キーワード一覧
閉じる

昭和大学病院の不妊治療口コミ vol.6

      2016/07/22

28歳女性  昭和大学病院の口コミ・評判 体験談

不安に耐え幸せに出会う
昭和大学病院(東京都 品川区)

総合評価

4.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
1
スタッフの対応:
2
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 1
スタッフの対応: 2
関連キーワード:不妊検査

female icon
治療開始:28歳
治療期間:6ヶ月以内
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
流産を経験し、その後すぐ妊娠できると思っていました。ところが、基礎体温をつけてタイミング法をとっても半年以上妊娠できませんでした。排卵日付近になると痛みと出血も多かったため、まずかかりつけ病院に行きました。子宮内に何か見えるので、大きい病院の不妊科で診察を受けた方がいいと紹介文を書いてもらったのがきっかけです。

【不妊の症状・原因】
卵管造影をして子宮の中を綺麗にしたら妊娠ができたので、流産による手術の際に全てとりきれていなかった可能性がありました。

昭和大学病院は、二人目の不妊で1番目に通った病院です。2014年8月頃から2015年11月頃まで、1-2回通院しています。

【病院を選んだ理由】
かかりつけの病院にて最寄の大病院ということで、紹介状を書いてもらったためです。実際、通いやすい距離だったので良かったです。

【医師の説明】
最初は不安でいっぱいでの診察でしたが、女医さんでサバサバと説明してくださいました。これからのスケジュールに関して手際よく教えてくださり、この先生の言うとおり従っていればもう大丈夫かもしれない、という安心感がありました。

【医療技術】
診察での内診の際はほとんど痛みもなく、的確に作業をしてもらえたと思います。また、卵管造影は痛いと聞いていて不安だったので、先生より痛みどめの処方を勧めてくださり、結果処置の最中は何の痛みも感じずに終えることができました。そしてその検査後すぐに妊娠ができました。

【医療設備】
設備に関しては、診察を受ける場所、着替える場所、内診台までがスムーズに動けるようになっていて、とてもありがたかったです。卵管造影を受ける際、着替えのスペースがロッカーのような雰囲気の狭さで、少し圧迫感を感じましたが、その他は不便なく終えることができました。

【待ち時間】
とにかく毎回待ち時間が長い、という印象でした。予約した時間プラス30分~1時間はよくあり、特に混んでいる時は合計で3時間近く待つこともありました。待合室はもちろん妊婦さんやそのご主人、幸せな会話が聞こえてくる中での待ち時間は、とても辛い時もありました。

【スタッフの対応】
不妊科での予約をして行ったのにもかかわらず、受け付けにて「母子手帳はお持ちですか?」と聞かれました。いえ、不妊で来ています、と言う時の気持ちはとても辛いものがありました。不快な思いをしたのはこの一度きりでしたが、しばらく引きずりました。

【費用】
タイミング法の指導での診察、その後の卵管造影での費用、合わせてだいたい2万円近くの出費でした。