閉じる

鳥取県 不育症 の不妊治療クリニック一覧

検索結果件数 4 件
地域 指定なし
選択する
都道府県 指定なし (先に地域を選択)
選択する
市区町村 指定なし (先に都道府県を選択)
選択する
診療内容 指定なし
選択する
特徴 指定なし
選択する
キーワード
検索する
検索結果を並べ替える
総合評価順口コミ件数順

検索結果

検索結果件数 4 件
4 件中 1 〜 4 件

タグチIVFレディースクリニック

総合評価

3.5

口コミ件数

6

不妊治療net 編集部 2015/07/13  

所在地

鳥取県 鳥取市覚寺63-6

地図

最寄駅

JR因美線 鳥取駅 徒歩38分

診療内容

不妊カウンセリング, 不妊検査, 不育症, 人工授精, 体外受精, 凍結保存, 漢方処方, 男性不妊/無精子症, 顕微授精

特徴

助成金

34歳女性  タグチIVFレディースクリニックの口コミ・評判 体験談

地元では有名な不妊治療専門の病院、やや医師の説明不足に不安。
タグチIVFレディースクリニック(鳥取県 鳥取市)

総合評価

2.8

医師の説明:
1
医療技術:
3
医療設備:
3
待ち時間:
2
スタッフの対応:
5
医師の説明: 1
医療技術: 3
医療設備: 3
待ち時間: 2
スタッフの対応: 5
関連キーワード:30代前半-不妊-妊娠-出産,人工授精

タグチIVFレディースクリニックは、二人目の不妊で1番目に通った病院です。2013年8月頃から2014年7月頃まで、6-10回通院しています。 【病院を選んだ理由】 病院は鳥取県鳥取市にあるのだが、実際のところ不妊治療を取り扱う病院はほとんどなく他の選択肢になると大きな病院になるため 【医師の説明】 次に体外受精を実施する予定となったタイミングで夫婦で具体的な治療内容の説明を受けたのだが、その時の医師の説明のしか…
病院詳細と口コミを見る

鳥取市立病院

総合評価

5.0

口コミ件数

1

不妊治療net 編集部 2015/07/13  

所在地

鳥取県 鳥取市的場1丁目1

地図

最寄駅

JR因美線 津ノ井駅 徒歩24分

診療内容

不妊カウンセリング, 不妊検査, 不妊治療手術, 不育症, 人工授精, 体外受精, 凍結保存, 男性不妊/無精子症, 腹腔鏡手術, 顕微授精

特徴

助成金, 女医在籍

30代女性  鳥取市立病院の口コミ・評判

妊娠を望むならオススメしたい総合病院
鳥取市立病院(鳥取県 鳥取市)

総合評価

5.0

医師の説明:
5
医療技術:
5
医療設備:
5
待ち時間:
4
スタッフの対応:
4
医師の説明: 5
医療技術: 5
医療設備: 5
待ち時間: 4
スタッフの対応: 4
関連キーワード:不妊治療-費用

【医師の説明】 ちゃんと説明してもらえた。また自分の年齢を考えて的確に質問にも答えてもらえた。 【医療技術】 他の病院にかかったことがないから、なんとも言えないが、総合病院のため、医療技術はあると感じたし、不安なこともあったが、説明もきちんとあり、看護師さんも不安を解消してくれるように声をかけてくださった。 【医療設備】 総合病院のため、個人病院よりは医療設備は充実していると思った。 【待ち時間】 予約システム…
病院詳細と口コミを見る

鳥取大学医学部附属病院

総合評価

4.0

口コミ件数

1

不妊治療net 編集部 2015/07/13  

所在地

鳥取県 米子市西町36-1

地図

最寄駅

JR山陰本線 米子駅 徒歩17分

診療内容

不妊カウンセリング, 不妊検査, 不妊治療手術, 不育症, 人工授精, 体外受精, 凍結保存, 卵管鏡下卵管形成術, 漢方処方, 男性不妊/無精子症, 腹腔鏡手術, 顕微授精

