キーワード一覧
閉じる

国際医療福祉大学病院の不妊治療口コミ vol.10

      2016/07/22

25歳女性  国際医療福祉大学病院の口コミ・評判 体験談

不妊治療をするにあたって重視したいものとは
国際医療福祉大学病院(栃木県 栃木県その他地域)

総合評価

4.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
1
スタッフの対応:
2
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 1
スタッフの対応: 2
関連キーワード:不妊検査,卵管鏡下卵管形成術

female icon
治療開始:25歳
治療期間:2年以上
通った病院数:1つ
現在の状況:妊娠中/出産済
【不妊治療を始めたきっかけ】
結婚後、すぐに子供が欲しいと毎日基礎体温をつけ、排卵日を確認して2年間頑張ったが子供を授かることができなかった。結婚前に私が18歳で子宮内膜症の手術を、旦那は25歳で精索静脈瘤の手術をしていたため、もしかしたらこの病気が原因で妊娠ができないのではないかと不安になったため、病院で詳しく不妊検査をしたいと望んだため。

【不妊の症状・原因】
生理痛が酷く鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらなかった。痛みで倒れ病院にかかると左卵巣に9cm、右卵巣に2cmの腫瘍が見つかった。

国際医療福祉大学病院は、一人目の不妊で1番目に通った病院です。2012年2月頃から2015年11月頃まで、6-10回通院しています。

【病院を選んだ理由】
自分の住んでいる県内でも大きな病院で医師・設備がとても充実していたため、他の病院よりも評判があった。

【医師の説明】
過去の病気の内容や現在の症状を細かくカウンセリングして頂き、お互いに手術の経験があることから、私自身の検査と旦那の検査とを提案して頂いた。ホルモン検査、卵管造影検査など、検査についての不安な点は丁寧に説明をしていただき、安心して受診する事ができました。

【医療技術】
超音波検査、ホルモン検査、卵管造影検査など、患者の負担の少ない順番で一つずつ不妊の原因を分析していただけました。原因の判明後は妊娠に向けた的確な治療、アドバイスをしていただき、無事に第一子を授かることができました。

【医療設備】
大きな病院なので治療、検査には不安なく通うことができた。通路は広く清潔に保たれていて、椅子も多く設置されていた。トイレにも手すりや緊急の呼び出しボタンなどがあり、急な体調の変化にも不安なく利用することができた。

【待ち時間】
予約時間から毎回1時間以上、長くて2時間は待たされていた。予約時間より早く受付をしても待ち時間はさほど変わらず、通院の日は移動などで1日がかりで受診する必要があった。検査の結果を聞くにも長く待たされてしまうため大きなストレスだった。

【スタッフの対応】
大きな病院で各検査ごとに階を変えながら移動する必要があり、途中スタッフに聞きながら移動であった。案内された先で「ここで待っているように」と言われ1時間以上待っても呼ばれずに受付に行くと、受付が済んでいないとの事。説明・案内不足に不満があった。

【費用】
初回の超音波検査に3,000円程、ホルモン検査8,000円程、子宮内膜症の手術をしていたため、卵管が傷ついてないか卵管造影検査をして7,000円程。