閉じる

病院選びについて

このページでは、不妊治療の病院選びについて、産婦人科、不妊治療専門病院、大学病院それぞれにどのようなメリットやデメリットがあるか、病院選びの基準にはどのようなものがあるか、などをご説明します。

病院選びのポイント│何を基準に選べばいい?

病院選びのポイント
何を基準に選べばいい?

不妊治療の病院選びについては、産婦人科で一般不妊治療を行っているところもあれば、不妊専門病院もあります。
いずれも自分の状況に応じて、いくつかの基準をもって選択することが大切です。そこで次に不妊治療の病院について、どのような基準で選ぶべきなのかポイントをご紹介します。

産婦人科か不妊治療専門院か大学病院か

・産婦人科
産婦人科でも不妊治療を行っている病院はあります。産婦人科の場合、不妊治療を終えてからも出産するまで同じ院で産めるので安心、というメリットはあります。ただ、妊婦や小さな子供がいる場合もあるため、心理的な面でストレスになる、ということもあるようです。

・不妊治療専門病院
不妊に関して、一定水準の豊富な専門知識を持っている不妊治療や不妊の専門医が在籍しており、分からないことはすぐに聞けるというメリットがあります。また、生殖補助医療(ART)なども受けることができる点や、胚培養士がいたり、不妊に関するカウンセリングなどを行ったりしているところがあるようです。デメリットとして、病院の数が多くはない点や、妊娠に至った場合は産院を探さねばならない、ということです。

・大学病院の不妊外来
高度な医療設備があることや、産婦人科を含めて様々な診療科があるというメリットがあります。デメリットとしては、曜日や時間によっては毎回先生が異なる、というケースがあるようです。

利便性がいいかどうか

不妊治療は1回行けばすぐ妊娠できる、とは限らないため定期的に通院ができるような立地にあることもポイントです。家から近い、仕事帰りでもいける、など自分の状況に合わせて足を運べるところを選ぶほうが良いでしょう。

予約制かどうか

多くの病院は予約診療を行っているようですが中には整理券を配布する、といった病院もあります。

治療実績

病院を選ぶ目安として、病院が公開している治療実績を見て決める人もいます。ただし妊娠率が高いほど人気が集中するため、数分の診療で終わってしまう、ということもあるようです。

スタッフ・病院のケア

不妊治療はただでさえ体に負担がかかることが多いと言われています。そこで病院のスタッフのケアやカウンセリングなどが充実しているといったところを選んでもいいかもしれません。中には不妊セミナーなどを実施する病院もあるようです。

金額

不妊治療は、生殖補助医療(ART)になると、より経済的負担も大きくなります。そのため最近では妊娠しなかった場合と妊娠した場合により成果報酬型で支払う料金形態をとる病院もあります。経済的負担を抑えたいという方は一つの目安にしても良いかもしれません。

口コミ

病院の口コミをインターネットで調べて参考にするのも良いでしょう。
実際に通院している患者さんの声を見ることで、自分の考えや思い描いている病院の雰囲気、先生などと合っているかを確認することができます。 病院選びの基準は様々ですが、病院のホームページなど足を運ぶ前に情報を事前に確認し、病院の方針などと自分の不妊治療に対する考えが合っていそうかどうか、なども合わせて見ておくことをおすすめします。
病院&口コミを探す

関連リンク

不妊治療とは
不妊症とは
病院選びについて
費用・助成金について