特徴

助成金, 女医在籍

20代女性  鳥取大学医学部附属病院の口コミ・評判

よかった
鳥取大学医学部附属病院(鳥取県 鳥取県その他地域)

総合評価

4.0

医師の説明:
4
医療技術:
4
医療設備:
4
待ち時間:
4
スタッフの対応:
3
医師の説明: 4
医療技術: 4
医療設備: 4
待ち時間: 4
スタッフの対応: 3
関連キーワード:不妊治療-費用

【医師の説明】 まあまあ 【医療技術】 よかった 【医療設備】 よかった 【待ち時間】 よかった 【スタッフの対応】 普通 …
病院詳細と口コミを見る

鳥取県立中央病院

総合評価

3.0

口コミ件数

0

不妊治療net 編集部 2015/07/13  

所在地

鳥取県 鳥取市江津730

地図

最寄駅

JR山陰本線 湖山駅 徒歩32分

診療内容

不妊カウンセリング, 不妊検査, 不妊治療手術, 不育症, 人工授精, 体外受精, 凍結保存, 漢方処方, 男性不妊/無精子症, 腹腔鏡手術, 顕微授精

特徴

助成金, 女医在籍

病院詳細と口コミを見る
4 件中 1 〜 4 件
最初前へ1ページ次へ最後

不育症のクリニック・病院について

不育症とは

不育症とは、妊娠はするけれども流産や死産・新生児死亡などを繰り返してしまうことを言います。繰り返しの回数に明確な決まりはまだないようですが、2回以上繰り返してしまう場合に不育症と診断をする場合が多いようです。習慣性流産や反復流産なども不育症に含まれます。不妊治療とあわせて不育症の治療を行っているクリニックや病院はとても多く、また原因には関連性があるという医師もいます。不育症については、原因不明とされていることも多いようです。

不育症の症状

妊娠22週未満での流産を3回以上繰り返してしまう習慣流産、2回以上の流産を繰り返す反復流産、その他死産を繰り返してしまうなどの症状のことを不育症といいます。

不育症の原因

妊娠初期に自然流産してしまう場合、赤ちゃん自身が染色体異常であるために流れてしまうことが多いようです。妊娠の10~15%は自然流産してしまうと言われています。それ以外の不育症の原因としては、子宮形態異常、内分泌代謝異常、免疫異常、血液凝固異常、感染症、夫婦染色体異常などがあげられます。しかし、不育症と診断されても約50%は偶発的な要因であるようです。

不育症の検査

不育症の原因を探るために、子宮の形に異常がないかを検査していきます。また、詳細な血液検査も行われます。血液検査では、ホルモンの分泌異常、免疫異常、血液凝固異常、感染症、染色体異常などが分かるようです。

不育症の治療

不育症の原因が明らかになれば、それに対する治療を行うことになります。たとえばホルモン剤投与を続けて、出産まで赤ちゃんを育てることもあります。しかし、染色体異常や原因不明などの場合には、現段階では治療法が確立されていないようです。医師によって見解は様々ですが、不育症は不妊症と関連していて、排卵前でも良質の卵子を作るためにホルモン剤投与などをすると効果があるという考えの先生もいます。

不育症の治療費用

不育症の治療は、健康保険の適用外となってしまうものが多数あります。全体的な検査の費用としては、保険適用・保険適用外を含め5~6万円ほどあれば一通りの検査をすることができるようです。どういった治療方針を取っていくかはケースバイケースですので、費用面と治療内容について医師と相談しながら進めていくのがよいでしょう。

不育症対応の不妊治療クリニック・病院の特徴

不育症は一般の産科・婦人科でも治療できるようですが、不妊症との兼ね合いが強いのではないかといった研究結果も発表されつつあります。そのため、不妊治療専門クリニックや病院では、不育症の原因究明・治療を積極的に行っている面もあります。また、不育症の治療でホルモン剤を使用することがありますが、ホルモン剤を使用する治療は、不妊治療に特化している専門医の方が良いのではという考えもあります。よって、不育症の場合でも不妊治療専門クリニックや病院を受診してみるとよいかもしれません。

