた高度な生殖補助医療を行っているので安心はできます。
私の場合は抗精子抗体だったので、治療といっても体外受精以外の選択肢はないのですが、事前に十分な説明をして下さり、こちらの質問にも根拠を示してしっかり答えて下さいましたので、満足しています。

【医療設備】
県内でも有名な病院だけはあり、医療設備に関しても特に問題ないと思います。この病院では排卵誘発、体外受精、顕微授精など、ARTと呼ばれる高度な生殖補助医療を行っているので、それに応じた設備はちゃんと整っています。

【待ち時間】
事前に予約をしていたとはいえ、待ち時間は1時間ほどありました。不満があるかと言ったら「ない」とは言い切れないところはありますが、病院の規模を考えるとこれは仕方ないと思います。むしろ待ち時間がこれ以上かからないだけでも、運がいいと言えるのではないでしょうか?

【スタッフの対応】
受付の方の対応も丁寧でしたし、医師の説明も適切だと思います。血液検査は看護師さんが行ってくれましたが、上手に抜いてくれましたし、対応や技術ともに現時点では何の不満もありません。検査後の対応の良さを考慮しても、非常に素晴らしいスタッフが集まっていると思います。

【費用】
抗精子抗体の検査費用が8000円くらいで、HMG注射というものを行ったので、これが10万円くらい。採卵で15万円。受精卵の移植に6万円。その後の内服薬と診察で2万円ほど。なので、合計すると35万円ほどはかかりました。