不育症対応の不妊治療クリニック・病院の見つけ方

不育症は、産科・婦人科どちらでも扱っている治療内容ではありますが、不妊治療専門のクリニックや病院の方が状況に詳しいという意見もあります。実際、不妊治療専門のクリニックや病院は、しっかりと妊娠~妊娠継続、出産の手前までのフォローがあるところが多いです。いずれにしても、不育症の診断を受ける際には、産科などのクリニックや病院にかかっている場合が多数だと思います。同じ病院内でしっかりとした治療が可能な場合もありますし、専門の医療機関への紹介を受ける場合もあります。また、インターネットで検索をすると、不育症に力を入れているクリニックや病院などがヒットしてきますので、それで探してみるのも良いかもしれません。

不育症の体験談

・習慣流産との診断で、改めて不育症として検査を受けることにしました。結果、自己抗体異常ということが分かり、その自己抗体が赤ちゃんを攻撃しないように服薬を続け、妊娠継続・出産することができました。
・血液凝固に問題があって血栓ができやすいため、赤ちゃんに栄養が運ばれずに不育症なのではないかとのことで、不育症治療を続けました。
・悲しくても不育症は前向きに諦めないことが大事、と言われました。安定期に入ったもののまだ安心はできませんが、今度こそと思っています。
・不育症検査の結果では原因不明でした。単なる偶然もあり得るとのことで励まされながら、ようやく4回目の妊娠で元気な赤ちゃんを出産できました。

鳥取県エリアのクリニック・病院検索について

クリニック・病院に対する口コミ・評判の見方

医師の説明、医療技術、医療設備、待ち時間、スタッフの対応の5項目に関してどのような口コミ・評判が記載されているのかをまとめています。

【医師の説明】 診察時の医師とのコミュニケーションについての評判が書かれています。医師の説明のわかりやすさ、十分さなど話の中身に関する内容もあれば、説明時の雰囲気や丁寧さなど、患者自身が感じた印象も寄せられています。また一方的な説明のみではなく、質問に対してどう回答してくれたかという口コミも多いです。そして問診時間をどれぐらいとってくれるかも満足度に影響しているようです。

【医療技術】 医師の診察が適切か、治療の技術が高いかどうかなどに関する口コミが書かれてています。また高度生殖医療(体外受精や顕微授精)を行っているクリニック・病院では、培養士の技術や移植の技術についても記載されていることがあるので、体外受精や顕微授精などをお考えの方はその評判を一読しておくとよいかもしれません。

【医療設備】 施設や設備の衛生面、新しさ、先進性などについての評判が書かれています。医療設備の口コミから読み取れる傾向としては、たとえば大きな病院では様々な治療に対応できるよう、設備が整っていたり最先端の機械が扱われていたりするようですが、一方で老朽化しているということもあるようです。また不妊治療専門クリニックでは、不妊症に悩んで訪れる方のメンタルケアも兼ねて、落ち着いた内装や優しい雰囲気の院内にしているというような特徴も見られます。

【待ち時間】 待ち時間の長さについての評判が書かれています。具体的に「●時間ぐらい」と書かれている口コミもあります。待ち時間が長いか短いかの感じ方は人それぞれですが、有名な病院ほど患者数が多いため、待ち時間を長く感じる傾向もあるようです。その代わり順番が来たらメールで伝えてもらえるようになっていたり、雑誌の種類が豊富であったり飲食スペースも用意されていたりなど、待ち時間がなるべく苦にならないようにどんな工夫がされてるかも書かれています。

【スタッフの対応】 スタッフの対応が丁寧か、親切かなどの印象が書かれています。患者数が多い病院では「流れ作業」と感じる場合もあるようですが、短時間の中でも丁寧に対応してくれるところは評判が良いようです。また、病院内での受付の対応のみならず、電話での予約やお問い合わせ時の対応についても細かく書いている口コミも見られます。